「このミステリーがすごい! 2012年版」 

「このミステリーがすごい! 2012年版」を買いました。
年末恒例のランキング本です。読書家たちのアンケートの集計によるランキングなのですが、ベスト10はどれも未読でした・・・。
それぞれの本の紹介を見ると、どれも面白そう。
とりあえずベスト3は読んでみようと思いました。

その他、人気作家60名の「私の隠し玉&B級グルメ」や、海堂尊、佐藤青南、喜多喜久など「このミス」大賞作家の短篇小説も載ってます。

このミステリーがすごい! 2012年版このミステリーがすごい! 2012年版
このミステリーがすごい! 編集部

宝島社 2011-12-10
売り上げランキング : 466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ランキング1位はこちら。高野和明の「ジェノサイド」です。
ジェノサイドジェノサイド
高野 和明

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-30
売り上げランキング : 82

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2位は米澤穂信「折れた竜骨」。これも早く読みたい。
折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
米澤 穂信

東京創元社 2010-11-27
売り上げランキング : 2730

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海外編1位の「二流小説家」も気になります。
二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
デイヴィッド・ゴードン 青木千鶴

早川書房 2011-03-10
売り上げランキング : 845

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「ラブ・ケミストリー」喜多喜久 

「ラブ・ケミストリー」(喜多 喜久)を読みました。

有機化学を先行する大学院生藤村桂一郎は、「目的の物質の構造式を見るだけで、最適な合成ルートが閃く」という才能を持っていましたが、研究室に秘書としてやってきた真下美綾に一目惚れ。その後、才能を失ってしまいます。
失われた能力を復活させてあげる、と登場した謎の黒衣の女性カロン。
藤村の初恋は行方は?失われた才能は戻るのか?

東大農学部の有機化学の研究室が舞台のラブコメにちょっぴりファンタジーとミステリの要素も入って、となんだか一粒で3度おいしい軽めの小説でした。
著者は東京大学薬学部薬学研究科修士課程修了で現在大手製薬会社の研究員として勤務しているそう。
ご自分の得意分野の有機化学を舞台にした小説だけあって、研究室の日常や理系男子の生態が描かれ興味深いです。

ラブ・ケミストリーラブ・ケミストリー
喜多 喜久

宝島社 2011-03-04
売り上げランキング : 86487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

more

「偉大なる、しゅららぼん」万城目 学  

万城目学「偉大なる、しゅららぼん」を読みました。

これまで、京都、奈良、大阪と来て、今度は琵琶湖=滋賀が舞台です。
不思議な力を持ち、その力を利用して権力をもつ日出一族。その一人である少年涼介は、高校生になったら琵琶湖の対岸にある本家から高校に通いながら修行をすることになります。
本家の人々は、周囲には堀があるほんものの「城」に住んでおり、学校には水路を通って小舟で通います。
本家の長男、日出淡十郎は、赤が好きだから、と赤い学生服を着ているし、淡十郎の姉、清子は、白馬で散歩するが、城の外には出ない「ひきこもり」。その他にもユニークな人ばかり。
高校の同級生には、同様に超能力をもつライバル一族である棗一族の一人もいる。
あり得ないことばかりなのに、情景がありありと浮かぶのは、万城目学の筆力がなせる技ですね。

奇想天外なストーリーで読書の醍醐味を味わえる一冊でした。

偉大なる、しゅららぼん偉大なる、しゅららぼん
万城目 学

集英社 2011-04-26
売り上げランキング : 14905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

【コミック】「テルマエ・ロマエ IV」 

「テルマエ・ロマエ」の新刊が出ました!

古代ローマの浴場設計技師ルシウスが主人公のこの漫画、そろそろネタ切れじゃないかと、毎回思わせておいて、4巻目になりました。
いつもは、課題をかかえたルシウスがタイムスリップして現代日本にやってきては、日本のお風呂文化に触れてヒントを掴んで帰って成功する、というパターンでしたが、今回は、課題が大きすぎたせいか、日本から帰れなくなってしまいます。
ラテン語を話せるヒロインも登場し、住み込みで働くことにより。、日本の温泉文化にさらにどっぷりとつかることになるルシウス。
まだまだ続くのですね。

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)
ヤマザキ マリ

エンターブレイン 2011-12-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「名言・格言日めくりカレンダー」 

毎年、トイレ用に日めくりカレンダーを購入しています。
来年の分は、今年と同様、「名言・格言日めくりカレンダー」にしました。

これは、高橋書店が毎年応募している、「思わず手帳にメモしたくなった名言・格言」を一日一枚の日めくりカレンダーにしたもの。すべてに味のあるイラストがついています。
有名人の名言・格言とは違って、思わず笑ってしまう子どもの一言や、あるある~と同感するもの、目からウロコの発想の転換、といろんな文章を日替わりで楽しめます。
今日届いたのですが、先に見てしまうと、毎日めくる楽しみがなくなるので、見ないでおきます。

ことわざや四字熟語のカレンダーにしていた時期もあるのですが、毎日違う文章を楽しめる「名言・格言日めくりカレンダー」が一番です!

2012年版 E501 名言・格言日めくりカレンダー B5サイズ2012年版 E501 名言・格言日めくりカレンダー B5サイズ

高橋書店 2011-09-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もっと笑いを求める方は、こちらをどうぞ。ただし、下ねたもありなので、小さいお子さんがいるうちでは、控えたほうがいいかも。
御教訓 2012年カレンダー御教訓 2012年カレンダー

トライエックス
売り上げランキング : 5348

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「四龍海城」乾ルカ 

乾ルカというのはなんだか気になる作家で、見つけると読んでしまいます。「四龍海城」も、乾ルカならではのファンタジー作品。

肉眼では見えるのに地図には載っていない、海の中に建つ塔のような建造物。近づくと神隠しにあう、と海岸に近寄ることは禁じられていた。
吃音のため、人と話すのが苦手な健太郎は一人で海岸にいて、塔に近づき、さらわれてしまう。
「出城料(シュツジョウリョウ)を払いなさい」と門番の老人に言われるが、持っていないため、戻れなくなってしまう。

城の中にいるのは、「城人」とよばれ無表情で働く人びとと、健太郎と同じようにさらわれた人びと。
健太郎は、同じ境遇の少年貴希と出会い、城の秘密を探り始める。
定時に流れる社歌と呼ばれる謎の音楽。
出城料と龍眼、イヤホン、そして耳栓以外は何でも売ってる売店。
どうやったら出られるのか。だんだん無気力になって城人にされるのを食い止めるにはどうしたらいいのか。
後からやってきた関という大学生も加わり、3人で行動していく。

少年二人の関係がいいですね。
表紙も二人です。

乾ルカの不思議な世界を堪能できる一冊でした。

四龍海城四龍海城
乾 ルカ

新潮社 2011-07
売り上げランキング : 37498

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「GetNav増刊 モノホン 2011年 12月号」 

「GetNav増刊 モノホン 2011年 12月号」という雑誌を、文房具好きの家族が買って来ました。
機能派修正テープが付録としてついて690円とお買い得です。

内容は、すべて文房具!
いろんな新製品や珍文具、こだわりの文房具、と見ているだけで楽しいです。
草の形をした付箋や、マインドマップにおすすめという筆touchサインペンなど、あれこれ欲しくなってしまいました。

ちなみに、私のお気に入りの文房具は、「プリズムポイント」という水性ペン。ガラスペンのようなペン先がおしゃれで、色もきれいで書きやすいのです。売っているお店が少ないので、見つけると買いだめします。

GetNav増刊 モノホン 2011年 12月号 [雑誌]GetNav増刊 モノホン 2011年 12月号 [雑誌]

学研マーケティング 2011-11-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「ホテルパラダイス銀河」加藤実秋 

加藤実秋「ホテルパラダイス銀河」を読みました。

経済的理由で大学進学を諦めようとしていた西島京志は、東京・上野のビジネスホテルに住み込みで働くことを条件に援助してもらえることになります。
ホテルの支配人、そして同僚、客たちも個性豊かな人ばかり。京志は、次々持ち込まれるトラブルの解決の手伝いをするはめになります。

「池袋ウエストゲートパーク」とは雰囲気は違いますが、トラブルをみんなで解決していく様子は痛快だったり、ハラハラドキドキだったりします。ラストには、ホテルのオーナーの謎が明かされちゃうので、続編はないかも。

ホテルパラダイス銀河ホテルパラダイス銀河
加藤 実秋

講談社 2011-03-24
売り上げランキング : 162901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


同じ著者のこちらのシリーズは、娘の本棚にあるので、今度借りてみようかな。
インディゴの夜 (創元推理文庫)インディゴの夜 (創元推理文庫)
加藤 実秋

東京創元社 2008-03-11
売り上げランキング : 58355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「フェルメールの闇」田中 純 

先日、「フェルメールからのラブレター展」を観てきました。フェルメールはたった3点でしたが、日本にいて本物を見ることのできる幸せを感じました。フェルメールと同時代のオランダの画家たちの作品もいろいろ展示してあってこちらも楽しめました。

フェルメール関連の本を探していたら、「フェルメールの闇」(田中 純)を見つけたので、読んで見ました。
ミステリなのですが、各章のタイトルが「小路」「絵画芸術」、、、というように、すべてフェルメールの作品の名前から取られており、小説自体も、フェルメールの未発見の作品や贋作がテーマになっています。
ミステリを読みながら、フェルメールの作品や歴史、贋作と模写などについての知識を得ることができる、という一粒で二度おいしい作品です。

フェルメールの闇フェルメールの闇
田中 純

マガジンハウス 2000-01
売り上げランキング : 337336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上記の本を読むのに、こういうのを手元において作品の写真を見ながら読むとより楽しめるかと。
フェルメール  ――謎めいた生涯と全作品  Kadokawa Art Selection (角川文庫)フェルメール ――謎めいた生涯と全作品 Kadokawa Art Selection (角川文庫)
小林 頼子

角川グループパブリッシング 2008-09-25
売り上げランキング : 12389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらも気になります。
フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版)フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版)
朽木 ゆり子

集英社 2006-09-15
売り上げランキング : 22352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

「ホテルジューシー」坂木司 

坂木司の「ホテルジューシー」を読みました。

卒業旅行の資金稼ぎのために、夏休みに石垣島のプチホテルでの住み込みのバイトをすることにした柿生浩美。
世話好きで家事もばっちりの彼女にとって最適のバイトだったが、1週間経って、宿の主人夫妻に頼み込まれ、那覇のホテルに手伝いに行くことになる。
見た目にはホテルとはわからない、裏通りにある長期滞在者向けの安宿「ホテルジューシー」。
ここで出会った客たちと、不思議な出来事。

坂木司らしい日常のミステリ&青春小説です。それに加えて、沖縄の人々や、沖縄料理、沖縄の風を感じることができる1冊でした。

ホテルジューシー (角川文庫)ホテルジューシー (角川文庫)
坂木 司

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-09-25
売り上げランキング : 78583

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公の友人が同じ時期に歯医者さんでアルバイトする話はこちら。
シンデレラ・ティース (光文社文庫)シンデレラ・ティース (光文社文庫)
坂木 司

光文社 2009-04-09
売り上げランキング : 143441

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ