【映画】「いのちの山河~日本の青空Ⅱ~」 

映画「いのちの山河~日本の青空Ⅱ~」を観てきました。

豪雪、貧困、多病と困難な状況の沢内村で、地域の住民と対話をし、除雪を実現し、保健活動を充実させ、乳児死亡率ゼロを実現させた深澤晟雄村長の生涯を描いた映画。

雪深い村、赤ん坊がコロコロ死んでいく、お年寄りが医者にかかれるのは、死亡診断書をもらうときだけ、という悲惨な状況を、憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」を盾に、変えていきます。

村の人々があきらめきっていた豪雪や、悲惨な健康状態を、地道に変えていく様子は、感動的でした。

観ながら、当時の沢内村の状況と、現在のホームレス、派遣切りなどの新たな貧困や、十分な介護を受けられない高齢者の状況とが、重なり合って、この映画は過去のことではないように思われました。


シネコンのような映画館では観ることができませんが、各地で上映会がおこなわれていますので、ぜひご覧ください。
観る時はハンカチとティッシュをお忘れなく。

詳しい情報はこちらの公式ホームページに載っています↓
劇映画 「いのちの山河~日本の青空Ⅱ~」

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1068-167eee70