「笑って死ねる病院」テレビ金沢 

「笑って死ねる病院」は、終末期医療を実践するある病院の取り組みをテレビ局が取材して書いたノンフィクション。「NNNドキュメント」で放映されたものに、新たに取材した事例を加えて出版されました。

ドキュメント番組を作るきっかけとなったのは一本の電話。
近所の居酒屋の店主の奥さんから、告知を受け、死ぬ前に姉に会いたい、という夫の願いを病院の人たちがかなえてくれるので、姉と再会するところをニュースにしては、という情報提供でした。
この様子を夕方ニュースの特集で放送したら好評だったので、このあとも、終末期の患者の希望につきそう病院
を取材し、全国放送の番組にしたのだそうです。

終末期の患者の願いを聞き出してそれを叶えようとするのは、社団法人石川勤労者医療協会・城北病院。差額ベッド代をとらず、経営が厳しいところは、経費節減で頑張っている様子や、地域住民とともに病院をよくしていこうと努力しているところも描かれます。
また、現在の医療制度の問題点についても、指摘しています。入院患者の診療報酬(病院の収入)が入院3ヶ月を過ぎると減らされること、差額ベッド代をとらないと病院の経営が大変なこと、など・・・。

患者さんたちの最後の願いは、「パチンコに行きたい」だったり、「自分の墓を見てみたい」だったり、「最後に自宅の庭を見たい」だったり、とそれぞれ異なります。
患者さんの願いを聞き出し、それを実現する病院スタッフ。「おでかけ」と呼ばれる患者さんとの外出は、無償であり、スタッフたちは自分の休日を利用しての、ボランティアなのです。

願いがかなった時の患者さんたちの笑顔。
番組をインターネットで観ましたが、素晴らしい笑顔でした。

こういう病院が実在することを、多くの人に知ってほしい。
神様のカルテ」に感動した方も、感動できなかった方も、ぜひこの本をお読み下さい。

4847065026笑って死ねる病院 (ワニブックスPLUS新書)
ワニブックス 2009-10-08

by G-Tools


↓番組の方は、こちらで見ることができました。
http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-4253.html

↓ブログランキング参加中。ご協力お願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

タダで診てもらえる病院

勤医協の病院は全国にあって、
お金のない人に無料診療なども実施してるんですよね。

こういう病院がもっと認知されるとよいと思います。

Re:タダで診てもらえる病院

ちかおばちゃん様、
コメントありがとうございます。

これらの病院は一貫して差額ベットをとらないなど、患者さんの立場にたった医療を行っています。お金のある人からは差額ベッド科をとってもいいのでは、という意見もあるようですが、医療に差別はいらない、ということで頑張っているようです。無料定額診療制度ももっと知らせて欲しい制度ですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1109-ecaa326c