【コミック】「はたらく細胞(4)」 

「はたらく細胞」の第4巻が出ました!
人間の体内で働く小さな「赤血球」と「白血球(好中球)」が主人公のコミックです。

今回は、黄色ブドウ球菌、デング熱といった敵との闘いや、出血性ショックといった大事件が起こります。
いつも迷子になってばかりの赤血球さんも後輩の指導係を命じられ、努力しますが・・・。

似てるけどちょっと違う制服で言葉もちょっと違う彼らが登場したのは笑えました。

未読の方はぜひ1巻からどうぞ。

はたらく細胞(4) (シリウスKC)
はたらく細胞(4) (シリウスKC)清水 茜

講談社 2016-11-30
売り上げランキング : 182

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
はたらく細胞(3) (シリウスKC) はたらく細胞(2) (シリウスKC) はたらく細胞(1) (シリウスKC)

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「アンマーとぼくら」(有川浩) 

有川浩の「アンマーとぼくら」を読みました。

里帰りした沖縄で「おかあさん」(義母)と過ごす「リョウちゃん」(32歳)の3日間。
小学4年のころ亡くなった実母と過ごした北海道。
父に無理やり連れてこられた沖縄での暮らし。
子供のような父の言動に振り回されたり憎んだりした思い出。
3日間の母との沖縄旅行の意味は・・・

沖縄には、一度だけ行ったことがあるのですが、首里城くらいしか見ることができなかったので、次に行くときは、この本に登場した斎場御嶽や、万座毛、龍神風道などを訪ねてみたいと思いました。

アンマーとぼくらアンマーとぼくら
有川 浩

講談社 2016-07-20
売り上げランキング : 14237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「有川浩の高知案内」ほか高知関連の本 

先日、高知に行く機会がありました。

行く前にいろいろ調べていて、一番よかったのが、「有川浩の高知案内」です。
作家の有川浩さんが、地元高知の素敵なところをたくさん紹介しています。

この本で紹介されているところをいくつか訪ねてきました。
桂浜はもちろん、少し足をのばして竜串、足摺海底館、四万十川の沈下橋までしっかり見てきました。
四万十川の沈下橋

「有川浩の高知案内」で紹介されていた「伊尾木洞」も行きたかったのですが、短い日程の中では行けず残念でした。
行く前は、もう高知に行くことはないだろう、と思っていたのですが、行ってみたら食べ物は美味しいし、自然もいっぱいで癒されるし、地元の人は親切だし、また行きたいと思うようになりました。

有川浩の高知案内 (ダ・ヴィンチブックス)有川浩の高知案内 (ダ・ヴィンチブックス)
有川 浩

メディアファクトリー 2013-06-14
売り上げランキング : 234650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もう1冊持っていたのが、こちらの「るるぶ」です。
こちらもカラー写真がたくさん載っていたり、交通機関の使い方について詳しく書いてあったりして、参考になりました。
るるぶ高知 四万十'16~'17 (国内シリーズ)るるぶ高知 四万十'16~'17 (国内シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング 2016-02-09
売り上げランキング : 228311

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「県庁おもてなし課」は前に読んでいたので、DVDのほうを見てから出発しました。
海岸の道路に「県庁おもてなし課ロケ地」の看板を発見しました!

看板といえば、「ジョン万次郎NHK大河ドラマ化」の看板には驚かされました。(ドラマ化を希望する人たちが作った看板なのですね)
県庁おもてなし課 (角川文庫)県庁おもてなし課 (角川文庫)
有川 浩

角川書店 2013-04-05
売り上げランキング : 5595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

県庁おもてなし課 スタンダード・エディション [DVD]県庁おもてなし課 スタンダード・エディション [DVD]

東宝 2013-11-22
売り上げランキング : 56742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

<コミック>「きのう何食べた?(12)」 

いつも買っているコミックの新刊が出ました。
「きのう何食べた?」の12巻です。

弁護士のシロさんと、美容師のケンジのカップルの日常生活とお料理レシピが楽しめます。
作ってみたいレシピがいろいろ載っていて、とりあえず、サツマイモご飯と厚揚げとエリンギの中華煮を今度作ってみようと思います。
夏野菜を使ったレシピは、来年の夏に挑戦です。

それぞれの職場でも新しい展開があり、次の号が待ち遠しいです。

きのう何食べた?(12) (モーニング KC)きのう何食べた?(12) (モーニング KC)
よしなが ふみ

講談社 2016-10-21
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法」(井上 健一郎) 

「“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法」を読みました。

今どきの若い人たちは、何を考えているんだろう?という疑問を持っていたのですが、それに応えてくれるような内容でした。

「ゆとり世代」といわれる人たちの特徴として、物欲がない、安全志向が強い、ネット情報に依存している、仲間意識がちがっている(SNSがあるから空間で距離があっても仲間でいられる)、などがあげられています。

なんでもネットで調べれば答えが見つかると思っている、というのも面白いなと思いました。今どきの人たちは、何か質問するとすぐに、スマホで検索し始めますからね。
でも、うまい質問さえすれば、自分で答えを探してくる、という側面もあるわけです。

「自分へのマイナス評価を気にする」というのもありました。
わからないことを人に聞けない新人、というのもここから来るのでしょうか。
先輩たちが「そんな事、聞いてくれればいいのに!」というようなことも聞かずに、自己判断で行って失敗する、というのも耳にします。

「叱るとめげやすい」
これもありますね。親や教師に怒られた経験が少ないためでしょうか。

「言われていないことはやらない」ことへの対策は、視野を広げるために、チーム内のすべての仕事を体験させる、朝礼のやり方を変え、小集団で「最近の自分の仕事の状況」「きのう気づいたこと」「今日、協力してほしいこと」について話し合うスタイルに帰るという方法が書いてありました。もっと他にもないのかな。本人に気づいてもらうしかないし、その方法を工夫する、ということなのでしょうか。

強みを生かす方法もいろいろ紹介されていました。
「聞けば案外いいことを言う」⇒自分からは発信しないので、気づいたことを引き出す工夫をする。ただし、絶対に否定しないこと。
「情報過多にも戸惑わない」⇒思い切って情報を預けてみる。

一人前に育てる技術、としては、
「傍観者にさせない」⇒自分のできることを言わせ、当事者意識を持たせる。
「信頼関係のために大いに叱る」⇒チームのためにならないことは許してはならない。
「全体像をつかめる場に連れ出す」⇒どんどん新しいことを体験させる。
など。

放置せずこまめにコミュニケーションを取ることに尽きるようです。

4471011278“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法
井上 健一郎
高橋書店 2013-04-02

by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村