「人生がときめく片付けの魔法」その後 

近藤麻里恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んで、家の中の片付けを始めた話を前に書きました。
今日はその後の経過をご報告します。

2回の地震で家の中のモノが散乱した我が家。どうせ片付けるなら、とこの本を参考にして「祭りの片付け」を始めました。
著者のこんまりさん、こと近藤麻里恵さんによると、「片付けは祭りであって、毎日するものではない」ということ。
一気に、短期に、完璧に、まずは「捨てる」を終わらせる、とあり、5月の連休の多くを費やして、片付けやってました。

捨てるものを選ぶのではなく、残すものを選ぶ。
残す基準は、「触ったときにときめくか」ということ。
要するに、お気に入りのものだけ残し、もらいもので気に入らないデザインのものや、安かったからつい買っちゃったもの、古くなって使っていないものなどは、残さない。
残さないもので、まだ使えそうなものは、フリーマーケット用に、そうでないものは、ゴミ袋へどんどん片付けました。

「片付けの順番も大切」「同じカテゴリーのモノは、まとめて一気に判断すること」
順番は、多くの家の片付けレッスンをしてきた著者の経験上、正しい順番があるのだそうです。
はじめに、衣類、次に本類、小物類、そして最後に思い出品。
この順番を守ることが大切なのだとか。

私も自分の衣類から始めましたが、そのうち娘も参戦し自分の衣類を片付け始めました。
次の本類は、多すぎてまだ途中ですが、残す本、古本屋に売る本、廃品回収に出す本、と分けていきます。

本類と並行して、台所も片付け。
こちらも不要な品が出てくる、出てくる・・・。
いらないものを捨てたらだいぶすっきりして、在庫が一覧できるようになり、とても快適になりました。

今までは、モノの定位置が決まっていないために在庫がまだあるのに、安売りしているとつい買ってしまうことがしばしば。いろんなものを溜め込んでいました。この本では、「必要最小限のストックに絞ること」とあります。
ただ、今回の震災では、ストック品が多くあったことでだいぶ救われました。一番あってよかったのが「水」。保存のきくペットボトルの水が2L×6本の箱が3個、しまいこんであり、断水になってからも飲み水や料理用の水として重宝しました。他にラップ類もお皿にしいて使ったり、と使用量が増えましたが、在庫がたくさんあったので、問題なし。紙コップや割り箸、缶詰、保存食なども役立ちました。流通が回復してふつうに買い物できるようになるまで、なんとかなりました。
というわけで、なんでもこの本のとおりに進めてきましたが、ストックの量だけは、最小限ではなく適正な量にしよう、と思ってます。

きのうは、学生時代から持っていた古いタンスをようやく粗大ごみに出しました。(粗大ごみは2週に1度なので、タイミングを逃すとなかなか捨てられないのです)
自分の部屋が広くなって、すっきり。
これで部屋の奥の収納スペースにしまいこんである段ボールに入った本を取り出せるようになります。2階に重いものがあると地震のたびに心配なので、これらを処分したいのです。
古過ぎる本は古本屋でも引きとってくれないので、次の廃品回収の日までに片付けよう。

というわけで、祭りの片付けの途中経過でした。
モノを捨てるときの心構え、片付けの順番、収納の基本、などとっても参考になる本です。ブログではほんの一部しか紹介できていません。
家の中を何とかしたい、という方は、ぜひ本書をじっくり読んで、「祭りの片付け」に取り組んでみてください。

人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵

サンマーク出版 2010-12-27
売り上げランキング : 23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【コミック】「もやしもん(10)限定版」 

震災前に予約した「もやしもん(10)限定版」。
届かないかと思っていましたが、なんと発売して数日後3月末には届いていました!
前にも書きましたが、10冊目の限定版は、読者への感謝を込めて通常より安い300円のペーパーバック仕様。
内容は、長谷川に連れられて、外国の地に降り立った沢木たち一行の珍道中。
いろんな出会いもあれば、いつもどおりのうんちくもあり、楽しめました。

もやしもん(10)限定版 (KCデラックス)もやしもん(10)限定版 (KCデラックス)
石川 雅之

講談社 2011-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本棚に同じ大きさで並べたければこちらの通常版をどうぞ。内容は同じです。
もやしもん(10) (イブニングKC)もやしもん(10) (イブニングKC)
石川 雅之

講談社 2011-03-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

高校生におすすめの英和辞典 

ご無沙汰しています。
ブログの更新がなかなかできずにいましたが、心配してメールをくださる方もいましたので、とりあえず少しずつですが、復活してみたいと思います。

近所の書店が、まだ閉店したままなので、本を買うのはもっぱらAmazonです。
最近買ったのは、「ウィズダム英和辞典」。
娘用に以前買ったのですが、学校に一冊置いているので、家用にもう一冊ほしい、と言われ購入。
学校でも、塾の先生にもこれがおすすめ、と言われているとのことでした。

ウィズダム英和辞典ウィズダム英和辞典
井上 永幸

三省堂 2006-10
売り上げランキング : 2339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


高校一年生になった息子用の英和辞書は、「プラクティカル ジーニアス英和辞典」を買ってみました。
英語がそれほど得意でないので、最初はこれでいいかな、と。
例文に英語のジョークが紹介されているので、楽しめるのではと思い選びました。
たとえば・・・

"What do you call a fish with no eyes?"
"A fsh."
「目がない魚を何と呼ぶ?」「フシュ」《eye と(アルファベットの)iのとのしゃれ》

という感じで、英文を読まないと訳だけ読んでもわからないようなジョークが載っています。

プラクティカル ジーニアス英和辞典プラクティカル ジーニアス英和辞典
小西 友七

大修館書店 2004-11
売り上げランキング : 218519

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「人生がときめく片づけの魔法」近藤 麻理恵 

「人生がときめく片づけの魔法」という本を読みました。
連休中は、この本を参考にしながら、家の中の片付けをしています。

この本に書いてあるとおりにすると、なんだか家の中が見違えるように片付いて、リバウンドしないということなので、試してみているところです。(まだ途中です)

収納のノウハウにこだわる前に、まず「捨てる」を終わらせる、ということ。
モノを残す基準は、触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうか。
場所ごとにではなく、同じカテゴリーのモノは、まとめて一気に判断する。
など、これまでの収納本や整理術の本とは、だいぶ違う発想です。
片付けの順番も決まっていて、経験上、衣類から初めて、思い出の品は一番最後にするといいそうです。

捨てたあとの収納の方法については、イラストがあるともっと親切なのに、と思い、動画で収納の方法を説明している電子書籍のほうも購入しちゃいました。

家の中が片付かない、という方、ぜひこの本を読んで試してみてください。

4763131206人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵
サンマーク出版 2010-12-27

by G-Tools

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ