京都の旅~その6~霊山記念館 

仏像を堪能した後は、幕末維新の旅です。飴屋さんで道を教えてもらって、霊山記念館へ向かいました。
坂道が結構きつい・・・。

霊山歴史館
幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」は、2010年年間特別展「大龍馬展」を開催中。
龍馬が刺された刀や、龍馬が姉乙女にあてて書いた手紙、龍馬ゆかりの人々として河田小龍の絵なども展示してありました。

隣の霊山護国神社には、幕末の志士たちの墓がたくさん。龍馬の墓には大勢の人が訪れていました。
こちらは龍馬と中岡慎太郎の銅像。
竜馬像
龍馬の墓からは、京都市内が一望できます。
竜馬の墓から京都市内

  → 京都の旅~その7~嵐電と広隆寺
 
↓ブログランキング参加中。ぽちっとしてくれると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

関連記事

コメント

霊山辺りは・・・

維新の道でしたっけ?大河で竜馬伝が放送されている今は旬なスポットなのでしょうねぇ・・・
私は・・・かなり前ですが、旅した時に泊まったホテルが河原町三条にあり、目の前に「坂本竜馬・中岡慎太郎が受難の場所」という表示があったので、「あら、清水寺から霊山まで歩いていける…」と思い、坂道もお墓の中もトコトコと歩いちゃいました。方向音痴なのに自信満々で歩いて、霊山から八坂の塔~八坂神社と祇園まで歩いた記憶が…
牛くんの母が今回歩いた六道・鳥辺野と呼ばれる辺りまで祇園から歩くのも好きで、迷子になっても余裕で楽しいのが京都ですよね(笑)
ちなみに昨年はレンタサイクルであちこち走りました。碁盤の目に整備されている京都は、方向音痴にも優しい街です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1080-d56da505