「ショートソング」枡野 浩一 

またまた枡野浩一です。
「ショートソング」は、ハーフの美男子なのに、女性と付き合ったことがなく、自分に自信がない大学生国友克夫と、複数の女性と付き合ってしまう天才歌人、伊賀寛介の2人の視点から交互に描かれる青春小説。
克夫は、憧れの舞子先輩に誘われて、連れて行かれたのは短歌の会。初めて短歌を作るのですが、その才能に伊賀は嫉妬します。

二人や女性たちが詠んだ短歌が随所に挿入されているのが、この作品の魅力。
こういう短歌もありなんだ、というのや、若い感性ならではの歌も。
これらの短歌は、ぜんぶ枡野浩一が作ったものかと思って読んでいましたが、巻末にそれぞれの作者名が載っていました。

若いっていいなあ、と思いながら読んでいたのでした。

注)伊賀寛介はプレイボーイなので、この本は学級文庫向けではありません。

4087460975ショートソング (集英社文庫)
集英社 2006-11

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1044-c6569d6c