FC2ブログ

「やっぱり、それでいい」(細川貂々、水島広子) 

「やっぱり、それでいい。~人の話を聞くストレスが自分の癒しに変わる方法~」を読みました。

前作「それでいい。」で、自分の中のネガティブ思考との付き合い方を、精神科医水島広子先生に学んだ細川貂々さんが、今度は、人との関わり方を学びます。

人の話を「聞く」と疲れてしまう。
それは、相手のためにならなくちゃ、と思って、「自分が何をしてあげられるかな?」「どういうアドバイスをしたらいいかな?」と自分の思考をしているから。
自分の考えは置いておいて、相手の現在に集中すること。
それが、「聞く」のではなく「聴く」ということ。

相手の話の中身を評価しないで、聴くことが大事なのかな。

自分のことを振り返ってみると、相手のために良かれと思って、「アドバイス」してしまうことがあります。
でも、「アドバイス」されることって、自分のやっていることを否定されているわけだから、言われている方は面白くない、って書いてあって、反省させられました。
気を付けよう・・・

本書では、「話の聴き方ワークショップ」の様子が紹介されています。
みんなで輪になって一人5分ずつ話をして、それを「聴く」練習をします。
ひたすら「雑念」を横において相手の現在だけに集中します。

「聴く練習」応用編では、同じ話を2回違う姿勢で聴いてもらいます。1回目は相手のために聞く(アドバイスしようと思って聞く)、2回目は自分のために聴く(自分の心が穏やかでいられるために、相手の現在だけに集中して聴く)
聞く人の姿勢によって、話す人の感じ方が違うのを実感する、というもの。
これ、面白いですね~。

さらに、ワークショップ後に出てきたいくつかの疑問に水島先生が答える、という場面もあります。
「重い話は重く聞かなければならない」というのは迷信。しんどい話もほのぼのと聴いちゃってよい。
「なるほど」のポイントがくるまでは、とにかく聴く。
「怒っている人」は「困っている人」だから、これも「ただ聴いてあげる」が正解。
ほかにもいろいろ書いてあって、参考になりました。



やっぱり、それでいい。
細川 貂々 水島 広子
創元社
売り上げランキング: 9,163


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村