「船に乗れ」藤谷治 

5月の連休中、本屋大賞で第7位に選ばれた「船に乗れ」(藤谷治)を読みました。
さすが、本屋大賞、というか、もっと上位でもいいのでは?と思いました。
3冊揃えてから読んで良かったです。1巻目と2巻目は間を開けて読んだ方がいい、という評もアマゾンにありましたが、2巻目と3巻目は続けて読みたい感じです。というか、2巻目を読んだままでは、どうにも気持ちが落ち着かないので。

簡単に言ってしまうと、高校の音楽科を舞台にした青春小説なんですが、主人公が「あの頃の僕」を思い出して書いているわけで、切ない感じがたまらないです。

音楽には素人の私にも十分楽しめました。作中に登場するオペラは、ちょうど「のだめカンタービレ」の最新刊で登場したオペラでした。

486176579X船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
ジャイブ 2008-10-01

by G-Tools

4861766818船に乗れ!(2) 独奏
ジャイブ 2009-07-02

by G-Tools

4861767350船に乗れ! (3)
ジャイブ 2009-11-05

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

7位は低すぎ

こんにちは。
「本屋大賞」7位は確かに低すぎると思いました。
ノミネート作は一応すべて読みましたが、
私の中では、1位「船に乗れ!」2位「天地明察」3位「横道世之介」でした。
(書店員さんたち、ホントに全部読んで投票したの?)

「船に乗れ!」大好きです

こんにちは。
私は第2巻が出てから1,2を続けて読み、3巻が出るのを待ちわびて読みました。
2巻の終わりで止まって待つのは切なすぎでした。
音楽の専門用語は素人にも全然妨げにならないですね。かえって彼らの音楽への思い入れが伝わってくる感じで。

こんにちは!ブログに来ていただけたようなので おじゃましちゃいました。^^
専門・高校・中学の3人の子供の母で
絵本作家をしています。^^
牛君の母さんは沢山本を読んでいてすごい!尊敬します!!
私は絵本ばかり・・・^^
でも、いつか長文にもチャレンジしたいとも思っています。
よかったら また こちらも のぞいてみて下さいね^^

木曽のあばら屋さんへ

木曽のあばら屋さん、こんにちは~。
コメントありがとうございます。

本屋大賞のノミネート作、全部読まれたのですね!私は半分しか読んでいませんが、その中でも「船に乗れ」は特によかったです。(1位の「天地明察」は未読)

本書に登場する曲、知らない曲が多かったので、木曽のあばら屋さんのサイトのYouTubeへのリンク、とっても参考になります!今も聞きながらこれを書いています。

今村咲子さんへ

今村咲子さん、こんにちは~。
第2巻の衝撃は強すぎるので、そこで止められるとつらいですね。3冊続けて読めて幸せでした。

音楽用語や哲学など、すべて含めてこの本の持ち味で、この作者にしか書けない作品でしたね。

たきままさんへ

たきままさん、こんにちは~。はじめまして。
コメントありがとうございます。

絵本作家をしてらっしゃるのですね。絵本を通しての子どもたちへのメッセージ、子どもたちの心の宝になることと思います。

この頃は子どもたちも大きくなってしまって新しい絵本を読む機会も少なくなってしまいました。おすすめの絵本があったら、教えてくださいね。

こちらの感想とみなさんとのコメントのやりとりを読んでいると、読みたくなりますね。
「魔笛」が出てくるんですね。高校の音楽科って、ちょっと想像が付かないので、そういう意味でも読んでみたくなります。
ぼくが出たのはいわゆる受験校で、音楽と美術のうち、選択したのは美術でした。

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは~。
コメントありがとうございました。
高校の音楽科、そして音楽家を目指す者どうしの恋愛、どちらも興味深く読みました。今はやりのニーチェも登場します。

高校時代、私は音楽選択だったかな?何をやったかほとんど記憶がないです(^_^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1114-50d384ec