FC2ブログ

「対話型ファシリテーションの手ほどき」(中田豊一) 

「対話型ファシリテーションの手ほどき」を読みました。
副題が「国際協力から日々の日常生活まで、人間関係をより良いものにするための方法論」です。
薄い小冊子なのですが、中身はぎゅっと濃くて、得るものがいろいろありました。

途上国援助の現場、という人種も立場も文化も異なる人たちと、どうコミュニケーションをとり、現地の人たちが一方的に援助されるのではなく、自ら動き出す、そしてそれが継続するにはどうしたらいいか、という大きな悩みから生み出した質問の技法です。

「なぜ?」と聞かれると人は理由を考えたり、言い訳を考えたりします。
「どうですか?」「どうでしたか?」と聞かれても、何を答えたらいいかわからず、戸惑ってしまいます。
「いつもは?」ではなく、「今日は何時に起きましたか?」とか「今日は何を食べましたか?」と聞くと事実が返ってきます。
事実を聞く質問を重ねる中ではじめて、お互いに見えてくるものがある、というのがこの本の手法の極意のようです。

基本技能のまとめ
●5W1Hのうち、「なぜWhy」と「どうHow]を徹底的に避け、「何」「いつ」「どこ」「だれ」の4つの疑問詞を使う。「いくつ」や「いくら」もOK。
●「なぜ?」「どうだった?」と聞きたくなったら、事実を聞く質問の置き換える。どう置き換えたらいいかわからないなら、とりあえず「いつ?」と聞いてみる。
●「~したことがありますか?(経験)」「~を知っていますか?(知識)」「~を覚えていますか?(記憶)」というようなイエス・ノーで
簡単に答えられる質問をする。イエスならさらに「いつ?」などの質問でつなげていく。
●事実のほとんどは過去の出来事。「どう対処しますか?」ではなく「どう対処しましたか?」と過去形で聞く。

他には、答えが出るまで待つこと、相手がこたえられる質問をすること、など当たり前ですが、ふだんなかなかできていないことが書いてあります。

結論まで言わせずに、最後は相手に考えさせる、というテクニックも深いです。

他にも役に立ちそうなことが書いてあり、おりにふれ読みなおしたい本です。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

【コミック】「壬生義士伝 9」 

「壬生義士伝 9」が発売されていたので、早速購入。

8巻からの続きで、新選組の生き残り、斎藤一が吉村貫一郎の思い出を語ります。
思い出、といっても初対面のときから、嫌悪感をもち、殺そうとして断念し、その後も憎み続ける、という壮絶なもの。
だからこそラストの盛岡のシーンが心に響きます。

壬生義士伝 9 (ホーム社書籍扱コミックス)
ながやす 巧
ホーム社
売り上げランキング: 5,043


先日、岩手出身の職場の先輩から「岩手の方言が出てくる小説とか教えてくれない?」と尋ねられました。
理由をきくと「この頃、地元の言葉とかすっかり忘れて、なんだか寂しい気がする」とのこと。
とっさに思い浮かんだのは、「終わった人」(最近DVDを観ました。広末涼子が岩手弁を話しています)、「おらおらでひとりいぐも」だったのですが、「壬生義士伝」をお勧めするのを忘れていました!
連休明けに会ったら、「壬生義士伝」がイチオシ、と伝えます。



岩手の方言が登場する映画、小説はこちら↓他にご存知の方、いらしたら教えてください。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「利き脳片づけ術」 

片づけの本、といえば、こんまりさん(近藤麻理恵さん)の本、一択でしたが、先日、ライフオーガナイザーの方の話を聞いて、利き脳片づけ術というのを知りました。
脳タイプ別に、片づけの方法が違うのだそうです。

脳タイプは、指組み、腕組みで4つのタイプに分類。
意識せずに指を組んだときや腕を組んだときに、下に来る方はどちらか、で分類します。
たとえば、指を組んで左手の親指が下ならインプットの利き脳は左脳。
腕を組んだとき、右腕が下ならアウトプットの利き脳は右脳。
この場合「左右脳」です。
組み合わせで、「右右脳」「右左脳」「左左脳」「左右脳」の4つのタイプになります。

ちなみに私は「左左」タイプ。
「左左脳タイプ」の基本的な傾向は、何事もリスクを考えた慎重派、結果より過程を重視する傾向、数字や計算式など文字情報に比較的強い、シンプルな見た目・内容が好き、デザインよりも機能性と合理性を優先、だそうです。

左左タイプの片づけは、機能性重視で、使うものは頻度順位に使う場所の近くに置くのが大原則。
中身を「見える化」して、規則正しく並んでいる状態にするのがベスト。
物に合わせた仕切りがある、もしくは自在に仕切ることができる収納グッズがおすすめ。
マスキングテープでラベリングの有効活用。
などなど。

どの程度あたっているでしょうか。
今後の連休は、いつものように片づけをする予定。
利き脳片づけ術の本も、もう少し読みこんで、効率のいい片づけを目指します。




↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「マカロンはマカロン」(近藤史恵) 

近藤史恵の「マカロンはマカロン」を読みました。
小さなフレンチ・レストラン「ビストロ・パ・マル」を舞台にした短編ミステリ小説集、シリーズ3作目です。

語り手はギャルソンの「ぼく」。フランスの田舎を転々と修行してきた変人シェフの三舟さん、料理人の志村さん、ソムリエの木村さんの4人でやっている小さなお店。
お店にやってくる人たちの過去の人生に、あるいは現在の人間関係に、料理や食材を通してなんらかの解決や影響を与えてしまう三舟シェフってすごい。

美味しそうなお料理が登場するのですが、フレンチには詳しくないので、どんな味か想像がつかないのだけがちょっと残念。

ほろ苦い、でも、心があったまる短編小説集でした。


順番に読まなくても大丈夫なシリーズですが、順番に読みたい方は、この2冊をお先にどうぞ。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD」発売 

「ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD」が発売になりました。

映画館での上映ももう終わるということで、先週、これで最後かなと思いながら、観てきました。
3回目です。
こだわった映像、音楽、そしてストーリー。
何回観てもいいですね。

DVDまたはブルーレイ、買うつもりはなかったのですが、日本語版の評判がいいので、欲しくなってきました。
特典映像も見たいし。
どれを買うか、ちょっと迷っています。




↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村