FC2ブログ

「対話型ファシリテーションの手ほどき」(中田豊一) 

「対話型ファシリテーションの手ほどき」を読みました。
副題が「国際協力から日々の日常生活まで、人間関係をより良いものにするための方法論」です。
薄い小冊子なのですが、中身はぎゅっと濃くて、得るものがいろいろありました。

途上国援助の現場、という人種も立場も文化も異なる人たちと、どうコミュニケーションをとり、現地の人たちが一方的に援助されるのではなく、自ら動き出す、そしてそれが継続するにはどうしたらいいか、という大きな悩みから生み出した質問の技法です。

「なぜ?」と聞かれると人は理由を考えたり、言い訳を考えたりします。
「どうですか?」「どうでしたか?」と聞かれても、何を答えたらいいかわからず、戸惑ってしまいます。
「いつもは?」ではなく、「今日は何時に起きましたか?」とか「今日は何を食べましたか?」と聞くと事実が返ってきます。
事実を聞く質問を重ねる中ではじめて、お互いに見えてくるものがある、というのがこの本の手法の極意のようです。

基本技能のまとめ
●5W1Hのうち、「なぜWhy」と「どうHow]を徹底的に避け、「何」「いつ」「どこ」「だれ」の4つの疑問詞を使う。「いくつ」や「いくら」もOK。
●「なぜ?」「どうだった?」と聞きたくなったら、事実を聞く質問の置き換える。どう置き換えたらいいかわからないなら、とりあえず「いつ?」と聞いてみる。
●「~したことがありますか?(経験)」「~を知っていますか?(知識)」「~を覚えていますか?(記憶)」というようなイエス・ノーで
簡単に答えられる質問をする。イエスならさらに「いつ?」などの質問でつなげていく。
●事実のほとんどは過去の出来事。「どう対処しますか?」ではなく「どう対処しましたか?」と過去形で聞く。

他には、答えが出るまで待つこと、相手がこたえられる質問をすること、など当たり前ですが、ふだんなかなかできていないことが書いてあります。

結論まで言わせずに、最後は相手に考えさせる、というテクニックも深いです。

他にも役に立ちそうなことが書いてあり、おりにふれ読みなおしたい本です。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「利き脳片づけ術」 

片づけの本、といえば、こんまりさん(近藤麻理恵さん)の本、一択でしたが、先日、ライフオーガナイザーの方の話を聞いて、利き脳片づけ術というのを知りました。
脳タイプ別に、片づけの方法が違うのだそうです。

脳タイプは、指組み、腕組みで4つのタイプに分類。
意識せずに指を組んだときや腕を組んだときに、下に来る方はどちらか、で分類します。
たとえば、指を組んで左手の親指が下ならインプットの利き脳は左脳。
腕を組んだとき、右腕が下ならアウトプットの利き脳は右脳。
この場合「左右脳」です。
組み合わせで、「右右脳」「右左脳」「左左脳」「左右脳」の4つのタイプになります。

ちなみに私は「左左」タイプ。
「左左脳タイプ」の基本的な傾向は、何事もリスクを考えた慎重派、結果より過程を重視する傾向、数字や計算式など文字情報に比較的強い、シンプルな見た目・内容が好き、デザインよりも機能性と合理性を優先、だそうです。

左左タイプの片づけは、機能性重視で、使うものは頻度順位に使う場所の近くに置くのが大原則。
中身を「見える化」して、規則正しく並んでいる状態にするのがベスト。
物に合わせた仕切りがある、もしくは自在に仕切ることができる収納グッズがおすすめ。
マスキングテープでラベリングの有効活用。
などなど。

どの程度あたっているでしょうか。
今後の連休は、いつものように片づけをする予定。
利き脳片づけ術の本も、もう少し読みこんで、効率のいい片づけを目指します。




↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

西川のクッションを購入しました 

自宅でパソコン作業をするときの椅子のクッションがへたってきためか、長時間のデスクワークが苦痛になってきたので、新しいクッションを購入することにしました。
Amazonで探していたら、西川のクッションを発見!

5年前に西川のマットレスAIR(エアー)を購入して使用しているのですが、5年たってもへたってこないので耐久性は信頼できる、と思い迷わず、購入。
早速使っていますが、快適です。
もっと早くこれを買えばよかった。



マットレスはこちら。
安いものだと1、2年しかもたないのですが、5年も使えています。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「いちばんやさしい教える技術」とインストラクショナルデザイン 

「インストラクショナルデザイン」という言葉を最近知った。
日本語に直訳すると「教育設計」ということになるらしい。
最適な学習効果を得るために、教育の手法を考えること、で、何を学んでもらいたいか、によって、教育の方法が変わってくる、ということ。
研修の教材を作る前に、テストを作る。そのテストに合格するためには、どういう手法で教えたらいいか、考える、ということなのだそうだ。

さらっと講演を聞いただけなのだが、これまでの新人研修や職場での研修の講義資料を、すべて作り直さないといけないなあ、という感想を持った。

もう少し「インストラクショナルデザイン」について学ぼう、ととりあえず買ったのが「いちばんやさしい教える技術」。

相手ができるようになっていなければ、それは「教えたつもり」。
だから「これは前に教えたでしょ!」ではなく、正確には、「これは前に教えたつもりだったけれど、学んでいなかったのですね」と言わなければならない。
「相手が学んでいなければ、教えたことにならない」「学ぶ人がいい結果を出せないのは、学ぶ人の責任ではなく教える人の責任である」となかなか手厳しい。

教えるゴールは、「運動スキル」「認知スキル」「態度スキル」の3つに分けられ、それぞれに適した教え方がある。

運動スキルは、スモールステップで少しずつ。
ほめすぎず、現状を伝える情報フィードバックで。

認知スキルは、「記憶すること」「問題を解決すること」「話したり書いたりすること」でそれぞれ教え方がある。
相手が聴覚型か視覚型かを見極め、相手に合わせた方法で教える。

態度スキルのところでは、相手に「今やろうと思っていたのに~」と言われないための方法が書いてある。
もっと早く知りたかった・・・



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

マインドマップ講座を受けてきました! 

マインドマップは以前から興味があって、自己流で書いてはいたのですが、ようやく、念願のマインドマップの講座を受けることができました!

マインドマップのルールについては、これまで本で読んで知ってはいましたが、セントラルイメージの書き方のヒントや、枝の書き方、ミニマインドマップからフルマインドマップへの流れ、スピード感など、とっても参考になりました。

言葉だけでなく「イメージ」が大事、絵を入れると記憶に残る、と言われても、絵が苦手で困っていたのですが、「絵は語彙。練習すると書けるようになる」と言われ、なるほど!と。
雑誌のイラストや携帯の絵文字なども参考にするとよいそうです。
家に帰ってからさっそく絵の練習を始めました。

マインドマップも毎日練習するのがよいそうです。

マインドマップの一番新しい本を紹介しておきます。
マインドマップの本、たくさん持っているのですが、これも欲しくなってしまいました。


絵やイラストはこういう本を見ながら練習中。どれもkindle unlimitedで読み放題です。
    

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村