FC2ブログ

「やっぱり、それでいい」(細川貂々、水島広子) 

「やっぱり、それでいい。~人の話を聞くストレスが自分の癒しに変わる方法~」を読みました。

前作「それでいい。」で、自分の中のネガティブ思考との付き合い方を、精神科医水島広子先生に学んだ細川貂々さんが、今度は、人との関わり方を学びます。

人の話を「聞く」と疲れてしまう。
それは、相手のためにならなくちゃ、と思って、「自分が何をしてあげられるかな?」「どういうアドバイスをしたらいいかな?」と自分の思考をしているから。
自分の考えは置いておいて、相手の現在に集中すること。
それが、「聞く」のではなく「聴く」ということ。

相手の話の中身を評価しないで、聴くことが大事なのかな。

自分のことを振り返ってみると、相手のために良かれと思って、「アドバイス」してしまうことがあります。
でも、「アドバイス」されることって、自分のやっていることを否定されているわけだから、言われている方は面白くない、って書いてあって、反省させられました。
気を付けよう・・・

本書では、「話の聴き方ワークショップ」の様子が紹介されています。
みんなで輪になって一人5分ずつ話をして、それを「聴く」練習をします。
ひたすら「雑念」を横において相手の現在だけに集中します。

「聴く練習」応用編では、同じ話を2回違う姿勢で聴いてもらいます。1回目は相手のために聞く(アドバイスしようと思って聞く)、2回目は自分のために聴く(自分の心が穏やかでいられるために、相手の現在だけに集中して聴く)
聞く人の姿勢によって、話す人の感じ方が違うのを実感する、というもの。
これ、面白いですね~。

さらに、ワークショップ後に出てきたいくつかの疑問に水島先生が答える、という場面もあります。
「重い話は重く聞かなければならない」というのは迷信。しんどい話もほのぼのと聴いちゃってよい。
「なるほど」のポイントがくるまでは、とにかく聴く。
「怒っている人」は「困っている人」だから、これも「ただ聴いてあげる」が正解。
ほかにもいろいろ書いてあって、参考になりました。



やっぱり、それでいい。
細川 貂々 水島 広子
創元社
売り上げランキング: 9,163


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「タロットバイブル~78枚の真実の意味」鏡リュウジ監訳 

無料のタロット講座が始まるのを待ちきれず、何冊かタロット本を買ったり読んだりしました。
書店で手に取って選んだうちの1冊が、「タロットバイブル~78枚の真実の意味」です。

著者は、作家でタロット研究家のレイチェル・ポラック。
イントロダクションにある彼女のタロットとの出会いや、タロットとの向き合い方が、とても参考になります。
本の解釈に対し、自分の直観が違和感を覚えたら、本と異なる解釈をとることをためらわなかった、とあります。

本文は、カード1枚につき数ページの解説がかいてあり、とても詳しいです。
カードの絵は、白黒のものしかありませんが、比較的鮮明で細かなところも確認できます。

ずっと大切にしたい1冊です。

タロット バイブル 78枚の真の意味
レイチェル・ポラック
朝日新聞出版
売り上げランキング: 49,889


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

タロット占い協会の無料講座★おすすめ! 

タロット占いをやっている友人に、占ってもらいました。
なんでこんなにぴったりのカードが出るの?ととても不思議な感じがしました。

それをきっかけにタロットに興味をもち、タロット占いの本や、タロットの歴史などいろいろ読みました。
学生時代に買ったタロットカードはあるのですが、本を読んだだけでは始められないでいました。

タロット占いをしてくれた友人に教えてもらったのが、この無料講座です。

以下紹介です。
**************************
森野おとひこさんとかげした真由子さんのコラボ企画
「タロット占い協会の無料講座 女性のためのタロット占い」♪ 

「占いを求める人が依存せずに幸せになれるように。そして占い師自身も一緒に幸せになれるような、そんなタロット占い師を増やしていきたい!」
というボランタリーな想いで運営されている無料の講座です。

・タロット占いを身につけたい、また活かした仕事をしていきたい方
・依存させず、自分の運命を選んでもらえるようなタロットの活かし方を取り入れたい方
・カウンセラー・セラピスト・コーチを行う上で、タロットを少し取り入れてみたいと考えている方

そんな人には、次回の先行募集をしているらしいので、
ぜひ、この ↓↓リンク↓↓ から申し込んでみてくださいね。

https://iroironoiro.life/l/free-tarot_sh

**************************

今、この講座を受講中ですが、とっても勉強になります。
受講生の質問にも一つ一つ丁寧に答えてくれるのも驚きです。

興味のある方、ぜひ、無料講座を申し込んでみてください。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「対話型ファシリテーションの手ほどき」(中田豊一) 

「対話型ファシリテーションの手ほどき」を読みました。
副題が「国際協力から日々の日常生活まで、人間関係をより良いものにするための方法論」です。
薄い小冊子なのですが、中身はぎゅっと濃くて、得るものがいろいろありました。

途上国援助の現場、という人種も立場も文化も異なる人たちと、どうコミュニケーションをとり、現地の人たちが一方的に援助されるのではなく、自ら動き出す、そしてそれが継続するにはどうしたらいいか、という大きな悩みから生み出した質問の技法です。

「なぜ?」と聞かれると人は理由を考えたり、言い訳を考えたりします。
「どうですか?」「どうでしたか?」と聞かれても、何を答えたらいいかわからず、戸惑ってしまいます。
「いつもは?」ではなく、「今日は何時に起きましたか?」とか「今日は何を食べましたか?」と聞くと事実が返ってきます。
事実を聞く質問を重ねる中ではじめて、お互いに見えてくるものがある、というのがこの本の手法の極意のようです。

基本技能のまとめ
●5W1Hのうち、「なぜWhy」と「どうHow]を徹底的に避け、「何」「いつ」「どこ」「だれ」の4つの疑問詞を使う。「いくつ」や「いくら」もOK。
●「なぜ?」「どうだった?」と聞きたくなったら、事実を聞く質問の置き換える。どう置き換えたらいいかわからないなら、とりあえず「いつ?」と聞いてみる。
●「~したことがありますか?(経験)」「~を知っていますか?(知識)」「~を覚えていますか?(記憶)」というようなイエス・ノーで
簡単に答えられる質問をする。イエスならさらに「いつ?」などの質問でつなげていく。
●事実のほとんどは過去の出来事。「どう対処しますか?」ではなく「どう対処しましたか?」と過去形で聞く。

他には、答えが出るまで待つこと、相手がこたえられる質問をすること、など当たり前ですが、ふだんなかなかできていないことが書いてあります。

結論まで言わせずに、最後は相手に考えさせる、というテクニックも深いです。

他にも役に立ちそうなことが書いてあり、おりにふれ読みなおしたい本です。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

【コミック】「壬生義士伝 9」 

「壬生義士伝 9」が発売されていたので、早速購入。

8巻からの続きで、新選組の生き残り、斎藤一が吉村貫一郎の思い出を語ります。
思い出、といっても初対面のときから、嫌悪感をもち、殺そうとして断念し、その後も憎み続ける、という壮絶なもの。
だからこそラストの盛岡のシーンが心に響きます。

壬生義士伝 9 (ホーム社書籍扱コミックス)
ながやす 巧
ホーム社
売り上げランキング: 5,043


先日、岩手出身の職場の先輩から「岩手の方言が出てくる小説とか教えてくれない?」と尋ねられました。
理由をきくと「この頃、地元の言葉とかすっかり忘れて、なんだか寂しい気がする」とのこと。
とっさに思い浮かんだのは、「終わった人」(最近DVDを観ました。広末涼子が岩手弁を話しています)、「おらおらでひとりいぐも」だったのですが、「壬生義士伝」をお勧めするのを忘れていました!
連休明けに会ったら、「壬生義士伝」がイチオシ、と伝えます。



岩手の方言が登場する映画、小説はこちら↓他にご存知の方、いらしたら教えてください。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村