高校生 おすすめ古語辞典 

進学や進級で、新しく辞典を購入しようという人も多いのではないでしょうか。
高校生がどんな古語辞典を使っているか、娘に聞いてみました。

うちの娘が持っているのは、これ。「三省堂 全訳読解古語辞典」です。クラスでも同じものを持っている子が多いそうです。

4385133476三省堂 全訳読解古語辞典
鈴木 一雄
三省堂 2006-11

by G-Tools


「旺文社 全訳古語辞典」を持っている人も多いそうです。
4010777095旺文社 全訳古語辞典
宮腰 賢
旺文社 2003-10

by G-Tools


でも、実際に使っているのは、電子辞書だとか。
B003114OLQCASIO Ex-word 電子辞書 XD-A4800BK ブラック 高校生学習モデル ツインタッチパネル 音声対応 120コンテンツ 日本文学300作品/世界文学100作品収録 Blanview (ブランビュー)カラー液晶搭載
カシオ 2010-01-15

by G-Tools

辞書を何冊も持って歩くのは重いので、電子辞書は便利なのだそうです。英単語の発音がわかるのもいいですね(ただし、授業中に関係のない単語を引かないように・・・)
この電子辞書には、「旺文社 全訳古語辞典」が入っているので、紙の辞書は、「三省堂 全訳読解古語辞典」など、別のものを買うほうがいいかもしれません。

今日は、高校生におすすめの古語辞典をご紹介しました。

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


「キケン」有川浩 

有川浩「キケン」、ようやく読みました。
成南電気工科大学機械制御研究部、略して「機研」。その実態は、とても危険!というわけで、理系男子の大学生活を描いた作品。マンガで描かれた表紙のインパクトが強いです。

もうみなさんも感想書かれているようなので、あらためて書くほどのことはないのですが、さすが有川浩。面白かったです。

学生時代の思い出を妻に語る、という設定は、いらないよなあ、と思いながら読んでいたので、最後はやられました。
きっと妻には語れないようなエピソードがもっといろいろあったんだろうなあ、とか思っちゃいました。

大学祭での「らぁめんキケン」の話が、やっぱり一番面白かったです。
大学時代、懐かしいなあ・・・。

4103018720キケン
新潮社 2010-01-21

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「竜馬がゆく」司馬遼太郎 

「竜馬がゆく」、読み終えました。
一気に読めばいいのに、途中で他の本を読んでいたりして、結構時間がかかってしまいました。京都旅行中も何冊か持っていって読んでいたのですが、読みきることができずに持ち帰ってきたのでした。
テレビドラマと進行状況がずれているので、混乱したり、となんだか間抜けな読書になってしまいました。

坂本龍馬というのは、すごい人だったと、あらためて感じました。
誰もが自分のことや、自分の藩のことしか考えていない時代に、「日本」の国のことを考えた、というのはやっぱりすごい。

龍馬が、今の日本の状況を見たらどう思うだろう、なんて考えながら読んでいました。

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋 1998-09-10
売り上げランキング : 257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫) 竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫) 竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫) 竜馬がゆく〈5〉 (文春文庫) 竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)


大河ドラマの「龍馬伝」も目が離せません。小説との違いも楽しみながら観ています。
岩崎弥太郎役の香川照之、うまいですね~。
吉田東洋役の田中泯もすごみがあります。

俳優さんの名前がわからない時は、こちらを参考にしながら見ています。
4149233535龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
日本放送出版協会 2009-12-19

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

「ボックス!」文庫化!! 

百田尚樹の「ボックス!」が文庫化されました!
これは、私と娘、二人の絶対おすすめの本です。

高校生ボクシングの世界を描いた青春小説。
天才少年と、努力家の少年の二人を、ボクシング部の顧問の教師耀子の目を通して描きます。

中学生、高校生、そして本を読んでいる間だけでも青春を味わいたいあなたにもおすすめ。
ぜひお読みください。

5月には、市原隼人くん主演で、映画も公開されます。こちらも楽しみ。

文庫化されたのを本屋で発見して嬉しかったんで、とりあえず速報です。

4778312058ボックス! 上
太田出版 2010-03-18

by G-Tools

4778312066ボックス! 下
太田出版 2010-03-18

by G-Tools


前に書いた感想はこちら↓
「ボックス!」(百田尚樹)

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

京都旅行のガイドブック 

京都旅行の時に、参考にしたガイドブックをご紹介します。

今回新しく買ったのは、これです。「ギュギュッとつまったコンパクトな旅行ガイド」と表紙にあるように厳選された情報が載っています。エリアごとに、見どころやおすすめのお店、おすすめのお土産などのベスト5が紹介されています。地図の文字も大きめで見やすいのが嬉しいです。

4398123296京都 (Poketa)
昭文社 2009-02

by G-Tools


前から持っていたのが次の2冊。(私が持っているのは、一つ前の版です。)
「たびちょこ京都」は、小さいサイズなのに、情報が山盛り。おすすめルートは徒歩時間の目安も載っています。京都駅の地図はコインロッカーの場所も載っていて、便利。
453307507Xるるぶ たびちょこ 京都 (JTBのMOOK)
ジェイティビィパブリッシング 2009-04-28

by G-Tools


小さいガイドブックは持ち歩きに便利ですが、やっぱり地図は大きい方が見やすい、ということで、こちらも活用しました。
4533077382るるぶ京都’10~’11 (るるぶ情報版 近畿 4)
ジェイティビィパブリッシング 2010-02-01

by G-Tools


そして、仏像の旅のおともは、なんといってもこれ。六波羅蜜寺コースや、千本釈迦堂コースはこの本を参考にさせてもらいました。文庫版なので、カバンのなかに入れても邪魔にならず、仏像の本を一冊だけ持って歩くなら、これがベストです。
4086501465京都、仏像をめぐる旅 (集英社be文庫)
集英社 2008-04-18

by G-Tools


らくたび文庫「京都・魔界巡り」は、タクシーの運転手さんもおすすめしていました。運転手さんたちもいろいろ勉強しているのですね。
490382232X京都・魔界巡り (らくたび文庫)
「らくたび文庫」編集部
コトコト 2008-07

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

京都の旅~その8~壬生寺 

最後に向かったのは、壬生寺です。

「京の冬の旅」特別公開で、壬生寺の本堂が拝観できました。
本堂には、地蔵菩薩像が安置されており、周りには友禅画家あだち幸による幻想的な障壁画が飾られています。
ある程度の人数ごとに、本堂に入れて解説をしてくれました。
壬生寺、といえば、やはり新撰組です。

4167646021壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2
文藝春秋 2002-09

by G-Tools


「壬生義士伝」を思い浮かべながら、壬生寺の境内を歩きました。

壬生寺

すぐ近くに「新撰組 壬生屯所遺跡(八木邸)」もあり、こちらも入場料を払うと、説明つきで見学できます。
芹沢鴨の暗殺現場、鴨居の刀傷などを見ることができました。

八木邸

見学のあとは、京都鶴屋鶴寿庵のお菓子(屯所餅)とお抹茶を頂きました。
屯所餅

これで、今回の京都の旅のレポートは終了です。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。

  → 京都旅行のガイドブック へ


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

【映画】「インビクタス/負けざる者たち」 

Rokoさんのブログ、Roko's Favorite Thingsを読んでから見たくてたまらなかった「インビクタス/負けざる者たち」。ようやく観てきました。

冒頭。道路をはさんで柵のこちら側では、白人青年たちがラグビーの練習にはげみ、柵の向こう側では、黒人の少年たちがサッカーを楽しむ。そんなシーンから始まります。

舞台は南アフリカ。30年近くも牢獄に入れられていたネルソン・マンデラが出所し、大統領になります。
大統領官邸に出勤した初日、荷物を片づけて出て行こうとしていた白人の官僚たちをマンデラは、引きとめるのです。「新しい国を作る仕事を手伝ってくれないか」と。
大統領の護衛担当者が、人手が足りないとぼやいているところへ、やってきたのは白人のシークレットサービスたち。彼らは元公安ですから、黒人たちにしてみれば「敵」。それを排除せずに、一緒に仕事をすることが「融合」の始まり、という大統領の言葉。深いです。

1年後に控えた南アフリカで開かれるラグビーのワールドカップに向けて、弱小のナショナルチーム「スプリングボクス」をどうするのか。黒人たちは、白人=支配者の象徴でもある「スプリングボクス」を憎み、相手チームを応援するという有様。

大統領は、チームのキャプテンを午後のお茶に招待します。二人が語り合ったのは、あきらめないこと、そして、「リーダーのあり方」でした。

もっと語りたいことはあるのですが、これ以上書くと、これから見る人の楽しみが減るので、この辺でやめておきます。
素晴らしい映画でした。機会がありましたら、ぜひご覧ください。

B00322P8QOインビクタス/負けざる者たち (クリント・イーストウッド 監督) [DVD]


by G-Tools


原作本も評判いいですね。読んでみたくなりました。
4140814063インビクタス~負けざる者たち
八坂 ありさ
日本放送出版協会 2009-12-21

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

京都の旅~その7~嵐電と広隆寺 

次は広隆寺に向かいます。ブログ「京都に来るなら…」のTomoko.Tさんに教えてもらった通り、嵐電に乗りました。
嵐電
のんびり走る路面電車。時々赤信号で止まったりと、風情があります。
電車の中で、女の子が運転席をのぞいていた様子がかわいかったので、写真を撮っていたら、隣に座っていたおばさんが話しかけてきました。で、女の子の白いスカートの話に始まって、天候のことや、壬生寺にはどうやって行けばいいか、など話に夢中になっていて、気がついたらひと駅乗り越してました・・・。
とりあえず電車から降りて、どうしよう、と思っていたら、「反対行きのに乗ればいいよ」、とまた別の人が話しかけてくれました。京都の人って親切なんですね。
広隆寺
「太秦広隆寺駅」で降りるとすぐ広隆寺です。広隆寺では、弥勒菩薩半跏思惟像や不空羂索観音立像など、じっくり拝見してきました。

   → 京都の旅~その8~壬生寺

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

【コミック】「テルマエ・ロマエ」 

「テルマエ・ロマエ」を読みました。面白かったです!

一言で言うと、古代ローマの浴場設計技師ルシウスが、現代日本にタイムスリップして、日本の風呂の文化に触れては、それをローマに持ち帰って応用し大流行させる、という話。

基本はギャグ漫画なので、「聖☆おにいさん」を楽しめた方には、おすすめです♪

古代ローマ人のルシウスにしてみれば、日本人は平たい顔の奴隷にしか見えないのですが、日本の風呂のレベルの高さに毎回驚き、プライドを傷つけられたり、日本の風呂のものまねをしているだけなのに、独特な発想と感心されて落ち込んだり、と愛すべき人物です。

単行本は1巻が発売されており、5章とその間に風呂をめぐるエッセイが載ってます。
もうすぐ「月刊コミックビーム」で連載開始されるとのことですが、風呂ネタだけでこのまま続けられるのかな?とちょっと心配です。

なお、題名の「テルマエ」は、風呂のこと。日帰り温泉などの名前にある「テルメ」と同じですね。
実は、題名、うろ覚えで本屋さんに買いに行き、カタカナ7文字・・・で探していましたが、表紙の絵をみてこれだ!と、わかりました。このまま持って歩くのはちょっとはずかしいので、Amazonで購入してくださいね(笑)

4047261270テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
エンターブレイン 2009-11-26

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログへ

京都の旅~その6~霊山記念館 

仏像を堪能した後は、幕末維新の旅です。飴屋さんで道を教えてもらって、霊山記念館へ向かいました。
坂道が結構きつい・・・。

霊山歴史館
幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」は、2010年年間特別展「大龍馬展」を開催中。
龍馬が刺された刀や、龍馬が姉乙女にあてて書いた手紙、龍馬ゆかりの人々として河田小龍の絵なども展示してありました。

隣の霊山護国神社には、幕末の志士たちの墓がたくさん。龍馬の墓には大勢の人が訪れていました。
こちらは龍馬と中岡慎太郎の銅像。
竜馬像
龍馬の墓からは、京都市内が一望できます。
竜馬の墓から京都市内

  → 京都の旅~その7~嵐電と広隆寺
 
↓ブログランキング参加中。ぽちっとしてくれると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

京都の旅~その5~六波羅蜜寺 

なんだか、たった1日半の京都旅行のことを長々と書いています。
すみません。あと少しお付き合いください。

六道珍皇寺の次は、空也上人像を見るべく六波羅蜜寺へ。

六波羅蜜寺

宝物館に入るとすぐ、空也上人像がありました。
口から六体の阿弥陀仏の小像を吐き出している仏像です。
私と他にも何人か(女性ばかり)が、ながめていると、係の人が近づいてきて、
「空也上人さん、目を開けてるって知ってます?」と話しかけてきました。
一見すると目を閉じているみたいですが、ある位置からみると、目を開けているのがわかるのだそうです。
向かって左側の場所で、少ししゃがんで、ということだったので、早速やってみました。
なるほど、目を開けている様子が見えます。

そのほかにも、運慶作「夢見地蔵」の素晴らしさ、法衣のひだの向こうに足の親指が見える、という話などもしてくれました。

受付にいる人は、お金を受け取るだけでなく、学芸員のような仕事もされているのですね。ついでにいくつか質問したら、すべてちゃんと答えてくれました。さすが。

ついでに、幽霊飴屋さんの画像。看板だけ載せておきます(笑)
幽霊子育飴

  → 京都の旅~その6~霊山記念館

↓ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

【DVD】「縞模様のパジャマの少年」 

「縞模様のパジャマの少年」のDVDを観ました。
映画館で観ることができなかったので、レンタル開始をずっと待っていたのです!

第二次世界大戦下のドイツ。
父の昇進で、ベルリンを離れ、田舎に住むことになった父母と姉弟の一家。8歳のブルーノは、近くに友だちもいず、つまらない毎日を過ごしている。
ある日、禁じられている裏庭に入り、森を抜けて探検にでかけたブルーノは、フェンスの向こう側にいる同い年の少年と出会う。二人の間の友情の結末は・・・。

主人公の少年たちの表情、すごいです。
目で語っています。

娘と二人で観ていたのですが、観終わってからも余韻が残り、席を立てず、そのまま特典映像をずっと見てしまいました。
特典映像「製作の舞台裏」によると、時代考証はかなり正確に行ったらしいです。
軍人の家族が、ナチスのやっていることを知らない、というのも現実だったらしい、と知り驚きました。

多くの人に観てもらいたい映画です。

B002STNHNI縞模様のパジャマの少年 [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2010-01-20

by G-Tools


↑Amazonの映画評のなかには、ネタバレしているものがあります。これから観る方は、読まずに観ることをお勧めします。

原作はこちら↓。映画はかなり原作に忠実に作られていました。
4001156237縞模様のパジャマの少年
John Boyne
岩波書店 2008-09

by G-Tools



↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

京都の旅~その4~六道珍皇寺 

「仏像」と「幕末・維新」の京都旅。次の日のメインは、「空也上人像」と竜馬の墓です。
まず、バスに乗って、「清水道」で下車。空也上人像のある六波羅蜜寺に向かう途中、「六道珍皇寺」というお寺がありました。

入ってすぐのところに、六道の辻、という石碑があります。あの世とこの世をへだてる境界、ということで、なんだか妖しい世界になってきました。
六道の辻

六道珍皇寺には、平安時代の歌人、小野篁が冥界へ通ったという伝説の井戸があるのです。井戸は近くでみることはできず、遠くの木戸の隙間から眺めるだけでした。

2010-02-28 09-34-56_0180

閻魔大王像を祭る閻魔堂もありました。どうやら、ここが小野篁がつくったもう一つのえんま堂のようです。千本閻魔堂でお話を聞いた時の謎が解けました。

この近くには幽霊が買いに来た飴屋さん、というのもあり、お土産に買ってきましたよ。
幽霊が赤ん坊を育てるために買いに来たという言い伝えがあり、昔は、やわらかい飴でしたが、今は日持ちがするように固めてあります。味は、数百年前から同じ味だとお店の人が話していました。


        → 京都の旅~その5~六波羅蜜寺 へ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

【児童書】「チームひとり」宮尾 和孝 

小学生の卓球チームをえがいた「チームふたり」「チームあした」の続編が出ました。

「チームひとり」の主人公は、東小に転校してきた双子のかたわれ広海。
前の学校ではダブルスを組んでいた双子の大洋はサッカー部を選んだため、1人で卓球部に入った広海は、先輩の純が卒業後、キャプテンになるが、ダブルスを組む相手が決まらない。
誰にするか、コーチに任せることにするが、コーチの提案は、驚くものだった・・・。

今回は、親の離職、のような大人の事情はあまり出てきませんが、その分、主人公広海の内面に深く迫っているような気がします。

スポーツをやっている小学生におすすめの1冊です。読書感想文にもいいと思います。

前に書いた記事はこちら→「チームふたり」「チームあした」

4052032012チームひとり (学研の新・創作シリーズ)
宮尾 和孝
学習研究社 2009-12-02

by G-Tools


チームふたり (学研の新・創作)チームふたり (学研の新・創作)
宮尾 和孝

by G-Tools


チームあした (学研の新・創作)チームあした (学研の新・創作)

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

京都の旅~その3~釘抜地蔵 

千本釈迦堂の次は、釘抜地蔵と呼ばれている「石像寺(しゃくぞうじ)」に案内してもらいました。
ここは、観光ガイドブックには載っていない小さなお寺ですが、弘法大師が819年に開いたといわれています。本尊の石造地蔵菩薩立像も弘法大師が自ら刻んだとか。

釘抜地蔵_convert_20100306001529

もともとは、苦しみを抜き取るお地蔵様だという事から「苦抜地蔵」と呼ばれていたそうですが、現在は「釘抜地蔵」として、痛みを直してもらうために願をかける人が多く訪れ、治癒した人は、釘抜きとくぎが付けられた絵馬を奉納していきます。
私たちが訪ねた時も、お堂の周囲に隙間なく絵馬が飾られていて、驚きました。新しいものもあれば、次の写真のようにとても古いものも。
釘抜地蔵奉納_convert_20100306001443

当日帰る人が、今回の散策の最初に見つけた近所のうなぎ屋さんでお土産のうなぎを購入。
お店の中をのぞいてみたら、串刺しにされ炭火で焼かれているウナギが、動いています!?
さばかれて串で刺されてもまだ生きているのですね!!
初めてみました。
デジカメを動画モードにしようとしている間に、動かなくなってしまいました・・・
昇天されたようです。

ここで、徒歩の旅は終了。あとは空港へ向かう人もいたので、タクシーで移動。錦市場をぶらぶらしてからホテルに戻りました。


         つづく  
                  →京都の旅~その4~六道珍皇寺

本の感想をお休みしているので、京都旅行ブログランキングに登録してみました。今日は何位でしょうか?
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

京都の旅~その2~北野天満宮、千本ゑんま堂 

京都の旅の続きです。

千本釈迦堂の次は、上七軒を通り、北野天満宮へ。
梅が見ごろで、受験シーズンということもあり、お参りするところは、長蛇の列でした。
我が家は今年は受験生はいませんが、ちゃんとお参りしてきましたよ。

北野天満宮

次に行ったのは、引接寺(いんじょうじ)、通称千本ゑんま堂です。
1人500円で、「えんまさまの特別開帳します」という張り紙があり、せっかくなので、と頼んでみました。
中でお待ちください、というので、座敷に座って待っていると、尼さんが登場。お寺の由来や、えんま大王の話、などをしてくれました。
とっても話が上手な、よくしゃべる方で、同行した人は、小野篁が開いたというもう一つのえんま堂(御所をはさんで反対側にあるという)がどこにあるか、質問したかったのだけれど、話が長くなりそうだから聞かなかった、とのこと。
最後に、とびらをあけてもらって、琥珀でできた目を持つえんま大王の像と対面。
この大きさで、この怖い顔では、昔の人はさぞかし、恐ろしい思いでこの像を拝んだことでしょう。
千本えんま堂

宿に帰ってから、吉田さらささんの「京都、仏像をめぐる旅 (集英社be文庫)」を見たら、えんま様に確実に会うには事前予約が必要、とありました。ふらっと行って、えんま様にも人気の女性住職戸田妙昭さんにも会えた私たちはラッキーなのでした。

   つづく
          → 京都の旅~その3~釘抜地蔵 へ

京都旅行に関するブログをもっと見たい方はこちらをどうぞ↓。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

京都の旅~その1~千本釈迦堂 

出張のついでに、京都・仏像&幕末維新をめぐる旅をしてきました。
少しずつ報告しますね。

職場の上司の紹介で、運よく半日だけ、京都在住の方に案内していただけることになりました。
午後からだったので、まず昼食を、と連れて行ってもらったのが、「キッチンパパ」というお米屋さんがやっているレストラン。日替わりランチ、とろーりチーズのメンチカツ(800円)を頂きました。地元の方が通う店だけあって、美味しかったです。お米屋さんなのに、食事は洋食、音楽はジャズ、という一風変わったお店なのでした。

そして今回のメインの一つ、千本釈迦堂へ向います。
西陣の古くからある街並みを、昔は機織りの音が朝から夜遅くまでしたものだ、なんていう話を聞きながら、歩きました。

千本釈迦堂


千本釈迦堂は、京都最古の木造建築で応仁の乱の時の刀槍のきずあとが柱に残ってることや、建立した時の大工の妻「おかめ」の物語などが有名ですが、私のお目当ては、霊宝殿の仏像たち。
それぞれ違う姿の六観音像と、リアルな造形の釈迦十大弟子像がいらっしゃいました。
たくさんの仏像に出会えて、とっても満足なのでした。

(京都の話、続きます) →京都の旅~その2

京都旅行に関するブログをもっと見たい方はこちらをどうぞ↓。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

本の感想のブログはこちらへ↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ