「カラスの親指」道尾秀介 

道尾秀介の「カラスの親指」を読みました。

中年の詐欺師が二人、どちらも過去に人に言えない事情をもつ。
ひょんなことから彼らと同居することになるスリの女の子。
さらに彼女の姉とその婚約者も登場し、それぞれの未来のために、ある作戦を実行することになるが・・・

暗い過去を持つ登場人物ばかりなのに、物語はそれほど暗くならないし、読後感も悪くないです。
素直な気持ちで読んで、道尾秀介ならではのどんでん返しを楽しみましょう。

4062148056カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
講談社 2008-07-23

by G-Tools


↓ブログランキング参加中。この下の【おすすめ本】と書いてあるところをクリックすると、ランキングに反映します。ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1052-06242b5a