FC2ブログ

「やっぱり、それでいい」(細川貂々、水島広子) 

「やっぱり、それでいい。~人の話を聞くストレスが自分の癒しに変わる方法~」を読みました。

前作「それでいい。」で、自分の中のネガティブ思考との付き合い方を、精神科医水島広子先生に学んだ細川貂々さんが、今度は、人との関わり方を学びます。

人の話を「聞く」と疲れてしまう。
それは、相手のためにならなくちゃ、と思って、「自分が何をしてあげられるかな?」「どういうアドバイスをしたらいいかな?」と自分の思考をしているから。
自分の考えは置いておいて、相手の現在に集中すること。
それが、「聞く」のではなく「聴く」ということ。

相手の話の中身を評価しないで、聴くことが大事なのかな。

自分のことを振り返ってみると、相手のために良かれと思って、「アドバイス」してしまうことがあります。
でも、「アドバイス」されることって、自分のやっていることを否定されているわけだから、言われている方は面白くない、って書いてあって、反省させられました。
気を付けよう・・・

本書では、「話の聴き方ワークショップ」の様子が紹介されています。
みんなで輪になって一人5分ずつ話をして、それを「聴く」練習をします。
ひたすら「雑念」を横において相手の現在だけに集中します。

「聴く練習」応用編では、同じ話を2回違う姿勢で聴いてもらいます。1回目は相手のために聞く(アドバイスしようと思って聞く)、2回目は自分のために聴く(自分の心が穏やかでいられるために、相手の現在だけに集中して聴く)
聞く人の姿勢によって、話す人の感じ方が違うのを実感する、というもの。
これ、面白いですね~。

さらに、ワークショップ後に出てきたいくつかの疑問に水島先生が答える、という場面もあります。
「重い話は重く聞かなければならない」というのは迷信。しんどい話もほのぼのと聴いちゃってよい。
「なるほど」のポイントがくるまでは、とにかく聴く。
「怒っている人」は「困っている人」だから、これも「ただ聴いてあげる」が正解。
ほかにもいろいろ書いてあって、参考になりました。



やっぱり、それでいい。
細川 貂々 水島 広子
創元社
売り上げランキング: 9,163


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

【コミック】「壬生義士伝 9」 

「壬生義士伝 9」が発売されていたので、早速購入。

8巻からの続きで、新選組の生き残り、斎藤一が吉村貫一郎の思い出を語ります。
思い出、といっても初対面のときから、嫌悪感をもち、殺そうとして断念し、その後も憎み続ける、という壮絶なもの。
だからこそラストの盛岡のシーンが心に響きます。

壬生義士伝 9 (ホーム社書籍扱コミックス)
ながやす 巧
ホーム社
売り上げランキング: 5,043


先日、岩手出身の職場の先輩から「岩手の方言が出てくる小説とか教えてくれない?」と尋ねられました。
理由をきくと「この頃、地元の言葉とかすっかり忘れて、なんだか寂しい気がする」とのこと。
とっさに思い浮かんだのは、「終わった人」(最近DVDを観ました。広末涼子が岩手弁を話しています)、「おらおらでひとりいぐも」だったのですが、「壬生義士伝」をお勧めするのを忘れていました!
連休明けに会ったら、「壬生義士伝」がイチオシ、と伝えます。



岩手の方言が登場する映画、小説はこちら↓他にご存知の方、いらしたら教えてください。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

【コミック】「きのう何食べた?(15)」 

「きのう何食べた?」の新刊が出ました!
さっそく購入。
弁護士シロさんと美容師ケンジ(店長になった!)のカップルの日常をお料理のレシピと共に描いています。
毎回紹介されるレシピが、ふつうの家庭料理、というのがこの漫画のいいところ。
時に、お客さんを呼んでのご馳走もあります。

今回出てきたレシピで作ってみたいのは、、、中華風豚肉と野菜のきんぴら、なすいためのしょうがじょうゆ、ひじき明太などなど。
どんな味か、楽しみ♪

そして、このコミックが4月からドラマ化するというのもビッグニュースですよね。
西島秀俊と内野聖陽だなんて、豪華キャストにびっくり。
こちらも楽しみです。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

【コミック】「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 13」 

新米病理医の成長を描く漫画「フラジャイル」の新刊が出ました。

13巻では、岸先生からまかされる仕事が増えてきた宮崎先生が、肺生検の検体に多数のダニが存在するという、世界初の症例に向き合います。
後半では、腎移植をめぐってのバトルが・・・
結末は次号を待つことになります

こういう終わり方だと次号も買わないわけにはいきませんね。



セット買いもできます。今ならポイントクーポン付いてます。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

【コミック】「聖☆おにいさん(16)」 

「聖☆おにいさん」の最新刊読みました。
相変わらず面白いです!

日本で流行り始めたイースターが、クリスマスの二の舞になるのを食い止めたい四大天使達で始まります。
ここのラストに登場するはさみを持ったウサギさん、震えているんですよ~~~。

あとは座禅しながらでも見れる「悟りチューブ」というアプリや、コストコに行けないイエスの弟子たちや・・・・

マンネリするかと思ったらそんなことはない毎回笑わせてくれる「聖☆おにいさん」でした。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村