FC2ブログ

「月まで三キロ」(伊予原新) 

「月まで三キロ」を読みました。

伊予原新という初めて読む作家さんの本です。
帯に「かつてない感動! 科学のきらめきが人の気持ちを結ぶ六篇の物語」と書いてあり、どんなお話だろう、と興味をもって手に取りました。科学と小説、といえば、「パラサイト・イヴ (新潮文庫)」とかのイメージがありますが、この本はいい意味で裏切られました。

どのお話にも、理系の話題が出てくるのですが、メインは人の心の機微を描いていて、せつない感じの話が多かったです。
それほど幸せじゃない人たちが、科学の世界の端っこに触れる中で、ちょっと人生が変わっていく。
読んでよかった、と思わせる一冊でした。

月まで三キロ
月まで三キロ
posted with amazlet at 19.10.13
伊与原 新
新潮社
売り上げランキング: 19,881



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 



「やさしい日本語」で観光客を迎えよう~インバウンドの新しい風~ 

「『やさしい日本語』で観光客を迎えよう~インバウンドの新しい風~」を読みました。

日本に来た観光客に、もっと日本語で話しかけてみよう、という本。
外国人だから、英語で話さなくてはならない、ということはないのですね。
そもそも外国人がみな英語を母国語とするわけでもないし、日本に来る観光客は日本に興味があってきているわけだから、多少の日本語は勉強してきている人たちもいるのです。

彼らに話しかけるには、「やさしい日本語」が必要。
やさしい日本語のコツは「ハ・サ・ミ」。っきりと、いごまで、じかい文で話す、という最低限のコツの頭文字です。

単語を選ぶときは、「和語」を選ぶ。このほうがやさしいのだそうです。
語尾ははっきりと。むずかしい敬語はつかわずに「です・ます」で話します。

以前、日本語学校の教師の方が書いた本を読んだときに、生徒に求められて通訳として立ち会うときに、生徒の国のことばではなく、日本語で言い換えてあげる、という話を読んだのを思いだしました。これが「やさしい日本語」だったのですね。

「やさしい日本語」に言い換えた例
 「おひとつ」⇒「1個」
 「何名様ですか?」⇒「何人ですか?」
 「お選びいただけます」⇒「選べます」 
 「~でございます」⇒「~です」
 「ございます」⇒「ないです」
 「お待ちください」⇒「待ってください」など。

なるほど~。

私の職場には観光客は来ませんが、たまに外国の方の対応を求められることがあります。
日本語が少しわかる、という方に対して、ついいつものように敬語を使って話していますが、分かってもらえない可能性があるということですね。
この本にあるような「やさしい日本語」をもっとみんなで学んでいけたらなあと思いました。

「やさしい日本語」で観光客を迎えよう—インバウンドの新しい風
加藤 好崇
大修館書店
売り上げランキング: 63,190


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

「無料タロット占い講座」のご紹介 

タロットの無料講座を受けています。

タロットというと、「死神」のカードとか、怖そうなイメージありませんか?

他にも「塔」とか「吊るし人」とか、一見すると不吉な絵の書いてあるカードが有名です。

でも、タロットを学び始めて、印象がすっかり変わりました!

今持っているものを手放す、という意味だったり、リセットして新しいことを始める、という意味だったり、
必ずしもネガティブじゃないというのが発見でした。

未来を当てて依存させる占い師ではない、新しい占い師像を提唱しているのがこの講座のすごいところです。

興味のある方はぜひ、下記をご覧になってみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

https://sp.iroironoiro.life/free-tarot_sh4

次回の講座の申し込みの受付中だそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この講座の講師のかげした真由子さんの書いた本はこちら↓

占い好きが幸せになれない理由
かげした真由子
マガジンランド
売り上げランキング: 270,343


こちらもおすすめです!


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村