京都の旅~その4~六道珍皇寺 

「仏像」と「幕末・維新」の京都旅。次の日のメインは、「空也上人像」と竜馬の墓です。
まず、バスに乗って、「清水道」で下車。空也上人像のある六波羅蜜寺に向かう途中、「六道珍皇寺」というお寺がありました。

入ってすぐのところに、六道の辻、という石碑があります。あの世とこの世をへだてる境界、ということで、なんだか妖しい世界になってきました。
六道の辻

六道珍皇寺には、平安時代の歌人、小野篁が冥界へ通ったという伝説の井戸があるのです。井戸は近くでみることはできず、遠くの木戸の隙間から眺めるだけでした。

2010-02-28 09-34-56_0180

閻魔大王像を祭る閻魔堂もありました。どうやら、ここが小野篁がつくったもう一つのえんま堂のようです。千本閻魔堂でお話を聞いた時の謎が解けました。

この近くには幽霊が買いに来た飴屋さん、というのもあり、お土産に買ってきましたよ。
幽霊が赤ん坊を育てるために買いに来たという言い伝えがあり、昔は、やわらかい飴でしたが、今は日持ちがするように固めてあります。味は、数百年前から同じ味だとお店の人が話していました。


        → 京都の旅~その5~六波羅蜜寺 へ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

関連記事

コメント

へえ~~~~です!!

私の記憶が確かならば・・・
幽霊が赤ん坊を育てるために飴を買いに来たというお話・・・

子供の頃「日本昔話」で見たような気がします

本当に あるんですね!!

牛くんの母さんの 京都旅行は
マニアックで 面白い!!

えぞももんがさんへ

えぞももんがさん、こんばんは~。

そうなんです。日本昔話の幽霊が飴を買いに来た話、そのお店が残っているんですよ!

実は、お店の写真も撮ったのです。
ブログに載せようと思って。

帰ってきて画像を見てみたら、あるものが映っていたので、ブログには載せられませんでした・・・。

あるものとは、、、


幽霊ではなく、お店のガラス窓に映った、カメラを構えた自分の姿でした(笑)

え!!何?何~~~~?!

と、思いましたよ。
牛くんの母さん・・・・i-282

わあ いいですねえ。

おしらせ ありがとうございます♪
六波羅蜜寺の空也上人、何度みても素晴らしく、わたしが大好きなお寺のひとつです。このあたりは、戦国時代に ものすごい戦場になったのか、なんだか・・・ミョウな「気」を行くたびに感じます。ツワモノどもが、というよりも魑魅魍魎・・・みたいなフシギな気。子育てアメ、わたしも買いますよ^^

うだきちさんへ

うだきちさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

うだきちさんは、空也上人像、何度も見られているのですか!
私は今回初めてみることができました。
この話は次回の記事に書きますね。
お楽しみに。

幽霊子育て飴~!

幽霊子育て飴…昨年京都を旅した時に購入しました。
私が出かけた時にはちょうど飴屋さんはお休みだったのですが、東山の大通りから六道に入る道の角の電器屋さんのショーウィンドーに飾ってあり、売っていました(^^A
素朴な味の飴ですが、当時妊婦の同僚が好んで食べ、いつの間にかなくなっていました。

みゃおマムさんへ

みゃおマムさん、こんばんは~。
コメントありがとう♪

幽霊飴屋さん、休みの時は別のところで買えるのですね!
私も大きな袋で買ってきたのですが、息子が次々食べてました。

みゃおマムさんは、去年京都に行かれたのですね。どの辺を見たのかな?
京都、まだ見ていないところがたくさんあって、また行きたくなってきました。おすすめの場所とかもう一度行きたいところってありますか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1078-a42bda31