京都の旅~その5~六波羅蜜寺 

なんだか、たった1日半の京都旅行のことを長々と書いています。
すみません。あと少しお付き合いください。

六道珍皇寺の次は、空也上人像を見るべく六波羅蜜寺へ。

六波羅蜜寺

宝物館に入るとすぐ、空也上人像がありました。
口から六体の阿弥陀仏の小像を吐き出している仏像です。
私と他にも何人か(女性ばかり)が、ながめていると、係の人が近づいてきて、
「空也上人さん、目を開けてるって知ってます?」と話しかけてきました。
一見すると目を閉じているみたいですが、ある位置からみると、目を開けているのがわかるのだそうです。
向かって左側の場所で、少ししゃがんで、ということだったので、早速やってみました。
なるほど、目を開けている様子が見えます。

そのほかにも、運慶作「夢見地蔵」の素晴らしさ、法衣のひだの向こうに足の親指が見える、という話などもしてくれました。

受付にいる人は、お金を受け取るだけでなく、学芸員のような仕事もされているのですね。ついでにいくつか質問したら、すべてちゃんと答えてくれました。さすが。

ついでに、幽霊飴屋さんの画像。看板だけ載せておきます(笑)
幽霊子育飴

  → 京都の旅~その6~霊山記念館

↓ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1079-e41811d4