FC2ブログ

言葉を大切にするということ~「心をつかむ超言葉術」から学ぶ 

言葉に対する「愛」が伝わってくる1冊でした。

著者は、コピーライターを職業としている阿部広太郎さん。
読んでいると、広告や企画に対する熱い思いが伝わってきます。

一方で、「マグマのような燃えたぎる熱い思いを、そのままぶつけても相手は火傷してしまう。悲鳴だけでは共鳴されない。
マグマの熱から、みんなが集まってくる温泉の適温にするためには、その感情の奥にある本心を丁寧に丁寧に組み上げていくことが必要だ」なんていう文章も。
これまでの自分は熱い思いをそのままぶつけてたかも、なんて反省しました。

言葉を大切にすること。
辞書を引くこと、語源にさかのぼること。
よく使ってしまう言葉を封印する。
ポジティブな眼で世界を見ること。
感謝の言葉を贈ること。
試してみたいことが書いてあるページに付箋を貼っていたら、付箋が足りなくなりました。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

バレットジャーナルの習慣トラッカーを試してみたら・・・ 

継続的に物事に取り組みたい、とか悪い習慣をやめたい、と思うことはありませんか?
でもなかなかうまくいかないものです。
バレットジャーナルの習慣トラッカーを試してみました。

「バレットジャーナル」というのは好きなノートとペンを用意して、予定表やTODO、読みたい本とかいろんなリストを書き込んでいく手帳術です。
予定表などはグーグルカレンダーを使っているので、バレットジャーナルを始める必要ないし、とか、本やネットに載っているようなきれいなノートは書けないし、と思っていたのですが、ふと思い立って、「習慣トラッカー」を始めてみたら、これがすごいパワーを持っていました。

「習慣トラッカー」は、ノートの見開き2ページの一番上にに日付を書き込んで、習慣化したい項目をいくつか書いて、実行したらその日のところを塗りつぶす、というだけ。
やった、やらないが一目でわかるので、モチベーションが上がります。

たとえば、「〇〇の勉強をする」「楽器の練習をする」「スマホは1時間以内」「ブログを書く」などの項目を書きます。
勉強する、は関連する本を5分でも読んだら、塗りつぶしてよい、とすると、ちょっとだけ読もうかなあ、と手にしてみて、ある程度よんでしまったりします。
この中で一番難しかったのは、スマホ1時間以内、なんですが、8日目にしてようやく達成!

スマホの習慣化アプリやエクセルの表を使ったことがありますが、長続きしなかった私がこれは今のところ続いています。
紙に書くというのはパワーがあるのかな。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

マインドフルネスを試してみたら少し心が軽くなった 

新型コロナウイルスの対策のために、日常生活がいろいろ制限されています。
そのせいで、なんだか重苦しい気分になっていませんか?

私は、なんとなく気分が晴れない感じ、つねにモヤモヤしている感じがしていました。友人に勧められて、先週から、マインドフルネスを試しに始めてみました。
早朝の15分ほどの時間、瞑想したり(途中、妄想したりしていますが、それでもいいのだそうです)、呼吸に集中したりします。

これまで息を吸うときに、90%くらいしか吸えていなかったのが、100%吸えるようになったような感覚で、すっきりしてきました。

荻野淳也さんの著書「心のざわざわ・イライラを消す がんばりすぎない休み方 すき間時間で始めるマインドフルネス 」には、ちょっとした時間でできるマインドフルネスの方法がたくさん載っています。
どれか一つでも試してみるといいかもしれません。




↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

zoomでのオンライン会議に参加するためにヘッドセットを買った 

コロナ肺炎の影響で、いろいろなイベントが中止になり、その代りオンラインでの会議やイベントが増えてきました。

zoomもここ1か月で数回使うことがあり、ようやく慣れてきました。
イアホンマイクがあると便利、という話を聞き、ヘッドホン型にするか迷ったのですが、Bluetoothのイアホンが便利、と勧めてくれる方がいたので、こちらを購入。

意外と便利です。
自分の声がどういうふうに聞こえているかは、自分では確かめられないのですが、他の参加者によるとOK、とのことなので、これで十分でしょう。
Bluetoothなので、休憩時間などにPCの前を離れて飲み物を取りに行ったりするときも、会場でのおしゃべりが聞きながら、というのが可能です。あとは、トイレに行くときに、「ミュート」にすることを忘れないようにすることですね。




↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

ポモドーロ・テクニックをさらに学ぶ 

年度替わりで人事の異動があり、私が担当する業務が増えることが確実になりました。
その分、減る仕事もないので、今後は、さらに効率よく仕事を進めていく必要があります。

先日紹介した「ポモドーロ・テクニック」ですが、「アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門」も読みなおました。(こちらは2010年に出た本で、現在は新刊では入手不可能のようです。)

基本的な内容は、「どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門 」と同じですが、各章のまとめがマインドマップで書かれたものが載っていたり、ポモドーロ・テクニック初心者との対話が載っていて、ダメなやり方についても述べているのが、興味深いです。

キッチンタイマーをセットして25分間集中し、タイマーがなったら5分間はしっかり休憩、中断も記録を取る、などポモドーロ・テクニックの基本が書かれています。

「アクティビティ在庫シート」というのは、GTDでいうところの「次にとるべき行動」リストになるんですね。
そこから「今日のTODOシート」に書き写して、その日は、そこにあることだけやる。
どのくらいの時間で終わるか、見積もり(25分×3で終わる見込みなら3ポモドーロ)、一日の終わりに、振り返って見積もりと比べてどうだったのか評価する。中断や割込みの数もカウントする。

面白いと思ったのは、「アクティビティ在庫シート」は一枚の紙でなくてよい、1件につき1枚のインデックスカードに記載する方法もあるということ。新しい項目を思いついたら、新しいカードに記入。朝のプランニングの段階で、その日のカードを選び、一番重要なアクティビティのカードを一番上に並べます。
優先順位をつけるのに迷ったら、カードすべてを上から2枚ずつ取って比較。もし今日行えるのが1つだけなら、終わらせたいのはどちらか?としてトーナメント方式で一つ選びます。1日に1つ以上のアクティビティを完了させることができるなら、残ったカードの中からトーナメントで選んでいくという方式。
たくさんの中から一つ選ぶのと、違う結果になることもあるそうです。

繰り返しでてくるアクティビティは、横軸が日付、縦に項目の「進捗状況シート」を使う、とありますが、これは今はやりのバレットジャーナルみたいですね。

キッチンタイマーを使って、集中するというやり方、もう少し続けてみようと思います。
段々慣れてくると、そろそろかなあと思ってタイマーを見ると残り2分くらいだったりします。25分-5分というリズムを体が覚えるのでしょうか。


私が愛用しているのは、トマトではなく、レモン型。


本はこちらのほうが、わかりやすいし、入手しやすいです。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村