Entry Navi - Archives

 2009年05月 

「女信長」 佐藤賢一 

佐藤賢一「女信長」を読みました。
結構分厚い本だし、歴史小説だし、読むのに時間がかかるかな・・・と思っていましたが、読み始めたら、ひきこまれて、ついつい最後まで読んでしまいました。

織田信長が実は、女だった、という設定で、歴史を別の面から読ませてくれます。
よしながふみの「大奥」は、徳川将軍は代々女性だった、という設定ですが、こちらは織田信長ひとり。信長の奇行や、作戦、政策などが、すべて女だからできた発想だというのです。
男は土地にこだわるが、女はそうではない。男は自分ひとりが功績をあげればよい、とするが一人の働きではなく全体で勝つことが大事とする。商売についても、物の値段は安ければ安いほどよい、として楽市楽座を導入したのも女ならでは。

妻のお濃の方には正体がばれており、女の友情で結ばれていたり、また女性の姿のときはお濃の侍女に扮して、世の中を別の目線で見たり、戦国武将を色仕掛けで従わせたり、といろいろ面白いです。本能寺の変の真相もなるほどと思ってしまいます。

読み終わって思い出したのは、「ベルサイユのばら」のオスカル。跡継ぎの男児が生まれなかったために、父によって跡継ぎとして育てられたのも同じです。

女信長女信長
佐藤 賢一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

Amazonの使い方~入門です 

Amazonって便利ですよね。
新刊以外は、本屋さんに行っても在庫がなくて入手できないこともあり、よくAmazonを利用しています。
以下、アマゾンの使い方<入門編>ですので、ふだんAmazonを活用している方は、読み飛ばしてください。

まず、他の方のブログに登場した本や新聞雑誌で話題の本は、Amazonでチェック。その場で買わなくても、気になった本は、「ショッピングカートに入れる」をクリックしておきます。ここをクリックしただけではまだ購入手続きには入らないので、大丈夫。
買おうかどうか迷っていたり、書店で実物を見てから決めよう、なんていう本も全部、ショッピングカートに入れておき、書店に行く前にカートの中身を印刷してリストを持って行ったりします。(書店で見てからAmazonで注文することも)

シリーズものなどは、Amazonで一度買っておくと新刊が出るとメールで案内が来るのも便利です。

文庫などは、すぐ買わないでとりあえずカートに入れておき、1200円ぐらいの本を注文するときに、一緒に注文して、送料が無料になるようにします。
在庫があれば、2日以内に届くのもうれしい。

本以外にも、家電やら文房具やらいろんなものがそろっています。お店と値段を比べて、こちらのほうが安ければAmazonで購入しちゃいます。
というわけで、明日、あるものが配達されてくる予定。
届いたら、また書きますね。

↓こんなのも売ってます。

Amazonオリジナル マグカップ 白Amazonオリジナル マグカップ 白


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「カンニング少女」黒田研二 

黒田研二の「カンニング少女」を読みました。

姉の死の真相をさぐるために、最難関私立大学・馳田学院への入学を目指すことにした高3の天童玲美。しかし、彼女の学力では合格率3%という厳しい状況であり、担任教師も次回のテストで学年20位以内の成績をとらないと馳田学院への入学を許可しない、と言い出した。
窮地に陥った彼女を助けたのは、友人で成績トップの愛香と、陸上インターハイ選手の杜夫、機械オタクの勇人の3人。
学内の試験のあと、模擬試験、本番の入試と、カンニングの手法もレベルアップし、ハイテクな手法も登場するが、一方で大学側では助手の恭子が不正行為を絶対許さない、と妨害に取り組む。恭子はまた、玲美の姉の真相にからむ人物でもあり・・・。

カンニングという不正行為を題材にしてはいますが、友情を描いて、読後感さわやかな青春小説です。

「カンニング少女」という題名を見て、子どもたちも「つぎ読むから貸して!」と言ってきました。
中学生の興味を引くタイトルですね。ふだん小説を読まない子どもたちも、この本なら手に取るかも。

カンニング少女 (文春文庫)カンニング少女 (文春文庫)
黒田 研二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【絵本】365まいにちペンギン 

今日は、ペンギンがたくさん出てくる絵本「365まいにちペンギン」をご紹介します。

1月1日の朝、宅急便でペンギンが1ぴき届きます。「ぼくはペンギン1ごう。おなかがすいたら なにかたべさせてね。」という手紙が一緒に入っていますが、差出人の名前はありません。
次の朝も、その次の朝も、ペンギンが1匹ずつ配達されます。
一日に1羽ずつ増え続けるペンギン。
計算したり、収納してみるおとうさん。
誰が送ってくるのか、思い出そうとしても思い出せないおかあさん。
お風呂が使えなくて怒り出すお姉さん。
たくさんのペンギンとともにたくさんの問題が・・・。
環境問題にも言及しているあたり、現代風の絵本です。
ラストのおちも笑えます。

外国の作者らしいはっきりとした色遣いもなんだか新鮮です。
一羽だけ足の色が違うペンギンがいますが、いつ届いたのかな?どこにいるかな?と探すのも楽しいです。

ペンギンが大好きな方にもそうでない方にもおすすめの絵本です。

365まいにちペンギン365まいにちペンギン
ジョエル ジョリヴェ Jean‐Luc Fromental Jo¨elle Jolivet


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓絵本について書かれたブログがたくさんあります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

阿修羅展に行く前に・・・「阿修羅のジュエリー」 

「阿修羅展」やってますね。見に行ける人がうらやましいです。
今日のおすすめの本は、「阿修羅のジュエリー」。便乗本かと思いましたが、とんでもない。仏像の話からシルクロード、ペルシアの文様、イタリア・ルネッサンスへのアジアの影響、といろいろな文化について詳しく語られた、とっても中身の充実した本です。写真やイラストも豊富です。

阿修羅といえば、美形の顔と6本の腕が印象的ですが、よく見ると胸には、ネックレス、肩からは布を掛け、腕にはブレスレット、上腕にはリボン、腰には花模様のスカート様の着衣、足にはサンダルを身につけています。
天平時代の色彩を再現した像の写真が巻頭に載っており、真っ赤な体に金と緑の装身具を身につけた阿修羅はすごいインパクトです。

ジュエリーという装飾は、「光と生命のデザイン」。花=地上の星であり、星=天井の花、どちらも永遠の「生命の光」として輝き続けること。
阿修羅の胸飾(ネックレス)も日本古来の根付も、ストラップも、みな「垂らして飾る」=天に光るものを、地に光るものに託して、生き物の内に光る生命・魂の永遠を「祈る」こと。だからストラップをつけるのは「お守り」の意味もある。。。
他にも「目からウロコ」の話がたくさんで書ききれません。阿修羅展をこれから見に行く人はぜひこれを読んでから。読まずに見に行くのはもったいないです。

振り仮名がふってあり、一見、子供向けの本のようですが、中身は充実した本です。
来年の中学入試の国語の問題にもきっと使われることでしょう。

阿修羅のジュエリー (よりみちパン!セ シリーズ44)阿修羅のジュエリー (よりみちパン!セ シリーズ44)
鶴岡 真弓


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

阿修羅展で仏像に興味を持った方にもう一つのおすすめは、雑誌「Brutus」4/15号の「仏像」特集です。
仏像の写真もたくさん載っているほか、仏教の歴史についての基礎知識と、仏像についての「Q&A」が載っていて、勉強になります。特別付録は仏像カード(笑)。
雑誌ですので、売り切れる前の入手をおすすめします!
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そのほか、仏像についてのおすすめ本の記事は、「仏像&京都」のカテゴリーのところにあります。

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「シェルター」近藤 史恵 

近藤史恵の「シェルター」を読んでみました。シリーズ物の3作目なのですが、これを最初に読んだほうがいいと、解説にも書いてあるので、こちらから。

大阪で接骨院の受付をしている恵と歩の姉妹。2人もわけありだが、接骨院の院長合田力もわけありのよう。
物語は、姉の恵の視点と、いもうとの歩の恋人で週刊誌記者の小松崎の視点で交互に語られます。
海外旅行をすると偽って東京に出てきた恵がいずみという少女と出会い、面倒をみることに。いずみが巻き込まれている事件とは・・・。そして、恵が姿を消したわけは・・・。

ラストの合田院長のセリフのために、この物語は書かれたのですね。
いじめられている人、弱い人の味方の合田力先生、かっこいいです。

4396632363シェルター
近藤 史恵
祥伝社 2003-09

by G-Tools


文庫版はこちら。
Shelter(シェルター) (祥伝社文庫)Shelter(シェルター) (祥伝社文庫)
近藤 史恵

by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【コミック】「とりぱん 7」発売! 

「とりぱんの新しいのでるってよ」
今回は、牛くんのいちばん情報が早かったです。さっそく買ってきて読みました。

ムクゲの花でニワトリごっこ。なつかし~。子どもの頃、毎年やってましたね~。コケコッコ花と呼んでいて、「ムクゲ」という名前を知ったのはかなり後でした。

新しく登場したのは、「バリケン」という奇妙な鳥。南米原産のノバリケンを家畜化したものが持ち込まれたそうです。犬のような鳥って(笑)

作者の引っ越しに鳥たちもちゃんとついてきてくれたのですね。これで連載も続きますね。よかった。

ふだん見逃している自然や季節を見つめなおすことを教えてくれ、岩手のことを懐かしく思い出せてくれる、とっておきの1冊です。

とりぱん 7 (ワイドKCモーニング)とりぱん 7 (ワイドKCモーニング)
とりの なん子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「やんごとなき読者」(アラン・ベネット) 

アラン・ベネットの「やんごとなき読者」を読みました。
ユーモアや風刺に富んでいて、笑ってしまうところも多かったです。

英国女王エリザベス二世が、70代で読書にはまったら?という設定。(日本ではこういう設定の小説は出版されないだろうなあ・・・)

犬の散歩中に出くわした移動図書館で本を借りる羽目になった女王。彼女は、厨房で働いていた少年(ゲイの著者が書いた小説ばかり読む)に導かれて、読書の喜びを知ります。これまでの人生を振り返ってもったいないと思ったり、作家たちを集めたパーティを開いてがっかりしたり、公務をさぼって読書にふけったり・・・。自らのことを「晩学の徒」と呼びながら、読書することによってこれまでとは違った見方で人間を見ることができるようになり、さらには書くことへと足を踏み出します。

読書好きの人間なら、わかるわかる、という部分と、女王という職業の人が、高齢になって新しい趣味にはまったらどうなる?周りの人はどう行動する?という設定が引き起こす様々な出来事。

もっと読んでいたいなと思うほど面白かったです。

原題は「The Uncommon Reader」。「やんごとなき読者」とはうまく訳したものです。

4560092257やんごとなき読者
市川 恵里
白水社 2009-03-11

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「吉野北高校図書委員会」 

娘が買ってきた「吉野北高校図書委員会」を借りて読みました。
徳島県の進学校が舞台。図書委員会のメンバーたちの友情と恋愛を描いた青春小説です。
さらさらっと読めてしまいます。

若い男女の揺れ動く心。せつない思い。
いいですねえ。

薄くて読みやすいので、中学生の読書におすすめの1冊です。
巻頭の人物紹介がイラストなのも、読書の助けになると思います。

せっかく図書室が舞台なのだから、もっといろんな本のタイトルを出してほしかったな。

4840124132吉野北高校図書委員会 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
山本 渚
メディアファクトリー 2008-08-21

by G-Tools


続編も出ています。
4840127018吉野北高校図書委員会2 委員長の初恋 (MF文庫 ダ・ヴィンチ や 1-2)
山本 渚
メディアファクトリー 2009-02-21

by G-Tools



↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「都会のトム&ソーヤ完全ガイド」 

「都会のトム&ソーヤ完全ガイド」が発売されています。
マチトムファンなら持っていたい1冊ですね。
これまでのシリーズの舞台の地図や、人物の相関図、漫画、内人の三分間クッキング、内人のおばあちゃん名言集などが載っています。

「都会のトム&ソーヤ」のシリーズは、小学生におすすめです!未読の方は、1巻目からどうぞ。

都会のトム&ソーヤ完全ガイド (YA!ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ完全ガイド (YA!ENTERTAINMENT)
にし けいこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パスワードシリーズも新刊出てました。
中学生篇です。レイさんが結婚!ということで、これまでの読者は気になるところですね。

こちらも小学生の読書におすすめのシリーズです。
パスワードダイヤモンド作戦!―パソコン通信探偵団事件ノート〈21〉中学生編 (講談社青い鳥文庫)パスワードダイヤモンド作戦!―パソコン通信探偵団事件ノート〈21〉中学生編 (講談社青い鳥文庫)
梶山 直美


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

【映画】スラムドッグ$ミリオネア 

アカデミー賞で話題の映画「スラムドッグ$ミリオネア」観て来ました。
いつになったら上映が始まるのかな?と思っていたら、近所のシネコン(MO*IX)では、やらないということに最近気が付きました。 調べてみたら、他の映画館でももうすぐ上映が終わってしまうではないですか! ということで、あわてて隣町の映画館まで観に行ってきました。

スラム街出身の貧しい青年が、なぜ難問ばかりのクイズ番組でこれまで最高額の賞金を得ることができたのか? 詐欺罪で取り調べを受ける中で、彼のこれまでの人生とその人生で学んだことが、明らかになっていくというストーリー。

アカデミー賞受賞の作品でも実際に観てみると、何これ?というものがありますが、この作品は、最初から最後までテンポよく、観客の目と心を惹きつけていました。貧困、差別、犯罪などのインドの現実、主人公の過酷な人生、そして純愛。子役たちの演技もすばらしかったし、音楽もとってもよかったです。映画館で観てよかった。満足です。

B001S2QNN2スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]


by G-Tools


映画の原作「ぼくと1ルピーの神様」は、未読。Amazonの評を読むと、こちらの方が、インドの実態をより詳しく描いていて必読、という感じです。さっそく読まなくては。
ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
子安 亜弥


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「サクリファイス」近藤史恵 

「サクリファイス」読みました。「Story Seller 2」で「レミング」(「サクリファイス」の数年前の話)を読み、あちこちのブログでも話題になっていたので、読みたかった本です。


自転車ロードレースという日本ではマイナーな競技。勝者は一人だけれども、その一人を勝たせるために、チームのメンバーは、「アシスト」として風の抵抗を減らすために先を走り、あるいは他のチームを攪乱する。体力だけでなく、戦略が求められるスポーツ。

高総体で優勝するほどの陸上選手だった白石誉(チカ)。しかし、勝つことのプレッシャーに耐えられず、自転車に転向する。
チカの同期の伊庭は、アシストではなく自分が勝ちに行きたいタイプ。

チームのエースである石尾は、同じチームメンバーの競技中の事故について、故意だったのではないかと噂されている。
その事故で脊髄を損傷し、下半身不随になった袴田。

チカが陸上を辞める原因を作ったチカの元恋人香乃も登場。

袴田の事故の真相は? 冒頭で描かれた惨劇はいったい何だったのか?


一応、ミステリなんで、ストーリーについてこれ以上は書きませんが、自転車ロードレースを知らない読者もその世界に引き込まれてしまう本です。(自転車やっている人には不満もあるかもしれませんが)

ラストはぞくぞくしました。
これは傑作です。

4103052511サクリファイス
新潮社 2007-08

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

more

Story Seller Vol2 2009年 05月号 

「Story Seller」1巻目は文庫になってから、購入しましたが、「Story Seller Vol2」は雑誌が出て即買いました。文庫より雑誌の方が、少し安いみたいです。
執筆陣は、沢木耕太郎、伊坂幸太郎、有川浩、近藤史恵、佐藤友哉、本多孝好、米澤穂信の7人。

伊坂幸太郎の「合コンの話」は、著者コメントにもあるように、実験的な小説。合コンってあまり行ったことないんで、おしぼりの話とか、興味深かったです。

有川浩の「ヒトモドキ」は、小説としてはうまいんだけど、これまでの路線の方が好きだな。
米澤穂信の作品もちょっと好みではないです。

というわけで、私の中でこの雑誌の中でのベストは、近藤史恵の「レミング」でした。
「レミング」は、短編なんだけれど、長編なみの読み応えがありました。
自転車ロードレースの話。
「Story Seller」の「プロトンの中の孤独」の少しあと、石尾がチーム・オッジの単独エースとなった年の出来事です。
エースになったのに、エースらしくない石尾はチームから浮いています。レースの時に起きたトラブルは事故なのか、妨害行為なのか?
赤城は、誰かが悪意を持って、石尾の邪魔をしていることを突き止め、理由を知ります。自転車ロードレースらしい解決法を見出した彼らの決断に拍手です。

どうやら「サクリファイス」は、この同じチームが登場するらしいので、これはぜひ読まなくては。

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌]Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。おかげさまで「おすすめ本」ランキング1位になってます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「配達あかずきん―成風堂書店事件メモ 」 

「配達あかずきん―成風堂書店事件メモ 」が文庫化されています。
連作短編なので、中学生の朝読書にもぴったり。

書店で起きる不思議な出来事を、書店員の杏子と、アルバイトの大学生多絵のコンビが解決していきます。

一話目は、近所の老人に頼まれたという本のリストの暗号を解読するという話。
他にも、コミックを1冊買ったのち失踪した母親を探す話や、配達中に事故にあった店員を守るためにイケメン美容師たちと協力する話、などが入っています。
「六冊目のメッセージ」は、入院中の女性向けの本を書店で選んでくれた人は誰か、という謎を解き明かすのですが、いい話ですね。実在の本の名前がでてくるのも、書店ミステリならではです。

4488487017配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)
東京創元社 2009-03-20

by G-Tools


私は単行本で読んだのですが、こちらの表紙は、たくさんの本の表紙が並んでいて、まるで書店の平台のようです。巻末には、書店員の方々による対談も載っていてこれも面白かったです。
4488017266配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)
東京創元社 2006-05-20

by G-Tools


続編はまだ文庫化されていませんが、こちらもおすすめ。
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ (ミステリ・フロンティア)サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ (ミステリ・フロンティア)

by G-Tools

晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「レッド・マスカラの秋」永井 するみ 

「レッド・マスカラの秋」は、「カカオ80%の夏」の続編。(以前書いた感想はこちら) 登場人物も重なっているので、未読の方はこちらを先に読んでからのほうが楽しめると思います。

主人公は高校生の三浦凪。風変わりで放任主義の母親と二人暮らし。
前作で出会った友人のミリが貸したマスカラで、モデル仲間のまぶたが腫れてしまい、ミリが窮地に陥ります。
凪は、調査に乗り出しますが・・・。

凪の行動力が小気味よい。
凪は、さりげなく応援してくれている大人たちに気付いているのかな。
マスターとの関係はどうなるのでしょう。

東京ガールズコレクションや、化粧品についても、詳しく書いてあり、若い女性を読者と想定して描かれた本です。(大人が読んでも面白いですが)
せっかくだから1400円という値段ではなく、もっと手頃な値段、持ち運びやすいサイズにすればいいのに、と思います。
中学生、高校生がお小遣いで買えるように、廉価版出してください!

465208630Xレッド・マスカラの秋 (ミステリーYA!)
理論社 2008-12

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争 4」  

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争 4」が小学館文庫から発売になりました。ぼくちゅうブログの中でも一番の感動する物語「のぶくんの飛行機」が収録されています。

連載中のブログで読んでいた時の、ドキドキ感、わくわく感を思い出しながら読んでました。ブログ小説はやっぱりブログで毎日読むほうがいいですね。(ブログだとコメント欄もあって、そちらでさらに深まる、というのもあります)でも、ブログを読める環境にない人には、こちらの文庫本、おすすめですよ~。もちろん、ブログでぼくちゅうファンになった方でも、持っていたい一冊です。

中学生の読書におすすめの一冊ですが、人前での読むのは控えたほうがいいかもしれません。
思わず吹き出してしまうような場面が何か所も・・・。
そして感動のラストでは、涙が・・・。

というわけで、人目を気にしなくてもいい場所で楽しんでくださいね!

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 4 (小学館文庫 ま 5-4)ぼくたちと駐在さんの700日戦争 4 (小学館文庫 ま 5-4)
ママチャリ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「僕たちと駐在さんの700日戦争」、市原隼人くん、佐々木蔵之介さん主演の映画のほうも、DVD化されて、レンタル始まっています。こちらも面白いですよ。映画みて面白かった人は、文庫のほうもぜひ読んでみてくださいね。
ドラマCDの発売はもうすぐです!
ぼくたちと駐在さんの700日戦争 コレクターズ・エディション〈2枚組〉 [DVD]ぼくたちと駐在さんの700日戦争 コレクターズ・エディション〈2枚組〉 [DVD]
FUNKY MONKEY BABYS 福田雄一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺」 

「男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺」を読む。「聖☆おにいさん」をきっかけに、仏教関係の本を物色していたときに出会い、ずっと気になっていた本。ようやく読むことができた。

現代のインドの仏教の頂点にいる一人の日本人男性、佐々井秀嶺。
日本をはなれ40年の間、仏教の復興運動のために、インドで活動してきたという。

釈迦はインド生まれだが、その後インドでの仏教は、すたれてしまい、インドの人口の8割がヒンズー教徒。ヒンズー教には、カースト制度があり、現在でも過酷な差別が残っている。

アンベードカルという人(最下層のカーストの出身だが、大学に行き、弁護士の資格をとり、大臣にまでなった)が考えたのが、仏教に改宗することによりカーストの差別システムから抜け出すという方法だ。

佐々井師は、カースト制度の最下層にいる「不可触民」という虐げられた人々が、人間性を取り戻すために、仏教徒に改宗するという年に一度のイベント「大改宗式」の責任者をつとめる。
百万人もの人々が一同に集い、これまでの宗教=ヒンズー教を捨て、仏教徒になることを誓うのだ。
この風景を取材しながら著者は、今までにない取材者としての充実感を味わう。

宗教家として生きる道を、日本で寺を守る職業宗教ではなく、インドで人々を救う行動する宗教を選んだ
佐々井師。地元の人たちに尊敬され、仏教の遺跡を発掘し、命がけで現行の政府と闘う姿に、胸を打たれた。

本書は、テレビディレクターがノンフィクション番組を作るために、単身インドに乗り込み、佐々井師とその周辺を取材した様子を描いたもの。一人の男の生き方と、取材しながら彼に魅せられていく著者。久しぶりに秀逸なノンフィクションを読んだ。


佐々井師は、現在、44年ぶりに日本を訪問中だという。この時期にこの本と出会えたのも、何かの縁だろう。筆者は、今回の来日を再びノンフィクション番組にするために取材中らしい。このような良質のノンフィクションは深夜にしか放送されないだろうが、録画してぜひ見たい。

男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺
小林 三旅

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

佐々井秀嶺という人の生き方をさらに詳しく書いたのが、こちら。
新書なのに上下2段組みで、すごいボリュームの本。こちらも読みたくなった。
破天 (光文社新書)破天 (光文社新書)
山際素男

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「アンベードカルの生涯」。こちらも気になります。
アンベードカルの生涯 (光文社新書)アンベードカルの生涯 (光文社新書)
山際 素男

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「Story Seller」 

「Story Seller」は、人気の7人の短編競作集。
伊坂幸太郎、近藤史恵、有川浩、佐藤友哉、本多孝好、道尾秀介、米澤穂信と今流行の作家ばかりだ。

近藤史恵の「プロトンの中の孤独」、伊坂幸太郎の「首折れ男の周辺」と、道尾秀介の「光の箱」がよかった。
米澤穂信の「玉野五十鈴の誉れ」は、「儚い羊たちの祝宴」で既読。
有川浩「ストーリーセラー」は期待していたほどでもなかった。(って期待しすぎたせいかも)

著作リストは、他社から出版されたものも網羅されているのは親切。

Story Seller (新潮文庫)Story Seller (新潮文庫)
新潮社ストーリーセラー編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「風が強く吹いている」三浦しをん 

「風が強く吹いている」は、ずっと気にはなっていたが読めないでいた本。ようやく読むことができました。


竹青荘というおんぼろアパートに住む寛政大学の学生10人。
4年生の清瀬(ハイジ)が、新入生の走(カケル)と出会ったことから、箱根駅伝をめざすことになる。
いや、その前から清瀬は、箱根駅伝を狙っていたのかもしれない。

陸上には全くの素人も含めてたったの10人で箱根駅伝で勝つということは、前代未聞の出来事。マスコミにも注目される一方、伝統校からは嫌みを言われたりいやがらせをされたりする。

10人それぞれの駅伝への思い。
走(カケル)は、高校生時代、規律を重視する監督に逆らった。しかし、箱根駅伝への挑戦を通して、走ることで仲間とつながることができることを知る。
双子の兄弟は、八百屋の娘に告白するために。
清瀬は、膝の故障という爆弾を抱えながら、最後の10区を走る。
後半の箱根駅伝のシーンでは、自分も一緒に走りながら読んでいるような気持ちになった。


すっきり爽やかな読後感を保証します。
中学生や高校生にもおすすめの1冊。
(今年の高校入試の国語の問題にもなっていました!)

映画化されるということで調べてみたら、主演は小出恵介と林遣都。双子の役はやっぱり、斉藤慶太・斉藤祥太なんですね。今年の秋公開とのこと。こちらも楽しみ。

風が強く吹いている風が強く吹いている
三浦 しをん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

more

「告白」 (湊 かなえ) 

2009年の本屋大賞ということで「告白」を読んでみました。

女性教師が生徒たちに語る愛児の事故死の真相。その後は、語り手を変えて、女性教師の復讐の結末が・・・。
ミステリだから詳しくあらすじを語るわけにはいきませんが、他の皆さんも書いていらっしゃる通り、後味の悪い作品でした。
なんでこれが本屋大賞なんだろう?とやはり疑問。

ま、これがデビュー作なそうなので、今後に期待します。

4575236284告白
湊 かなえ
双葉社 2008-08-05

by G-Tools


「本屋大賞2009」はこちら。近所の本屋さんには置いていませんでした。なぜでしょう?
受賞作の中で、私のお勧めは、5位の「ボックス!」 (百田尚樹)です!
4860110935本屋大賞2009
本の雑誌編集部
本の雑誌社 2009-04-07

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

more

「泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部」 

「泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部」、一気に読んでしまいました。
相変わらず酒見賢一の筆はすべりにすべり、あることないこと、これでもか、というぐらい書き込んであります。
「三国志」に書いてあること、書いていないことの真相(?)、それぞれの登場人物のその時の気持ちなど、思わず納得させられ、信じさせられてしまう筆力には脱帽です。

詳しく書き込みすぎて、第弐部ではまだ「赤壁」の戦いまでたどり着かないのがとても残念。
第参部が出るのを首を長くてして待ってます。

泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部
酒見 賢一
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

more

「三国志」いろいろ~小学生、中学生向け 

映画「レッド・クリフ」をきっかけに「三国志」にはまっています。
吉川英治版は、全8巻と結構長いので、もっと簡単に読みたい方や、子どもにも読ませたいという方のために、子ども向けの三国志を探してみました。

Amazonでの評価も高いのがこちら。

三国志〈1〉英傑雄飛の巻
4037442604佐竹 美保 渡辺 仙州

偕成社 2005-03
売り上げランキング : 13139
おすすめ平均star
star三国志って難しいと思ってる方にも
star児童書?もったいない、大人も読もう
star小学二年の息子がハマりました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

全4巻+三国志早わかりハンドブック 付きのセットもあります。
三国志(早わかりハンドブック付き5冊セット)三国志(早わかりハンドブック付き5冊セット)
佐竹 美保 渡辺 仙州


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


青い鳥文庫で一冊にまとまっているのがこちら。
三国志 (講談社 青い鳥文庫)三国志 (講談社 青い鳥文庫)
井上 洋介 駒田 信二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同じ青い鳥文庫から全7巻の三国志も出ます。今は3巻まで出ているようです。
三国志(1) ~飛龍の巻~ (講談社青い鳥文庫)三国志(1) ~飛龍の巻~ (講談社青い鳥文庫)
山田 章博


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

岩波少年文庫からは、上中下の三巻で。
三国志〈上〉 (岩波少年文庫)三国志〈上〉 (岩波少年文庫)
小川 環樹 武部 利男


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もっと簡単に漫画で読みたい方はこちらを参考にしてください。
小学生におすすめ:諸葛孔明伝 (まんが三国志シリーズ)

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

続々、文庫化! 朝読書におすすめの本 

今日、ひさしぶりに本屋さんに行ってきました。
単行本で読んで、文庫になったら、中学生の朝読書用や、高校生の通学中に読むのにぴったりなのに!と待ち望んでいた本たちが次々、文庫化されていて嬉しくなってしまいました。

一番のおすすめは、これ↓ 

4043898029海の底 (角川文庫)
角川グループパブリッシング 2009-04-25

by G-Tools


「空の中」に続いて、「海の底」も文庫化されました。この2作は別々の作品ですから、どちらを先に読んでも大丈夫ですよ。
有川浩は「図書館戦争」シリーズが有名ですが、こちらの自衛隊3部作も面白いですね!

以前書いた記事はこちら↓
有川浩「海の底」

同じく角川文庫です。金城一紀の「フライ・ダディ・フライ」も文庫化!
こちらは、「レボリューションNo3」と同じ、ゾンビーズシリーズ。
ゾンビーズといっても妖怪とかは出てきません。底辺校の高校生たちの痛快な青春冒険小説です。
「フライ・ダディ・フライ」は彼らと、娘のために立ち上がるお父さんがからむナイスなお話です。
「SPEED」も早く文庫化してほしいです。
前に書いた記事はこちら↓
「フライ、ダディ、フライ」 金城一紀

4043852037フライ,ダディ,フライ (角川文庫)
角川グループパブリッシング 2009-04-25

by G-Tools



あとは、大崎梢の「配達あかずきん」。
こちらは、感想まだ書いていなかったので、今度書きますね。
殺人の出てこないミステリで、怖いのが苦手な人にもおすすめ。
連作短編なので、細切れにしか読めない朝読書にもぴったりです。
4488487017配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)
東京創元社 2009-03-20

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「泣き虫弱虫諸葛孔明」 

吉川英治「三国志」全8巻を読み終え、酒見賢一「泣き虫弱虫諸葛孔明」を読み始めたところ、余りの面白さに、一気読み状態でした。

題名とは違って、諸葛孔明は泣き虫でも弱虫でもなく、天下の奇才、かつものすごい変人です。
本書では、孔明が若い頃の話で始まり、妻を娶るあたりもとても詳しく描かれ、劉備に三顧の礼で迎えられるところで終わり、第弐部に続きます。

孔明の奇行やら妙な企みやら、面白くってたまりません。
そのほか、劉備=「任侠の親分」といった書き方も、なるほど、といった感じで、すべての登場人物が生き生きと動いています。
さすが、「後宮小説」でデビューした酒見賢一。歴史をファンタジーとして描いて、読者を酒見ワールドにおぼれさせてくれます。

吉川英治版に比べるととっても読みやすいので、「レッドクリフ」で三国志に興味を持った方は、こちらから先に読むのもありかな。

泣き虫弱虫諸葛孔明泣き虫弱虫諸葛孔明
酒見 賢一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文庫版はこちら。
泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉 (文春文庫)泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉 (文春文庫)
酒見 賢一

文藝春秋 2009-10-09
売り上げランキング : 13375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「タルト・タタンの夢」近藤史恵 

気付かずに続編の「ヴァン・ショーをあなたに」を先に読んでしまいましたが、こちらもようやく読むことができました。

下町にあるこじんまりとしたフレンチレストラン<パ・マル>。三舟シェフは、おいしい料理を作るだけでなく、謎解きも得意。
お客さんたちが持ち込む謎、人間関係のもつれなどを、解き明かしてしまいます。

連作短編で、料理と謎解きがセットになっていて、読んでいると、おいしそうな料理の数々によだれがでそうです。。。
せつない話やほほえましい話など、いろいろありますが、読後感がすっきり、という本を読みたい方はぜひどうぞ味わってみてください。

4488012280タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
東京創元社 2007-10

by G-Tools


以前書いた記事はこちら↓
「ヴァン・ショーをあなたに」 近藤史恵

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ