【コミック】「きのう何食べた?」 

るるる☆さん、おすすめの「きのう何食べた?」を買ってきました。

発見した息子が焦っています。
「これってホモ!?」

どうやら、母も毒されたと思って焦っている息子(笑)

母「え? 料理漫画でしょ? これ読むと料理作りたくなるってブログに書いてあったけど?」
息子「・・・」
母「じゃ、先に読んでみる?」

るるる☆さんのところで「あーいうシーンはなかった」と書いてあったので、息子に先に読ませてみることにしました(笑)

読み終えた息子「ブッダとイエスみたい」
どうやら男二人暮らしは、「聖☆おにいさん」を思い出させたようです。

母「ね?料理漫画だったでしょ?」
息子「んー。料理のところは飛ばして読んだ」
どおりで早く読み終わったと思ったら・・・

あとで読んでみたら、確かに和食を作って食べたくなる漫画でした!

筧史朗さんとブッダの共通点(無駄遣いを許さない!)もわかって、息子の言葉に納得しました。

きのう何食べた? 1 (1) (モーニングKC)きのう何食べた? 1 (1) (モーニングKC)
よしなが ふみ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

きのう何食べた? 2 (2) (モーニングKC)きのう何食べた? 2 (2) (モーニングKC)
よしなが ふみ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「シートン(探偵)動物記」 

「シートン(探偵)動物記」は、シートン動物記のシートンが、探偵役となり、殺人事件や難事件を解決した様子を、若い新聞記者の聞き書きという形で描いた作品。

有名な「シートン動物記」を元に、新しい作品を作り出す、作者の技は見事です。
動物を愛したシートンの生き方がよく描かれている一方で、シャーロック・ホームズばりの推理を働かせる様子も楽しめます。

中学生の読書にもおすすめの一冊。

シートン(探偵)動物記シートン(探偵)動物記
柳 広司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元ネタの「シートン動物記」を読むと、著者がどう加工したかがわかって、さらに面白いですよ。集英社文庫から出ています。
狼王ロボ―シートン動物記 (集英社文庫)狼王ロボ―シートン動物記 (集英社文庫)
Ernest T. Seton 藤原 英司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぎざ耳ウサギの冒険―シートン動物記 (集英社文庫)ぎざ耳ウサギの冒険―シートン動物記 (集英社文庫)
Ernest Thompson Seton 藤原 英司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

愛犬ビンゴ―シートン動物記 (集英社文庫)愛犬ビンゴ―シートン動物記 (集英社文庫)
Ernest Thompson Seton 藤原 英司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【絵本】「クリスマスがきたよ」 

「クリスマスがきたよ」は、クリスマスの由来を知ることのできる絵本です。
なぜイエスが、かいばおけの中に寝かされていたのかも、知ることができます。
やわらかな色合いの絵がやさしい気持ちにさせてくれます。

クリスマスが、ケーキを食べ、プレゼントをもらう日と思っている日本の子どもたちに、読んであげるのもいいのかもしれません。

私自身は、幼稚園の時に、キリスト生誕劇をやったので、この辺のお話は知っていますが、公立の保育所や幼稚園では、宗教的なお話はしませんからね。

クリスマスがきたよ
クリスマスがきたよ山本 真

おすすめ平均
stars聖書に忠実です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

【絵本】「聖なる夜に―A SMALL MIRACLE」 

るるる☆さん、おすすめのピーター・コリントン。「天使のクリスマス」は見つからなかったのですが、「聖なる夜に」を見つけました。

字のない絵本です。漫画のようにコマ割りの絵で、ストーリーが進んでいきます。

トレーラーハウスに住む貧しい老女。街角でアコーディオンを弾きますが、お金になりません。
仕方なく、アンティークショップに、アコーディオンを売り、クリスマスの夜を迎えようとしますが、そのお金をバイクに乗った若者に奪われてしまいます。
若者のあとをつけて、教会にたどりついた女性は、若者によってめちゃめちゃにされたキリスト生誕の人形たちを直してあげます。

お金もアコーディオンもなく、家にたどり着く前に雪野原で倒れてしまった女性に起きたクリスマスの奇跡とは・・・。

クリスマスの夜に読むのにふさわしい心暖まるお話。

ヨセフが大工の腕を生かして、トレーラーハウスの床を直しているところや、人形たちがスーパーマーケットで買い物しているシーンなど、なんだか楽しいです。

これを読んで、かさじぞうのお話を思い出したのは私だけではないのでは。

聖なる夜に―A SMALL MIRACLE聖なる夜に―A SMALL MIRACLE
Peter Collington


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

【絵本】「よるくまクリスマスのまえのよる」 

「よるくまクリスマスのまえのよる」は、クリスマスにおすすめの絵本。

「わるいこにはサンタさん やっぱりこないのかしら。」そう思って眠れない男の子のところに、小さな黒い熊「よるくま」がやってきます。
よるくまのやさしさに包まれ、よるくまにプレゼントをあげた「ぼく」。
よるくまは、飛行機に載せてくれました。
飛行機から見たみんなが眠っているシーンがとてもかわいくて好きです。

1ページに、男の子のセリフが1行の絵本。小さな子でも楽しめると思います。

よるくまクリスマスのまえのよるよるくまクリスマスのまえのよる
酒井 駒子

白泉社 2000-10
売り上げランキング : 715
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「赤い手袋の奇跡 サラの歌」 

「赤い手袋の奇跡 サラの歌」は、カレン キングズベリーの赤い手袋の奇跡シリーズの第3弾。

老人ホームでくらすサラは、クリスマスまでの12日間は、自分だけの特別な儀式をすることにしていた。人生の節目となった言葉を書き記した紙飾りをクリスマスツリーに吊るしながら、これまでの人生を思い返すのだ。
人生最後の年となり、彼女は、自らの体験を伝えたいと思う女性に出会う。
結婚生活を終わりにしようと悩んでいる介護士のベスである。
サラの苦難の人生と、奇跡の歌が愛する人との再開させてくれたことを聞いたベスは・・・。

クリスマスの夜に読むのにふさわしい心温まる物語です。

c赤い手袋の奇跡 サラの歌
小沢瑞穂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「狼王ロボ」シートン動物記 

「シートン動物記」が集英社文庫から出ています。
中学生の息子の朝読書用に、買ってきました。
3冊でていますが、私が小学生のころ一番好きだった「狼王ロボ」にしてみました。

とても賢い狼ロボは、農場の人間たちとの知恵比べに勝ち続けます。
あらゆるハンターを軽くあしらい、すべての毒薬を暴いて回ります。
えり抜きの上等の牛ばかり、毎日殺し続けたのです。
多額の賞金に惹かれやってきたハンターたちも、猟犬を皆殺しにされたり、
ロボにいいようにあしらわれるのです。

狼退治を頼まれてやってきた「私」もはじめは、ロボにかないませんでした。
しかし・・・。

美しい白いメス狼ブランカへのロボの愛情と傷心。
数十年前に読んだ本なのに、鮮やかに記憶によみがえります。

同じく大好きだった「灰色グマの伝記」も載っています。
年老いて、若いクマに負けた時の哀しみ。忘れることができません。

息子も面白かったらしく、一週間ほどで読み終えて持ち帰ってきました。
次は「ぎざ耳ウサギの冒険」を買ってきてあげよう。

狼王ロボ (集英社文庫 シ 3-7 シートン動物記)狼王ロボ (集英社文庫 シ 3-7 シートン動物記)
藤原 英司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「大人の科学 製品版 テルミンPremium」 

去年、大人の科学マガジン「テルミン」 についての記事を書きました。組み立て式の小さなテルミンです。掌に載るくらいの大きさで赤くてかわいいのですが、音楽を奏でるのはなかなかチューニングが難しかったです。

今回、同じ「大人の科学」で「製品版 テルミンPremium」というのが出ました。
こちらはすでに組み立ててあって、電池を入れて、アンテナとアースをつなぐだけで音が出るようです。
なんだか楽しそう。
この時期だと、クリスマスプレゼントにもちょうど良いかもしれませんね。
詳しくは、こちら(大人の科学.net)をご覧ください。

大人の科学 製品版 テルミンPremium大人の科学 製品版 テルミンPremium


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「もやしもん 7 限定版」近日発売! 

農大を舞台に、菌が見える特殊な能力を持った少年が主人公の漫画「もやしもん」。
親子で毎回楽しく読んでます。
ようやく最新刊の第7巻が発売になるみたいです。

限定版ではA.オリゼーが作成できるナノブロック付き!
ナノブロックというのは、これまで知りませんでしたが、ダイヤブロックの1/2サイズのブロックで、よりリアルに、より小さく作れるどちらかというと大人向けのブロックのようです。

限定版って言われると買おうかどうしようか、迷ってしまいますね。

もやしもん 7  限定版  ~nano~もやしもん 7 限定版 ~nano~
石川 雅之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

通常版はこちら。
表紙が違うのです。
もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)
石川 雅之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前に、表紙が違うからまだ買ってない巻だと思って買ってきたら、同じのが2冊になってしまったことがあります(^_^;)
気をつけなくては。

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

クリスマスプレゼントに~レゴのブロック 

Amazonのおもちゃ&ホビーも結構充実しているのですね。
子どもたちが小さい頃にたくさん遊んだおもちゃを見つけると、なつかしい気持でいっぱいになります。

レゴのブロックは、色鮮やかなブロックで、いろんな形もものが入っていて、いろんなものに見立てたり、組み立てて作品を作ったり、いろいろ遊べます
みどりのバケツは1歳半位から遊べる大きいブロックです。
遊んだあとに、バケツの中に片づけられるのがいいです。

レゴ デュプロ 基本セット みどりのバケツ 7337レゴ デュプロ 基本セット みどりのバケツ 7337


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

赤いバケツは、小さいピースも入っているので、3歳くらいから。
みどりのバケツのブロックとも一緒に組み合わせて使えます。
レゴ 基本セット 赤いバケツ 7336レゴ 基本セット 赤いバケツ 7336


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「ボックス!」(百田尚樹) 

ヘタレオオカミさん、おすすめの「BOX! ボックス!」、読みました!!
実は、先に娘が読んで、「よかったよ~」と大騒ぎしていたので、あわてて読んだのです。

舞台は高校のボクシング部。天賦の才能のある鏑矢と、もとはいじめられっ子だったが、強くなりたいという気持ちで、高校生になってからボクシングを始めた進学コースの木樽優紀。
ボクシングには素人なのに顧問になった教師高津耀子の視点をおりまぜることによって、ボクシングのルールや考え方を読者に伝えることに成功しています。

優紀の高津先生への思いと高津先生の鏑矢への思い、マネージャーの丸野の生き方。ボクシングの怖さを知りながら、ボクシングに打ち込む稲村選手の強さ。
ストーリーだけでなくそれぞれの登場人物が深みを持っていることが、この小説の魅力でしょう。

これ以上感想は書きません。とりあえず読んでみてください!

4778311345ボックス!
太田出版 2008-06-19

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【絵本】「みんなでつくったクリスマス・ツリー」 

クリスマスにおすすめの絵本。
「みんなでつくったクリスマス・ツリー」は、罠にかかってけがをして穴から出られなくなってしまったうさぎのために、森のみんなが飾りを持ち寄ってクリスマスツリーを作るお話。
ほのぼのした絵と、森の動物たちのやさしさが心にしみます。

子どもたちが小さかった頃にとっていた月刊絵本「こどものとも」で読みました。
「こどものとも傑作集」として出版されているのですね。
懐かしい絵本の中の一冊です。

みんなでつくったクリスマス・ツリー (こどものとも傑作集)みんなでつくったクリスマス・ツリー (こどものとも傑作集)
Carolyn S. Bailey うえさわ けんじ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ネフ社の木のおもちゃ「ネフスピール」 

きのうご紹介した「好きッ!絵本とおもちゃの日々」の中でも、イチオシのおもちゃがこれ、「ネフスピール」。
欲しかったのだけれど、当時は近くに売っているお店がなくって・・・。(今ならネットで買えるからいいですね)
こんな素敵なおもちゃで遊べる子どもは幸せだろうなあ。

Naef Spiel ネフスピール
Naef Spiel ネフスピール
naef
売り上げランキング : 17774


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ネフ社のおもちゃは、他にこういうのもあります。3才~99才向け、 面と色彩を感覚する積み木だそうです。
セラ 青
セラ 青
Naef
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「好きッ!絵本とおもちゃの日々」 

木のおもちゃがいいなあと思うようになったきっかけは、「好きッ!絵本とおもちゃの日々」を読んでから。
この本は、商品の紹介だけでなく、子育てのいろんなことについて書いた漫画エッセイ。
著者は、おもちゃの製作者でもあり、そのほかにも自分でいいと思ったおもちゃと絵本を売っている人なのですが、子どもが遊ぶ前に自分が楽しんじゃったりしている人です。

好きッ!絵本とおもちゃの日々好きッ!絵本とおもちゃの日々
相沢 康夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

古い本なので、Amazonで画像が出ませんね。子どもに買ってあげるおもちゃのことで悩んでいる人にはおすすめの本です。ぜひどうぞ。
↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

木のおもちゃ 

子どもたちが小さい頃はサンタクロースに何を頼むか、一緒に悩んだものです。
今はAmazonなどで簡単に注文できるのでいいですね。
子どもと一緒に探しに行き、決めた後で、こっそり買って・・・なんていう苦労もありました。

アマゾンを見ていたら、なつかしいおもちゃがたくさん出ていて、思わずいろいろ見てしまいました。
娘が小さい頃によく遊んだ「ままごとさくさく」。同じものは見つけられませんでしたが、こういうのが売ってました。

ままごといっぱいセットままごといっぱいセット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これもなつかしいおもちゃ。よく遊んだものです。
ドロップインザボックス
ドロップインザボックス
ニチガンオリジナル 2004-08-31
売り上げランキング : 1088

おすすめ平均 star
star懐かしい
star思わず大人がハマっちゃう(*o*)
starお片づけが遊びながら自然とできる♪あったかい木のおもちゃ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


木のおもちゃって、買ってあげたいけれど、高いし、近くのお店ではなかなか売ってないし・・・。
こういうシンプルな積み木、当時は見つけられなかったなあ。
BRIO つみき50ピース 30153BRIO つみき50ピース 30153


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

【絵本】「ノンタン!サンタクロースだよ」 

今日、ノンタンシリーズの絵本作家キヨノサチコさんの訃報を目にしました。
6月に亡くなられたとのことです。
ご冥福をお祈りします。

ノンタンシリーズは、小さな子どもたちに大人気。
ノンタンにはどこか自分に似ているところがあるからでしょうか。

ノンタン!サンタクロースだよ」は、12月に限らず何度も読んだような気がします。
いろんな動物のサンタさんが出てくるページ、何回見ても飽きない子どもたちでした。
ノンタンはいつまでも、子どもたちの友だちです。

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))
おおとも やすおみ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

学研まんが「からだのひみつ」 

ひろくんが、おじいちゃんに買ってもらった学研まんが「からだのひみつ」は、こちらでしょうか?
ひろくん、今から人体に興味があるということは、将来の夢はお医者さん??

からだのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
からだのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)横田 弘行

学研 1992-04
売り上げランキング : 1304

おすすめ平均 star
star絶版になる前に
star今読んでも面白い
star小学生の私が読んだ本を息子に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Amazonで調べてみると、「からだのひみつ」というのは、もう1冊あって、こちらは、「学研まんが 新・ひみつシリーズ」、2005年の出版です。
Amazonでは、上に紹介した1992年版のほうが評価が高いようです。
からだのひみつ (学研まんが 新・ひみつシリーズ)からだのひみつ (学研まんが 新・ひみつシリーズ)
吉田 義幸


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「絵本】クリスマスにおすすめの絵本 

クリスマスもだんだん近づいてきました。
今日は、これまでにご紹介したクリスマス絵本の記事へのリンクを載せてみます。

【絵本】「あのね、サンタの国ではね・・・」

【絵本】林明子「クリスマスの三つのおくりもの 全3冊」


【絵本】「ぐりとぐらのおきゃくさま」


【絵本】クリスマスにおすすめ「子うさぎましろのお話」

【絵本】「サンタクロースってほんとにいるの?」と聞かれたら


以下は、紹介した絵本へのアマゾンのリンクです。ご利用ください。

あのね、サンタの国ではね・・・あのね、サンタの国ではね・・・
嘉納 純子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クリスマスの三つのおくりもの 全3冊クリスマスの三つのおくりもの 全3冊


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))
やまわき ゆりこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
三好 碩也


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サンタクロースってほんとにいるの? (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)サンタクロースってほんとにいるの? (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
てるおか いつこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

みんなで楽しむボードゲーム 

クリスマスや年末年始、親戚の子どもたちと一緒に楽しむために、ボードゲームを買おうかと思います。アマゾンで探してみたら、いろいろ面白そうなゲームがたくさん。

「スコットランドヤード」は、 推理とかけひきが決め手のスリリングボードゲーム。逃げ回る怪盗Xを刑事役の残りのメンバーが追いかける、というゲームです。怪盗X用の帽子も着いてます。
遊ぶ人数は3~6人。大勢のほうが楽しそうです。時間はどのくらいかかるのかな?

Ravensburger スコットランドヤードRavensburger スコットランドヤード


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「スタンダードカタン」は、開拓がテーマのゲーム。遊ぶ人数は3~4人。1ゲーム60分程度と結構時間がかかるらしい。ゲーム盤面は、毎回組み替えていろいろ遊べるというのがおすすめのようです。
スタンダードカタンスタンダードカタン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ラミィキューブ」は、手持ちのタイルをいかに早く無くすかを競う頭脳戦ゲーム。遊ぶ人数は、2~4人。1ゲーム20分程度。
トランプでいうとセブンブリッジみたいなゲームのようです。、1ターンの持ち時間は1分、ということで集中力が求められますね。
ラミィキューブラミィキューブ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どれも面白そうだけれど、スコットランドヤードはぜひ一度やってみたいな。
いつもパソコンやゲーム機で遊んでいる子どもたちに、お正月ぐらいは、電池のいらない大人数で遊ぶゲームで楽しんでもらいたいものです。

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【コミック】「とりぱん 6」 

「とりぱん」の最新刊第6巻が出ました!
さっそくAmazonで入手。

「とりぱん」は、東北地方のある地方都市に住む作者が、鳥や身近な自然との触れ合いを楽しく描いた漫画。
第6巻は、初冬から夏にかけての季節の移り変わりを描いています。
ちょうどこれからの季節にぴったり!

我が家でも、雪が降った朝、庭の餌台に固くなったごはんを出したら、すぐにスズメたちがやってきました。スズメたちは、餌がある場所をどうやってわかるんでしょうね?

今回登場するのは、T松の池のマガンや、つぐみのつぐみん、常連のヒヨちゃん、フクロウの子ども、そのほかたくさんの鳥たちや、リスなどの動物たち。自然に対する作者の観察眼そして距離感がいいですよね。
笑える話もいくつもあります。

作者が一人暮らしになったせいか、おかあさんの登場が少なかったのだけが、残念。

そうそう、モズのハヤニエは、引っ越してきたばかりのころ、家の庭で発見しましたが、この頃見かけません。どうしたのでしょう。

とりぱん 6 (6) (ワイドKCモーニング)とりぱん 6 (6) (ワイドKCモーニング)
とりの なん子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ