「7つの習慣 ティーンズ」 

新学期を前にした中高生に贈りたい本、第二弾です。
「7つの習慣 ティーンズ」は、「7つの習慣」を書いたフランクリン・コヴィーの息子ショーン・コヴィーが、「7つの習慣」の内容を若い人向けにわかりやすく書いたもの。

主体的に行動すること、目的をもって始めること、一番大切なことを優先する、など当たり前なのだけれど、実践するのは難しいことばかりです。
若者たちの日常における具体的な例が多く載せられており、これらのエピソードを読むだけでも楽しいです。
過去の偉人たちの残した言葉は、言葉を引用するだけでなく、どういう人が言ったのか、を欄外に解説してあります。

アメリカのティーン向けに書いてあるので、日本の中学1年生にはちょっと早いかな、という内容も一部ありますが、中学3年生や高校生にはぜひ読んでほしい一冊です。
高校入学のお祝いのプレゼントというのもいいかもしれません

7つの習慣 ティーンズ7つの習慣 ティーンズ
ショーン コヴィー フランクリンコヴィージャパン Sean Covey


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大人の方はこちらをどうぞ。
この本を読んだとき、もっと早く、大学生のころに出版されていれば・・・と思いました。
7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「組織を強くする技術の伝え方」 

4月から、私の職場にも新人がやってきます。
4月の1ヶ月間は、新人に基本的な手技を指導するのがわたしの主な仕事になるわけです。

以前読んだ「組織を強くする技術の伝え方」を再読してみました
この本は、「失敗学のすすめ (講談社文庫)」で有名な畑村洋太郎氏が書いたもの。

この本では、技術が伝わらなかったことにより起きた事例として、「回転ドア」による死亡事故やJCOの臨界事故の例を最初にあげ、技術を伝えることの大切さを示しています。

技術を伝えるためには、伝える側だけがいくら努力しても、伝えられる側に「受け入れの素地」がなくてはならない、としています。
正しく伝えるためのポイントとして、以下の5つをあげています。
1 まず体験させろ
2 はじめに全体を見せろ
3 やらせたことの結果を必ず確認しろ
4 一度に全部を伝える必要はない
5 個はそれぞれ違うことを認めろ

4とか5は、なかなか難しいですね。つい伝えたいことをすべて口に出してしまったり、相手の理解度まで考えずにこちらが重要とおもうことを次々と話したりしているのかもしれません。

また第6章では、「陰陽二つの世界を見せろ」として、マニュアルなどで正しいやり方だけを示した場合、時間の経過とともに技術の伝達が形骸化してしまう、とあります。正しいやり方を書いてある紙の裏側のほうにでも正しいやり方からはずれた時にどんなことが起こるかを書き加えると、途端に立体的な見せ方ができるのだそうです。過去の実例を活用するということですね。

新人たちが、一日でもはやく一人前になるよう、いろいろ工夫していこうと思います。

組織を強くする技術の伝え方 (講談社現代新書)組織を強くする技術の伝え方 (講談社現代新書)
畑村 洋太郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術 

新学期を前に、子どもたちに読んでもらいたい本を、シリーズで紹介していきます。
一冊目は、「マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術」。
マインドマップという手法は、なかなか面白くて、私も活用していますが、この本は、マインドマップについて子供向けに解説したもの。
「ドラゴン桜」で社会の勉強のところで薦めていたイメージツリーと似たような手法です。

この本では、マインドマップの基本的な考え方や、マインドマップの作り方を紹介したあと、勉強に役立てるにはどうしたらいいかについて、具体的に紹介しています。
小学校高学年から中学生向けに書かれていますが、もっと小さい子でも、大人といっしょならマインドマップについて理解できるかも。

マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン 神田 昌典

ダイヤモンド社 2006-11-17
売り上げランキング : 7726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大人の方で、マインドマップに興味のある方は、こちらをどうぞ。
記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術
ウィリアム・リード

フォレスト出版 2005-09-02
売り上げランキング : 140185

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ本ブログランキングはこちら↓今日は何位かな?
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

NHK ラジオ基礎英語 

牛くんも春から中学生。
「おかあさん、英語ってむずかしいの?」と聞いてきた。
近所のお友だちは結構、英会話習っているのだが、うちの子たちは英会話は習っていない。
牛くんも中学入学が近づいて、なんだか心配になってきたらしい。

「4月からキソ1聞こうよ!」とテキストを買ってきた。
この春開講の基礎英語1は時間も、朝6時と夕方6時半のほかに、毎日夜9時から再放送があり、聞きやすそう。(中学生も部活が始まると帰りが7時ころになり、夕方の放送は聞けないのだ。)
新しく始まる英語の授業に少しは役だってくれると思う。

私自身は小学校6年の時から基礎英語を聞き、中学1年ではもう一度、基礎英語、2年は続基礎英語、とずっと聞き続けていた。なんだか懐かしい。子どもたちと一緒にもう一度聞いてみようかな。

NHK ラジオ基礎英語 1 2008年 04月号 [雑誌]NHK ラジオ基礎英語 1 2008年 04月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NHKラジオ基礎英語1のホームページはこちら。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/basic1/
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録」 

「トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録」は、占領軍としてやってきた米従軍カメラマンジョー・オダネル氏が、私用のカメラで残した写真による写真集。

被爆直後の広島、長崎の空からの写真は、当時の日本人には撮ることができないので、貴重なものだ。
爆心地の広い廃墟。
歩き回っていて一番辛かったのは、生き物の存在があたりにまるで感じられないことだったという。

ジープでは瓦礫におおわれた道を進めないため、途中からは馬を買い、馬とともにどこへでも撮影に向かった。
帰国後には、残留放射能による健康被害にも苦しんだという。

たくさんの写真を、あまりに辛い記憶に半世紀の間、トランクの中に封印していたが、どうしても忘れられずに、世の中に出したのがこの写真集。
写真に添えられた文章も味わい深い。

日本や各国で、写真展を開催したそうだがアメリカでは、在郷軍人の反対のため、写真展を開けなかったという。
なぜアメリカ人は写真展に反対したのだろう。
こんなに残酷なことを自分たちが行った、ということを国民に知らせたくなかったからだろうか・・・。

トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録
Joe O’Donnell


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

子供の科学 2008年 04月号 

「子供の科学」は、大人も子供も楽しめる科学雑誌。
2008年4月号は、特集が『めざせトレジャーハンター「お宝」発見大作戦!』で、携帯電話など身近なところにある貴金属の話題を紹介しています。

新しいコーナーとして、「アウトドアサイエンスクラブ」が始まり、今回は、野外で簡単に火をおこす方法が載っています。太陽で火を起こすやり方として、虫眼鏡で集めた小さな炎を、一気に大きな炎のする「秘伝火口(ほくち)」の作り方や、アルミ缶を利用して火をおこす裏ワザなどは、野外で役に立ちそう。試してみたいです。

そのほかのコーナーも楽しいものばかり。今までは、買ってきてもあまり読んでくれなかった牛くんも、4月号はあちこち読んでました。

付録の「KOKA手帳(サイエンス・ポケットブック)」は、天文、地理、元素周期表、SI単位系、生物の分類、円周率など、いろんなものが載っていて、何か調べたい時に役に立ちます。

子供の科学 2008年 04月号 [雑誌]子供の科学 2008年 04月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【コミック】「のだめカンタービレ #20」 

「のだめカンタービレ 」の最新刊でました。
音楽の道にますますのめり込むのだめ。
のだめとのこれからがどうなるのか、悩む千秋。
コンクールの結果でそれぞれ進路が変わっていく仲間たち。

クラシックは詳しくないので、知らない曲が多いのが残念でした。
CDさがして聴いてみようかな。

のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)
二ノ宮 知子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

のだめが聴きに行ったコンクールで出会って惚れ込んだ曲。
ところが・・・。因縁なのでしょうか・・・。
ラヴェル:ピアノ協奏曲ラヴェル:ピアノ協奏曲
アルゲリッチ(マルタ) ラヴェル アバド(クラウディオ)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

「空飛ぶタイヤ」池井戸 潤 

池井戸潤「空飛ぶタイヤ」、いくつかのブログで、この本が紹介されていたので、読んでみた。
題名や表紙からはファンタジーかと思わせるが、実際は骨太の企業小説。
某社のリコール隠しを題材に、企業と人間を描く。

小規模の運送会社のトレーラーのタイヤが走行中に脱落し、歩行者を直撃、死亡事故が起きた。
業務上過失致死で家宅捜索を受けた運送会社は、仕事を断られ、銀行からは融資を引き上げられ、危機的状況に置かれる。
事故原因について、財閥系列のホープ自動車では「整備不良」と簡単に片づけたが、本当にそうなのか。ほかにも同様の事故があったことを知った赤松社長は・・・。

事故後に起きた子どもたちのいじめや、PTAでのトラブル。
それらも地道に解決しながら、会社を守り、事故の真実を追求していく。

一方で、「財閥の常識、世間の非常識」という大企業の腐った内情が暴露されていく。
週刊誌と大企業の関係も描かれていて興味深かった。

長編だけれど、作者の熱のこもった文章に、思わず赤松社長を応援しながら一気読みしてしまった。

4408534986空飛ぶタイヤ
実業之日本社 2006-09-15

by G-Tools


文庫判もでました。(2009年11月1日追記)
4062764520空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
講談社 2009-09-15

by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【絵本】「ぽとんぽとんはなんのおと」 

ぽとんぽとんはなんのおと」は、春におすすめの絵本

冬ごもりの穴の中で生まれ、外の世界をまだ知らない熊の坊やがお母さんにたずねます。
「ぽとんぽとんってなんのおと?」
お母さんはやさしくこたえます。
少しずつ訪れる春を待つ、親子の会話に、心が暖まる絵本です。

文章は、「くまのこウーフ」でおなじみの神沢利子さんです。

ぽとんぽとんはなんのおと (こどものとも傑作集 (71))ぽとんぽとんはなんのおと (こどものとも傑作集 (71))
神沢 利子 平山 英三


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「フリーダム・ライターズ 」 

「フリーダム・ライターズ」をDVDで観た。

ロス暴動から2年後の1994年。
底辺校に通う生徒たちは、ストリートギャング同士の抗争で、友人を亡くしたものも多く、自分たちもつねに命の危険にさらされている。とても勉強どころではない。生き延びるのがやっと、という状況。
ヒラリー・スワンク演じる新人教師エリンは、教育に対して夢を持ち続け、自分の家庭生活を犠牲にしてまでも、子どもたちの教育にのめりこんでいく。
彼女は、人種間の差別や抗争、貧困などに苦しむ子どもたちに対し、本気で関わり、日記を書かせることによって、新しい友情、新しい人生を築く手助けをしていく。

この物語が実話であったというところに価値がある映画なのだと思う。

フリーダム・ライターズ  スペシャル・コレクターズ・エディションフリーダム・ライターズ スペシャル・コレクターズ・エディション
ヒラリー・スワンク.スコット・グレン.パトリック・デンプシー.イメルダ・スタウントン.マリオ.エイプリル・ヘルナンデス リチャード・ラグラベネーズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原作本もぜひ読んでみたい。
フリーダム・ライターズフリーダム・ライターズ
エリンとフリーダムライターズ 田中 奈津子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「スパイク」松尾由美 

松尾由美の「スパイク」を読む。

28歳の江添緑は、レモンカラーのビーグルを飼っていた。ある日、散歩の途中で、そっくりのビーグル犬を連れた林幹夫と出会う。名前も同じ「スパイク」だった。
バーガーショップの表のテーブルに犬をつないでお茶を飲んだ二人は、再会を約束する。
ところが、待ちに待ったその日、幹夫は現れなかった。
がっかりする緑に、スパイクが話しかけてきて、自分は幹夫の愛犬のスパイクだというのだ。
幹夫の消息を探して、一人と一匹の冒険が始まる・・・。

表紙には、「長編恋愛ミステリー」とあるが、謎解きもあれば、パラレルワールドものでもあり、一方、犬好きの人にはビーグル犬の活躍がたまらないと、なかなか盛りだくさんの小説である。
「落ち着いて低い、アニメや人形劇なら二枚目の悪役にでもふさわしいような声、妙に分別くさい口調」でしゃべる4歳半の牡のビーグル犬っていうのが、面白い。

中学生の読書にもおすすめの1冊。

スパイク (光文社文庫)スパイク (光文社文庫)
松尾 由美


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【絵本】「おたまじゃくしの101ちゃん」 

日毎に日が長くなり、庭にはチューリップや水仙の芽が出てきました。春ももうすぐそこまで来ているようです。

春らしい絵本ということで、今日は「おやまじゃくしの101ちゃん」をご紹介します。
だるまちゃんシリーズや、「からすのパンやさん」でもおなじみ加古里子さんの絵本。

101ぴきのおたまじゃくしの兄弟たち。1ちゃんから順に101ちゃんまで、101匹も子どもたちがいると、カエルのおかあさんも大変です。
ある日、迷子になった101ちゃんを捜しに行ったお母さんが、危険な目に・・・。
でも、おたまじゃくしの兄弟たちは、みんなで力を合わせておかあさんを助けるのです。

タガメやザリガニのような池の中のこわーい生き物の迫力ある様子。
101匹のおたまじゃくしたちの集団の描写。歌うような文章のリズム。
加古里子さんの絵本が、いつまでも読み継がれる理由がわかります。

おたまじゃくしの101ちゃんおたまじゃくしの101ちゃん
加古 里子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「ダレン・シャン イン ジャパン 」 

「ダレン・シャン」の外伝、それも日本が舞台、ということで買ってみた。
物語のほうの「ダレン・シャン」は出てこなくて、著者のほうのダレン・シャンだけが登場する。

日本が好きなダレン・シャン氏が、何回かの日本訪問の折の発想をもとに書いた短編が2編と、「恐山とデモナータ」という日本訪問の感想とデモナータの創作秘話が書かれたものがおさめられている。

短編2編の主人公の名前は、それぞれ、発想を得た羽黒山、高野山からとったという「ハグロサン」「コーヤサン」ということで、日本人からすると違和感がある。舞台は日本ではなく、どこか別のところ、と思いながら読んだほうがいいように思う。
外国人が読むと、異国情緒が感じられるのだろうが、なんだか不思議な世界である。
日本風に読ませるなら、たとえば「ランタン」は提灯、「パン」はおにぎりとか餅、と翻訳し、主人公の名前も、漢字あるいは日本人が読んでも違和感がない名前にしてしまえばよかったのではないか。直訳しなくても作者の意図は通じると思うのだが。

ダレン・シャン イン ジャパン (小学館ファンタジー文庫)ダレン・シャン イン ジャパン (小学館ファンタジー文庫)
ダレン シャン 田口 智子 西本 かおる


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

【絵本】「チップとチョコのおでかけ」 

きのうご紹介した絵本「やまねのネンネ」の作者の名前、どこかで聞いたことがあると思ったら、「チップとチョコ」のシリーズの作者さんでした。

「チップとチョコ」は、仲良しの小犬の兄妹の物語。シリーズで3冊出ています。どれから読んでも大丈夫と思います。

チップとチョコのおでかけ」では、チップとチョコが、おばあちゃんから届いた赤と黄色のマフラーを見せにおばあちゃんちに向かいます。
妹のチョコは、自分が選んだ色より、おにいちゃんのしているマフラーの色のほうがいいと、「取り替えて」といいます。やさしいお兄ちゃんは取り替えてあげるのですが・・・

チップとチョコのおつかい」「チップとチョコのおるすばん」のどちらも、かわいい妹と、妹思いの兄が、悩んだりけんかしたりしながら、いっしょにお使いに行ったり、かわりばんこにおるすばんをします。
シンプルな絵がかえって子供の心に届くのでしょうか。

人形劇団ひぽぽたあむ
の「チップとチョコ」の人形劇を観たことがあります。小さい子どもたちもお母さんたちも、チップとチョコの小さな冒険にドキドキしたり、ほのぼのしたりしながら観ていました。機会があったらぜひご覧ください。

チップとチョコのおでかけ
チップとチョコのおでかけどい かや

文溪堂 1996-04
売り上げランキング : 162885

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
チップとチョコのおるすばん チップとチョコのおつかい ねずみちゃんとりすちゃん おしゃべりの巻 (学研おはなし絵本) チリとチリリはらっぱのおはなし ねずみちゃんとりすちゃん なかよしの巻 (学研おはなし絵本)

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

【絵本】「やまねのネンネ」 

この絵本が大好きな子がいると、保育園の先生が教えてくれました。
(自分の子どもたちが絵本を読む年齢でなくなったので、新しい絵本はあまり知らないのです。教えてもらうとうれしいです。)

「やまねのネンネ」は冬眠中のやまねの子どものお話。
ねぼけて冬眠中の木の洞から転げ落ちたやまねの子ネンネは、おじいさんのかごの中へ。
左のページでは、眠ったままのネンネの冒険(かごから放り出されたり、おばあさんに拾われてお手玉にされたり・・・)、右側のページでは、ネンネの夢の中のお話。
まるで二つのお話が同時並行で進んでいるような感じです。
小さい子どもたちにわかるのかな?という気もしましたが、きっとそのまま楽しんでいるのでしょうね。

言葉のリズムが聞いていて心地よい絵本です。

やまねのネンネやまねのネンネ
どい かや


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「やまねのネンネ」で検索していて、「ねんね」という絵本を見つけました。動物たちの寝ている写真が載っています。こちらも欲しくなってしまいました。
ねんねねんね
さえぐさ ひろこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「春期限定いちごタルト事件」米澤 穂信 

ヘタレオオカミさんおすすめの「春期限定いちごタルト事件」読みました!面白いですね。続編も早く読みたいです。

主人公の小鳩君と小佐内さんは高校一年生。
小鳩君は鋭い推理力を持っているが、推理を披露していて痛い目にあったことがあるため、なるべく目立たないように過ごしている。小佐内さんは、引っ込み思案だけれども、秘めているものがあり、それを封印しようとしている。
ところが、二人の周りには、いろいろな事件や謎が現れ、推理力を発揮せざるをえなくなるのだ。

表題だけでなく、文中にもおいしそうなケーキや甘いものがたくさん登場するので、ダイエット中の人には目の毒かも。

例によって殺人事件の登場しないミステリ。中学生の読書にもおすすめの1冊。

4488451012春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
米澤 穂信
東京創元社 2004-12-18

by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「ぼくは悪党になりたい」笹生陽子 

笹生陽子「ぼくは悪党になりたい」を読む。

海外出張で不在がちの母と、小学3年生の弟との3人でくらす兎丸エイジ、17歳。
エイジは、母が出張中は家の中のことは全部一人でこなすスーパー高校生。
弟の病気をきっかけに、日常生活が少しずつ崩れていく・・・。

衝撃的な出来事に揺れる少年の思い。いっしょにドキドキしながら読んでいた。

笹生陽子の作品で「ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫)」「きのう、火星に行った。 (講談社文庫)」「楽園のつくりかた (角川文庫)」の3冊は、主人公も小中学生で、内容も小学生から面白く読めるものだが、本書は、子供向けではないのでご注意を。

ぼくは悪党になりたい (角川文庫 さ 43-2)
ぼくは悪党になりたい (角川文庫 さ 43-2)笹生 陽子

角川書店 2007-06
売り上げランキング : 318301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
バラ色の怪物 (講談社文庫) 楽園のつくりかた (角川文庫) きのう、火星に行った。 (講談社文庫) ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫) カラフル (文春文庫 も 20-1)


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

小学6年生と「葉っぱのフレディ―いのちの旅」 

息子の小学校では、保護者による読み聞かせが行われている。
先日、6年生のクラスで、「葉っぱのフレディ―いのちの旅」を読んでもらったらしい。
担任の先生が毎日だしている学級通信に、読み聞かせの感想が載っていた。

「生きるとはどういうことだろう」「死とは何だろう」というテーマで、いろんな内容の詰まった本なのだが、卒業を控えた6年生たちの心に残ったのは、「まだ経験したことがないことは、こわいと思うものだ」というところだった。
もうすぐ小学校を卒業し、中学校での生活が始まる彼らにとって、「変化しないものは 一つもない」「変化するって自然なことなんだ」という文章は、とても励みになったのではないかと思う。

この時期に、素敵な絵本を選んで読み聞かせしてくれた方に感謝。

別の時にこの本を読んだら、「いのち」や「死」について考えたり、人と違うこと、人の役に立つこと、などその時に応じて、違う部分が心に残るのかもしれない。
折にふれて読んでほしい本だと思う。

葉っぱのフレディ―いのちの旅葉っぱのフレディ―いのちの旅
レオ バスカーリア Leo Buscaglia みらい なな


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「りかさん」(梨木果歩) 

梨木果歩の「りかさん」を再読。私が持っているのは、単行本のほうなので、表紙がひな飾りで、今の季節にぴったり。

リカちゃん人形が欲しい、とおばあちゃんに言ったのに、家に届いたのは真っ黒の髪の市松人形。がっかりしたようこだったが、「説明書」の通りに、お人形の世話をするうちに、話ができるようになる。ようこは、人形を「りかさん」と呼ぶことにし、りかさんの力で、ほかの人形たちの思い(=人形に向けられた持ち主の思いを反映している)を聞き出したり見たりする。
ようこの家の雛人形たちのばらばらな思い。お友達の家の汐汲という人形がかかえていた秘密と、戦争中の哀しい物語。

解決に手を貸してくれるおばあちゃんがいい味を出している。

以前読んだ時は、「からくりからくさ (新潮文庫)」を読んで衝撃をうけた直後だったので、それに比べると物足りない感じがしたのだが、今回再読してみて、まったく違う印象を受けた。
この本は、ファンタジーあるいは、児童書の分類に入るのかもしれないが、大人の読書にも耐える名作である。やっぱり梨木果歩はいい!

りかさんりかさん
梨木 香歩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文庫判のほうには、書き下ろしも1篇入っているとのこと。こちらも読んでみたくなった。
りかさんりかさん
梨木 香歩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

【絵本】「わたしのワンピース」 

3月になり、少しずつ春らしくなってきました。
春におすすめの絵本といえば、「わたしのワンピース」ですね。

ウサギが、ミシンで白いワンピースを作ります。「ミシンカタカタ・・・」という言葉のリズムが、楽しくて素敵です。
出来上がったワンピースを着て、野原に行くと、ワンピースはお花の模様に。
雨が降ると、雨の模様。夕焼け模様や、星空の模様、と次々変化するワンピース。
文章も短く、絵もわかりやすいので、小さい子どもたちでも楽しめます。

娘が赤ちゃんだったころに買って、繰り返し読んだ絵本のなかの1冊です。

わたしのワンピースわたしのワンピース
にしまき かやこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「いつも心に好奇心(ミステリー)!―名探偵夢水清志郎VS.パソコン通信探偵団」 

ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫)」を読み終えた牛くんに、次はどれ読む?と何冊か出してあげたら、これを選びました。

名探偵夢水清志郎のシリーズも、パソコン通信探偵団シリーズも、全部読んでしまっていた牛くんですが、これだけは未読になっていたようです。

はやみねかおるさんと、松原秀行さんの二人が、ルールとして、「ジョーカー」「クイーン」「飛行船」「人工知能」の4つのキーワードを使って、それぞれミステリ作品を書いたという競作です。人気の二人の作家の作品が1冊で読めちゃうというお得な1冊。
今週の牛くんの睡眠不足の原因となったのでした。

いつも心に好奇心(ミステリー)!―VS.パソコン通信探偵団 (青い鳥文庫)いつも心に好奇心(ミステリー)!―名探偵夢水清志郎VS.パソコン通信探偵団 (青い鳥文庫)
はやみね かおる 松原 秀行


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


分厚いのにさっさと読み終え、「これ(都会のトム&ソーヤ(5)IN塀戸上 (YA! ENTERTAINMENT))の続編、まだ出ないのかな~」と言ってました。
怪盗クイーンの新刊は出たばかりですが、前編だけなので、後編も出てから買おうかなあと迷っています。

怪盗クイーン、仮面舞踏会にて―ピラミッドキャップの謎前編 (講談社青い鳥文庫 174-21)怪盗クイーン、仮面舞踏会にて―ピラミッドキャップの謎前編 (講談社青い鳥文庫 174-21)
はやみね かおる K2商会


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ