FC2ブログ

「いちばんやさしい教える技術」とインストラクショナルデザイン 

「インストラクショナルデザイン」という言葉を最近知った。
日本語に直訳すると「教育設計」ということになるらしい。
最適な学習効果を得るために、教育の手法を考えること、で、何を学んでもらいたいか、によって、教育の方法が変わってくる、ということ。
研修の教材を作る前に、テストを作る。そのテストに合格するためには、どういう手法で教えたらいいか、考える、ということなのだそうだ。

さらっと講演を聞いただけなのだが、これまでの新人研修や職場での研修の講義資料を、すべて作り直さないといけないなあ、という感想を持った。

もう少し「インストラクショナルデザイン」について学ぼう、ととりあえず買ったのが「いちばんやさしい教える技術」。

相手ができるようになっていなければ、それは「教えたつもり」。
だから「これは前に教えたでしょ!」ではなく、正確には、「これは前に教えたつもりだったけれど、学んでいなかったのですね」と言わなければならない。
「相手が学んでいなければ、教えたことにならない」「学ぶ人がいい結果を出せないのは、学ぶ人の責任ではなく教える人の責任である」となかなか手厳しい。

教えるゴールは、「運動スキル」「認知スキル」「態度スキル」の3つに分けられ、それぞれに適した教え方がある。

運動スキルは、スモールステップで少しずつ。
ほめすぎず、現状を伝える情報フィードバックで。

認知スキルは、「記憶すること」「問題を解決すること」「話したり書いたりすること」でそれぞれ教え方がある。
相手が聴覚型か視覚型かを見極め、相手に合わせた方法で教える。

態度スキルのところでは、相手に「今やろうと思っていたのに~」と言われないための方法が書いてある。
もっと早く知りたかった・・・



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

マインドマップ講座を受けてきました! 

マインドマップは以前から興味があって、自己流で書いてはいたのですが、ようやく、念願のマインドマップの講座を受けることができました!

マインドマップのルールについては、これまで本で読んで知ってはいましたが、セントラルイメージの書き方のヒントや、枝の書き方、ミニマインドマップからフルマインドマップへの流れ、スピード感など、とっても参考になりました。

言葉だけでなく「イメージ」が大事、絵を入れると記憶に残る、と言われても、絵が苦手で困っていたのですが、「絵は語彙。練習すると書けるようになる」と言われ、なるほど!と。
雑誌のイラストや携帯の絵文字なども参考にするとよいそうです。
家に帰ってからさっそく絵の練習を始めました。

マインドマップも毎日練習するのがよいそうです。

マインドマップの一番新しい本を紹介しておきます。
マインドマップの本、たくさん持っているのですが、これも欲しくなってしまいました。


絵やイラストはこういう本を見ながら練習中。どれもkindle unlimitedで読み放題です。
    

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

システム思考とループ図の書き方の本「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」 

「『学習する組織』入門――自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践」やセミナーなどで、システム思考について学んでいますが、ループ図の書き方がよくわからないな~と思っていました。

「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方」を買ってみたら、ほとんど丸ごとループ図の書き方の本でした!

書き方の基本がわかったので、練習していきたいと思います。

   


実は、問題解決の手法、「世界一速い問題解決」のほうが、とっつきやすいです。
縦と横で展開していくので、悩むところが少ないからですかね。
ループ図の場合は、方向がどうかなとか矢印の向きとかいろいろ考えなくてはならないので・・・




↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

【コミック】「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 13」 

新米病理医の成長を描く漫画「フラジャイル」の新刊が出ました。

13巻では、岸先生からまかされる仕事が増えてきた宮崎先生が、肺生検の検体に多数のダニが存在するという、世界初の症例に向き合います。
後半では、腎移植をめぐってのバトルが・・・
結末は次号を待つことになります

こういう終わり方だと次号も買わないわけにはいきませんね。



セット買いもできます。今ならポイントクーポン付いてます。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「ボヘミアン・ラプソディ」を観て、QUEENにはまる 

話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。
クイーンの音楽、若い頃はラジオで耳にしたり、有名な曲もありますが、彼らにこんな物語があったなんて。
フレディの栄光と孤独。
そして美しい歌声とメロディにすっかり魅せられてしまいました。
というわけで、映画を観て以来クイーンの曲ばかり聞いています。



クイーンのことをもっと知りたくて、ミュージックライフ誌のインタビューや、アルバムの解説が載った「MUSIC LIFE Presents クイーン」も買ってしまいました。
もったいないので、少しずつ読んでいます。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村