FC2ブログ

初ライビュ!「壬生義士伝」(宝塚歌劇団) 

きのう、生まれて初めて「ライビュ」なるものを観に行ってきました。

当日の朝、娘からLINEで、「今日映画館で壬生義士伝のライビュやるよ!! いったら???もう席少ないから、お早めに!!!」という情報があり、調べたところ、一番前の席それも端の方しか空いていない!!
娘からは「一番前でも結構良いとおもうけどなぁ・・・。後ろの方遠すぎる席結構あるし」というアドバイス。
それでは!と席を購入し、午後から映画館に向かいます。

まずは、「初ライビュ(ライブ・ビューイング)」の感想から・・・

映画だと本編が始まるまで、予告編をずっと流しているものですが、ライビュの場合、劇場の客席ごしに舞台の幕が写っているのが新鮮でした。
始まってからは、一番前の席だと、顔が少し歪んで見えるけど、迫力あってよかったです。前の席の人の頭が気にならないから、集中してみることができました。足を伸ばせるのもよいですね。

カメラワークが結構よくて、いい感じに役者の表情を映してくれて、涙まで見えたのが良かったです。実際の舞台だったら、オペラグラス使わないとこうは見えないですよね!
隣の席のひとは、小さく拍手したり、手を振ったりしてましたが、反対側の隣の人は、静かに見てました。私は・・・拍手したくなったら拍手してましたよ~。

次に、舞台の感想を・・・

「壬生義士伝」は原作が大好きで、漫画も全巻持ってます。今回は宝塚が「壬生義士伝」をどう描くのが興味があって、観に行ったわけですが、大満足でした。
長い原作を、うまくまとめたなあ、という感じ。
鹿鳴館を出してきたのは、なるほど!でした。
歌も、演技も、殺陣も、さすが千秋楽。堪能しました。
ふるさと盛岡の情景、南部藩の武士として義を貫く生き方、夫婦の愛・・・
ハンカチ、いえ、タオルが必須、というのもその通りでした。

後半の「ミュージック・レボリューション」も楽しみ、最後の舞台挨拶までしっかり観てきました。

宝塚、といえば数十年前「ベルサイユのばら」の時代に、地元での公演を観に行ったり、レコードを買って聞いたりしていたのを思い出します。今でも当時のそれぞれの組のスターの名前や愛称、覚えてます。



11月に京都に行く前に、浅田次郎の「壬生義士伝」読みなおします。
壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)
浅田 次郎
文藝春秋
売り上げランキング: 4,054


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「サバティカル」(中村 航) 

中村航の「サバティカル」を読みました。

中村航は、大好きな作家の一人。繰り返し読み返す一番好きな小説については、まだブログに書けないままでいます。

「サバティカル」とは、長期勤続した大学の教員などが、1か月や1年間の長期休暇をもらって充電期間として過ごす制度のこと。
主人公は、転職することが決まったけれど、退職してから新しい職場に入職するまで5か月間のブランクができてしまいます。
この5か月間をどう過ごそうか、同僚を話しているときに「学生のころの夏休みと同じで、だらだらしてるとすぐに終わってしまう。ずっとやれなかったこととか、時間ができたらやろうと思ってたこととか、TODOリストにしてこなしていけばよい」とアドバイスをもらいます。

計画し、遂行する夏休み、として中学校の9教科、一つの教科に一つの課題を、自分でリストを作っていきます。例えば、国語は「ガルシア・マルケスの『百年の孤独』を読む」、社会は「古墳に行ってみたい」、美術は「油絵を描く」という感じ。これらを「Trello」というアプリで管理していきます。

風景スケッチをするために通った公園で出会った老人との交流。二人で将棋を指すことになり、老人の過去について聞きます。
そこから新たな出会いがあり・・・。

本の帯に書いてあるので、ここで書いてもネタバレにならないと思いますが、主人公は「アセクシャル」。他者に対して恋愛感情を持つことができないタイプの人間。彼が前の恋人と別れた理由が明かされていったり、新しく出会った女性との交流の中で変わっていく様子が描かれ、心温まる一冊でした。

中村航ってやっぱり好きだなあ。

サバティカル
サバティカル
posted with amazlet at 19.08.31
中村 航
朝日新聞出版
売り上げランキング: 346,558


たまたま、こちらの本も同時期に読んでました。
アセクシュアルについて知りたい方は、これを読めばすべて書いてあります。
LBGTはこのごろ広く知られるようになってきたけど、アセクシュアルはまだ知られていないようです。当事者はやはり差別されたり、いろいろつらい思いをしていることがわかりました。知ることは大事ですね。

見えない性的指向 アセクシュアルのすべて――誰にも性的魅力を感じない私たちについて
ジュリー・ソンドラ・デッカー
明石書店 (2019-05-12)
売り上げランキング: 155,293


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方」(赤羽雄二) 

会議の時に、いきなりあてられて、何を言ったらいいかわかなくなってしまうことが時々あります。
この本を見つけた時、何か参考になることが載っていればいいなあと思わず手に取ってしまいました。

会議で発言を求められたり、何かの集まりのときに挨拶をさせられたりすることって、実は予想可能なんですよね。
ぼやっとしていないで、あらかじめ準備をしておけばよい、というのがこの本の趣旨でした。
準備は、著者が前著で書いていたA4用紙にメモするという方法を勧めています。

他に、印象に残ったところ、参考になりそうなところをいくつか、紹介します。

普段から考える準備をしておけば、いざという時に困らない。
そのためには、「何にでも好奇心を持つ」「好きなことを一つ、とことん追求する」「気になったらネットですぐ検索する」「感心したら人に話す」などして、基礎的な力をまずつけておくこと。

会議の前には、「発言予定メモ」を事前に書いておく。キーワードだけでいいので、3点ほど書いておく。
発言予定メモは会議の進行に応じて、何度か書き直してもOK。

質問はむしろ待ち構えておくくらいの心構えで。
マウンティング目的の質問には「さすがですね!それでは〇〇はお願いします」と仕事をふってしまう。

相手が怒っているときは、まず相手の話を全部聞く。
何が原因で怒っているのか、本当の狙いは何なのか、できる限り観察する。
怒鳴り散らす人に関心を持ち、観察するとストレスが減る。

後半は、仕事をどううまくやるか、という話しがいろいろ書いてありました。
結局は問題把握・解決力、すなわち考える力、整理する力、主観的に対応する力の問題だから、ということでした。


頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方
赤羽 雄二
ベストセラーズ
売り上げランキング: 39,429


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「みかんとひよどり」(近藤史恵) 

近藤史恵の「みかんとひよどり」を読みました。

主人公潮田は、フレンチレストランの雇われシェフ。免許を取って始めたばかりの狩猟に行った山で遭難していまいます。愛犬のイングリッシュポインターのピリカとともに死を覚悟した潮田を助けてくれたのは漁師大高とその愛犬マタベー。

レストランのオーナーからはジビエ料理を期待されますが、コンスタントにジビエ料理をだすためには潮田のこだわりがあり、簡単ではありません。

漁師をしている大高に対する何者かの悪意。

「ミステリ」と「レストラン」と「犬」という近藤史恵の得意な3つを盛り込んだ1冊でした。
シリーズ化されるのかな?続きを読みたいです。

タイトルの「みかんとひよどり」ですが、放置された農園のミカンをたらふく食べたひよどりがとても美味しいのだそうです。読んでいてよだれが出そうでした。


みかんとひよどり
みかんとひよどり
posted with amazlet at 19.08.12
近藤 史恵
KADOKAWA (2019-02-27)
売り上げランキング: 122,881



犬が出てくる小説、といえば、やっぱり稲見一良だなあと思い出しながら読んでしまいます。
犬好きの方にはおすすめ!!
セント・メリーのリボン 新装版 (光文社文庫)
稲見 一良
光文社 (2018-06-12)
売り上げランキング: 75,530



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「やっぱり、それでいい」(細川貂々、水島広子) 

「やっぱり、それでいい。~人の話を聞くストレスが自分の癒しに変わる方法~」を読みました。

前作「それでいい。」で、自分の中のネガティブ思考との付き合い方を、精神科医水島広子先生に学んだ細川貂々さんが、今度は、人との関わり方を学びます。

人の話を「聞く」と疲れてしまう。
それは、相手のためにならなくちゃ、と思って、「自分が何をしてあげられるかな?」「どういうアドバイスをしたらいいかな?」と自分の思考をしているから。
自分の考えは置いておいて、相手の現在に集中すること。
それが、「聞く」のではなく「聴く」ということ。

相手の話の中身を評価しないで、聴くことが大事なのかな。

自分のことを振り返ってみると、相手のために良かれと思って、「アドバイス」してしまうことがあります。
でも、「アドバイス」されることって、自分のやっていることを否定されているわけだから、言われている方は面白くない、って書いてあって、反省させられました。
気を付けよう・・・

本書では、「話の聴き方ワークショップ」の様子が紹介されています。
みんなで輪になって一人5分ずつ話をして、それを「聴く」練習をします。
ひたすら「雑念」を横において相手の現在だけに集中します。

「聴く練習」応用編では、同じ話を2回違う姿勢で聴いてもらいます。1回目は相手のために聞く(アドバイスしようと思って聞く)、2回目は自分のために聴く(自分の心が穏やかでいられるために、相手の現在だけに集中して聴く)
聞く人の姿勢によって、話す人の感じ方が違うのを実感する、というもの。
これ、面白いですね~。

さらに、ワークショップ後に出てきたいくつかの疑問に水島先生が答える、という場面もあります。
「重い話は重く聞かなければならない」というのは迷信。しんどい話もほのぼのと聴いちゃってよい。
「なるほど」のポイントがくるまでは、とにかく聴く。
「怒っている人」は「困っている人」だから、これも「ただ聴いてあげる」が正解。
ほかにもいろいろ書いてあって、参考になりました。



やっぱり、それでいい。
細川 貂々 水島 広子
創元社
売り上げランキング: 9,163


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村