犬好きの人におすすめの小説「シャルロットの憂鬱」(近藤史恵) 

近藤史恵の「シャルロットの憂鬱」を読みました。

不妊治療をあきらめた夫婦が、犬を飼うことにしました。初心者なので、子犬よりは、と紹介されたのが、もと警察犬のシャルロット。ジャーマンシェパードの女の子です。
夫婦にかわいがられ、近所の犬を飼っている人たちと関わったりする中で、次々と起きる小さな事件。
悪意のある人間も少しは登場するけれど、殺人などは起こらないので、そういうのが苦手な人でも安心して読めるミステリーです。
犬好きな人にはたまらないです。(ちなみに猫も登場します!)
わが家には小さな動物たちはいるけれど、犬はいないので、実家で飼っていた犬のことを思い出しながら読んでいました。

シャルロットの憂鬱シャルロットの憂鬱
近藤 史恵

光文社 2016-10-18
売り上げランキング : 118107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


近藤史恵は他にも犬が登場する小説を書いています。
「さいごの毛布」は老犬ホームが舞台の小説。こちらもおすすめです。
さいごの毛布 (角川文庫)さいごの毛布 (角川文庫)
近藤 史恵

KADOKAWA 2016-10-25
売り上げランキング : 13917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


他に犬を愛する作家といえば、馳星周ですね。
ソウルメイト (集英社文庫)ソウルメイト (集英社文庫)
馳 星周

集英社 2015-09-18
売り上げランキング : 89890

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最後にもう1冊だけ。
犬が出てくる小説の中でも、稲見一良の「セントメリーのリボン」は絶品です。
セント・メリーのリボン (光文社文庫)セント・メリーのリボン (光文社文庫)
稲見 一良

光文社 2006-03-20
売り上げランキング : 106307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

掃除用品の評価はこれ⇒MONOQLO(モノクロ) 2017年 02 月号 

年末の大掃除前に、「ズルい!ホムセン掃除術。」という特集の雑誌を見つけました。
MONOQLO(モノクロ) 2017年 02 月号です。

ホームセンターや百円ショップで売っている掃除用品を集めてテストして評価した結果が載っています。
これは参考になる!とホームセンターに行って探してみましたが、近所のホームセンターでは見つからず、遠くまで探しにいって買ってきたものもあります。

MONOQLO(モノクロ) 2017年 02 月号 [雑誌]MONOQLO(モノクロ) 2017年 02 月号 [雑誌]

晋遊舎 2016-12-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この雑誌を読んで買ってみたのはこちら。
リンレイ 換気扇レンジクリーナー 330mlリンレイ 換気扇レンジクリーナー 330ml

リンレイ 2007-06-18
売り上げランキング : 29307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

去年の大掃除には間に合わなかったので次回使います。効果はどれほどでしょうか。

こちらはホームセンターよりアマゾンのほうが少し安い。
ユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー 抗菌 ホワイトユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー 抗菌 ホワイト

山崎産業
売り上げランキング : 1825

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お風呂のカビ取りは、中央樹脂ケミカルの「スパイダージェル」2360円が一番おすすめだけれど、次に洗浄力が高い花王「強力カビハイターハンディスプレー」287円はコスパがいいそうです。
TVで話題! スパイダージェル 【浴室用カビ取りハイター】TVで話題! スパイダージェル 【浴室用カビ取りハイター】

中央樹脂ケミカル株式会社
売り上げランキング : 104453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この雑誌を参考に、評価の高い洗剤を試してみよう!となんだかお掃除が楽しみになりました(笑)

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「はなとゆめ」(冲方丁) 

冲方丁の「はなとゆめ」を読みました。

「枕草子」はなぜ書かれることになったのか。
清少納言はどんな立場で宮中にいたのか。
平安時代の貴族たちの華やかな暮らしと、きびしい権力闘争。
そんなことが描かれています。

人が気が付かないことに目を向け、それを文章にした清少納言。
意外と引っ込み思案だったのね、などと親しみやすく感じる場面もありました。

長く読み継がれることになった「枕草子」。
学生時代には読んだけれども、今読み返したらまた違う感想を持つのかもしれません。

受験勉強の合間に、この本を読むと、古典や日本史がより身近に感じられるようになると思います。

はなとゆめ (角川文庫)はなとゆめ (角川文庫)
冲方 丁

KADOKAWA/角川書店 2016-07-23
売り上げランキング : 16998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村