「プリンセス・トヨトミ」万城目学 

万城目学の「プリンセス・トヨトミ」を読みました。

大阪を舞台に、ある「秘密」をめぐってスケールの大きなストーリーが繰り広げられます。
主要登場人物も、キャラクターが濃くてインパクトが強い人ばかりです。
ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」で、マキメワールドを楽しんだ方なら、きっと楽しめることでしょう。

大阪が地元の人が読んだら、土地勘があってもっと面白かったのでしょうね。

京都、奈良、大阪・・・と来て、次はどこに不思議な世界を構築してくれるのか、楽しみです。

416327880Xプリンセス・トヨトミ
文藝春秋 2009-02-26

by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

関東出身の私には京都で学生がオニで競技をやることも、鹿が話ができるのも、大阪にこんな「秘密」があるのも、なんだかありえそうに思えてしまいます。
お堅い国の機関である会計検査院がかかわってくることで、いっそう設定がリアルになるのですよね。次の万城目ワールドも楽しみです。

日月さんへ

日月さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。
荒唐無稽な物語ばかりで、つっこみどころもいろいろあるのに、次が読みたくなる不思議な魅力のある作家さんですね。
次回作、私も楽しみにしています。

いつもありがとうございます

大阪精神のようなもの
単に「お笑」ではないを感じてとっても面白く読みました
ご紹介ありがとうございました

かよりんさんへ

かよりんさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。
大阪の人たちのパワーって、すごいなって思います。この本のような出来事も大阪なら、と思わせてしまいます。

プリンセスを秘密裏に守る人たち、というと、「ダヴィンチコード」に通じるところもありますね。

こんにちは。

これ、読みたくてずいぶん前に図書館にリクエストしたのですが、まだ100人以上の待ちです。

ああ、早く読みたいなあ。
(実は相方が大阪人。わたしは京都です)

  • [2009/11/18 21:12]
  • URL |
  • ゆらゆらゆるり(s)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ゆらゆらゆるい(s)さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。
100人以上の待ちって、すごいですね。順番来る前に文庫化されちゃいそうです。
早く順番が回ってくるといいですね。
読んだら感想教えてくださいね。関西の方の感想、ぜひ聞きたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1007-2c9cbb41