「GOSICK ―ゴシック―」 桜庭一樹 

桜庭一樹の「GOSICK ―ゴシック―」を読みました。

桜庭一樹さんというのは、なんだか気になる作家で、「ファミリーポートレイト」は読んだのですが、重厚な物語の迫力に負けて感想も書けずじまい。

一方、「GOSICK ―ゴシック―」は、題名の通り(スペルは違うが)ゴシック・ロマンスの趣のある軽めのミステリー。
舞台は19世紀初頭ヨーロッパのソヴュールという架空の小国。名門校、聖マルグリット学園に留学した久城一弥と、わけありの美少女ヴィクトリカのコンビが、謎の事件を解決します。
貴族の子弟の実が通う名門校、石造りの豪奢な校舎、大図書館の上の秘密部屋にいる美少女、、あやしげな占い師、そして豪華客船での殺人事件、とそのまんま少女漫画の世界、と思ったら、すでに漫画化されていたのですね。

中高生の読書におすすめの一冊です。

4044281068GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-09-25

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

牛くんの母さん、こんばんは(^^)

この本、Ⅱもでてるんですね。
今日 本屋さんでみつけました。
Ⅰがあったら買おうと思ったけど
Ⅱしかなかったので 今日は保留にしてきました。
とてもおもしろそうなので
今度ⅠとⅡをまとめて買いたいなぁって思ってます。

五月うさぎさんへ

五月うさぎさん、こんばんは~。
Ⅱは、11月25日に発売になったばかりなんですね。まだみつけていません。
富士見ミステリー文庫からは6巻まで出ているようです。待ちきれない人はこちらで買っちゃうのかな?

ゴシックを読んで

私は小6で、ゴシックに
出会ったのはつい最近の
1ヶ月前のことでして…
表紙が可愛いと思い買ったところ……!
とても面白くて感動したのです(≧▼≦)

それからゴシックにはまったのです!!
冬休みの最終日まであと
2日という日にゴシックを大人買いしました(*´∇`そして今……
ゴシック 愚者を代弁せよ を読んでいるところです!
大人買いしてから1週間しかたっていないのに、あと2冊で読みおわって
しまいます……(;´∀`)
ゴシックSも揃えるつもりなので、どうぞよろしく
お願いします\(≧▼≦)/

I[s:18242]ACEさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
ゴシック、次々でていますね。
ゴシックSは知りませんでした。
こちらも面白そうですね。

ゴシック読み終えたら、ミステリなら米澤穂信の古典部シリーズなんかも面白いですよ。おすすめです。ラノベなら”文学少女”シリーズもはまるかもしれません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1020-21e97e32

「GOSICK―ゴシック―」桜庭一樹

JUGEMテーマ:読書 20世紀初頭、西欧の小国ソヴュールの名門校、聖マルグリット学園に留学してきた久城一弥は、図書館塔最上階の小部屋で奇怪な美少女ヴィクトリカと出会った--キュートでダークなミステリシリーズの開幕!! 角川文庫から出た本ですが、富士見ミステ