FC2ブログ

初ライビュ!「壬生義士伝」(宝塚歌劇団) 

きのう、生まれて初めて「ライビュ」なるものを観に行ってきました。

当日の朝、娘からLINEで、「今日映画館で壬生義士伝のライビュやるよ!! いったら???もう席少ないから、お早めに!!!」という情報があり、調べたところ、一番前の席それも端の方しか空いていない!!
娘からは「一番前でも結構良いとおもうけどなぁ・・・。後ろの方遠すぎる席結構あるし」というアドバイス。
それでは!と席を購入し、午後から映画館に向かいます。

まずは、「初ライビュ(ライブ・ビューイング)」の感想から・・・

映画だと本編が始まるまで、予告編をずっと流しているものですが、ライビュの場合、劇場の客席ごしに舞台の幕が写っているのが新鮮でした。
始まってからは、一番前の席だと、顔が少し歪んで見えるけど、迫力あってよかったです。前の席の人の頭が気にならないから、集中してみることができました。足を伸ばせるのもよいですね。

カメラワークが結構よくて、いい感じに役者の表情を映してくれて、涙まで見えたのが良かったです。実際の舞台だったら、オペラグラス使わないとこうは見えないですよね!
隣の席のひとは、小さく拍手したり、手を振ったりしてましたが、反対側の隣の人は、静かに見てました。私は・・・拍手したくなったら拍手してましたよ~。

次に、舞台の感想を・・・

「壬生義士伝」は原作が大好きで、漫画も全巻持ってます。今回は宝塚が「壬生義士伝」をどう描くのが興味があって、観に行ったわけですが、大満足でした。
長い原作を、うまくまとめたなあ、という感じ。
鹿鳴館を出してきたのは、なるほど!でした。
歌も、演技も、殺陣も、さすが千秋楽。堪能しました。
ふるさと盛岡の情景、南部藩の武士として義を貫く生き方、夫婦の愛・・・
ハンカチ、いえ、タオルが必須、というのもその通りでした。

後半の「ミュージック・レボリューション」も楽しみ、最後の舞台挨拶までしっかり観てきました。

宝塚、といえば数十年前「ベルサイユのばら」の時代に、地元での公演を観に行ったり、レコードを買って聞いたりしていたのを思い出します。今でも当時のそれぞれの組のスターの名前や愛称、覚えてます。



11月に京都に行く前に、浅田次郎の「壬生義士伝」読みなおします。
壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)
浅田 次郎
文藝春秋
売り上げランキング: 4,054


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD」発売 

「ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD」が発売になりました。

映画館での上映ももう終わるということで、先週、これで最後かなと思いながら、観てきました。
3回目です。
こだわった映像、音楽、そしてストーリー。
何回観てもいいですね。

DVDまたはブルーレイ、買うつもりはなかったのですが、日本語版の評判がいいので、欲しくなってきました。
特典映像も見たいし。
どれを買うか、ちょっと迷っています。




↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「ボヘミアン・ラプソディ」を観て、QUEENにはまる 

話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。
クイーンの音楽、若い頃はラジオで耳にしたり、有名な曲もありますが、彼らにこんな物語があったなんて。
フレディの栄光と孤独。
そして美しい歌声とメロディにすっかり魅せられてしまいました。
というわけで、映画を観て以来クイーンの曲ばかり聞いています。



クイーンのことをもっと知りたくて、ミュージックライフ誌のインタビューや、アルバムの解説が載った「MUSIC LIFE Presents クイーン」も買ってしまいました。
もったいないので、少しずつ読んでいます。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

【映画】「空飛ぶタイヤ」 

映画「空飛ぶタイヤ」観てきました。
好きな俳優さんたちが出演しているので、そちらを目当てに行ったようなものです。
原作の池井戸潤さんの小説も大好きで、「空飛ぶタイヤ」もずいぶん前に読みました。
細かいところは忘れているので、これからどうなるの?ってドキドキしながら画面に集中してました。

原作は結構ボリュームあるのですが、2時間枠に収めるために駆け足なところもありましたが、十分楽しめました。

原作、読みなおしたくなりました。

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
池井戸 潤

講談社 2009-09-15
売り上げランキング : 111

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
池井戸 潤

講談社 2009-09-15
売り上げランキング : 135

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前書いた「空飛ぶタイヤ」池井戸潤 の記事はこちら

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「ハード・シングス」と「シリコンバレー」 

ベン・ホロウィッツの「ハード・シングス~答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか~」を読みました。

著者は、シリコンバレーの起業家、のちには投資家。
会社のCEOとして、多くの危機を乗り越えた経験が語られます。
一般人が経験しないような出来事が多いわけですが、それらの危機を乗り越える時に大切にしたことは、真っ当なことばかり。
たとえば、会社の危機を社員にすべて打ち明け、協力を依頼した結果、チームには犠牲を強いることになりましたが、社員たちは固いきずなで結ばれ成長したのです。
「今やっていないことは何か?」を聞くのは良いアイデアだ、というのも印象に残りました。

CEOとして大事なことは、前向きなこと=景気付けをいうことではなく、問題をありのままに伝えること。
主な理由は以下の3つ。
1.信頼なくしてはコミュニケーションが成り立たない。
2.困難な問題に取り組む頭脳は多いほど良い。
3.悪いニュースは早く伝わり、良いニュースは遅く伝わる。

人を正しく解雇する方法、親友を降格させるとき、友達の会社から採用してもよいか、なんていうのはCEOならではの問題ですね。
平時のCEOと戦時のCEOは求められるものが違う、というのも興味深いです。
でも、働きやすい場所を作る、定期的に面談をする、部下を教育する、というのは、リーダーにとって重要な事項として参考になりました。

HARD THINGSHARD THINGS
ベン・ホロウィッツ 小澤隆生

日経BP社 2015-04-17
売り上げランキング : 1764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本を読む少し前に、アメリカのドラマ「シリコンバレー」にはまりました。(Huluで観ました)
大手IT会社に勤める内気なプログラマーが、自作の高性能な圧縮アルゴリズムを元に仲間たちとともに起業します。
彼らが様々なトラブルを乗り越え成長していく様子が、コメディタッチで描かれています。

圧縮アルゴリズムが評価され、売り渡すか、自分で会社を立ち上げるか選択を迫られたリチャードは、緊張に弱く、交渉の場に出るのが苦手。
カナダ人のギルフォイルにいつもからかわれているパキスタン人のディネッシュ。
この二人の関係は笑わせてくれます。
アーリックは、彼らの家主であり、出資者。ビジネスの10%の取り分と引き換えに、住むところと仕事場を提供しています。口が達者でお調子者でいろいろトラブルも引き起こすのもアーリックです。
経理担当のジャレッドも、いつもつらい目にあうのよね。
他には大手IT会社の社長ギャビンや、投資家のグレゴリーなど、常識はずれの人たちが登場します。

こちらを先に観たからこそ、「ハード・シングス」でのCEOの苦労や苦悩を理解しやすかったのかもしれません。

Amazonでは海外版しか出ていません。
Silicon Valley: The Complete First Season [DVD] [Import]Silicon Valley: The Complete First Season [DVD] [Import]

HBO Studios
売り上げランキング : 108717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村