「夜の光」坂木司 

坂木司「夜の光」を読みました。

帯の紹介文に「夜を駆ける孤独なスパイたちを描く、オフビートな青春小説。」と書いてあるのをチラッと見て、スパイ小説かと勘違いして買ってきたのでした(笑)

自分の将来の夢のため、今いる場所から脱出するため、本来の自分を隠して、別の姿を装っている高校生。
天文部に所属する4人は、夜の学校の屋上で、語り合い、支えあう。

4人それぞれの立場から描いた短篇が4つと後日談の5話からなる連作短編集でした。

米澤穂信や大崎梢のような日常の謎も登場しますが、ミステリ色はそれほど強くないです。

夜の光 (新潮文庫)夜の光 (新潮文庫)
坂木 司

新潮社 2011-08-28
売り上げランキング : 51442

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【コミック】「きのう何食べた?(5)」 

そろそろ新刊出る頃じゃない?娘に言われ、チェックしてみたら、なんと発売日が9月23日!
というわけで、さっそく本屋さんに走り、買ってきました。

「きのう何食べた?」は、40代のゲイカップル、弁護士のシロさんと美容師ケンジの日常を描きつつ、シロさんが作る料理のレシピも紹介するという一粒で二度おいしいコミック。

今回は、あらたな登場人物もあり、さらに笑わせてくれます。父母との関係も進展。
この漫画の良さは、マイノリティの人々の生活の苦労をリアルに書いているところにあるのだなあと気付かされました。

「オネエは入ってないが*****が入ってるんだよ あの人は」のセリフに納得(笑)

きのう何食べた?(5) (モーニングKC)きのう何食べた?(5) (モーニングKC)
よしなが ふみ

講談社 2011-09-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「風と木の詩」、少女コミックで連載中に読んでました。
なつかし~。

風と木の詩 (1) (中公文庫―コミック版)風と木の詩 (1) (中公文庫―コミック版)
竹宮 惠子

中央公論新社 2002-07
売り上げランキング : 127095

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「県庁おもてなし課」有川浩 

有川浩「県庁おもてなし課」を読みました。

高知県への愛情あふれる1冊でした。有川浩って高知県出身だったんですね!
読みながら、縦割り行政の中での公務員の働きづらさや、高知県のおかれた状況と自然あふれる環境の魅力などいろんなことを知ることができます。
恋愛要素は、若い4人のそれぞれのじれったい行動に、有川浩ワールドを楽しめました。

県庁おもてなし課県庁おもてなし課
有川 浩

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-29
売り上げランキング : 2980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「シティ・マラソンズ」三浦しをん 近藤史恵 あさのあつこ 

「シティ・マラソンズ」は、三浦しをん、近藤史恵、あさのあつこという実力派の3人の作家たちがマラソンをモチーフに描いた小説集。
三浦しをん、近藤史恵という大好きな作家さんの小説とあれば読まずにはいられません。

三浦しをん「純白のライン」
社長命令で、社長の娘の真結のお目付け役として、ニューヨークのシティマラソンに突然出場することになった広和。
走ることを純粋に楽しむニューヨークシティマラソンで彼が得たものは。?

あさのあつこ「フィニッシュ・ゲートから」
高校時代は期待された長距離選手でありながら挫折し、ランニングシューズメーカーで働く悠斗。
その友人で、学生時代は控えの選手だったけれど、東京マラソンに挑む湊。
「おまえは、いつまで経っても中途半端やな」と上司に言われた悠斗が、選んだのは・・・

近藤史恵「金色の風」
バレエの才能に見切りをつけ、フランスに語学留学した夕(ゆう)。
犬を連れた女性との出会いの中で自分の人生を考えなおすことに。
帰国前に思い出としてパリマラソンを走る。

どの作品も、もっと長く読んでいたい、と思わせられます。
競作というのは、どの作家もライバルに負けまいと力が入ってますね。
どれが一番好きか選べと言われても迷ってしまいます。

シティ・マラソンズシティ・マラソンズ
三浦 しをん 近藤 史恵 あさの あつこ

文藝春秋 2010-10
売り上げランキング : 117173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「グッバイ・ヒーロー」横関 大  

しばらく更新できないでいましたが、ようやく復活しました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

今日は、横関 大の「グッバイ・ヒーロー」をご紹介します。
困っている人をみたら、助けずにはいられない性分の伊庭亮太。
かれは宅配ピザのバイトをしながら、ロックバンドの活動をしておりデビューしたいという夢を持っている。
ある日、彼を指名でピザの配達を依頼してきたのは、拳銃を持ってスナックに立てこもった犯人だった!

伊庭と絡むのは、犯人に人質にされた男ジロー。
彼に助けを求められた伊庭は、次々と面倒なことに巻き込まれていく・・・。

読み始めは、ピザの宅配をしながら、いろんな事件に出会っていく連作短篇かな?と思いましたが、そうではなくノンストップのハードボイルド小説でした。
好感の持てる主人公の青年の生き方に、読後感も爽やかです。

グッバイ・ヒーローグッバイ・ヒーロー
横関 大

講談社 2011-05-18
売り上げランキング : 94154

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ