FC2ブログ

小学生向け俳句の本 

この週末に小学生に出た宿題、「俳句を作ってくること」だそうです。「おかあさん、何か俳句つくって~」と息子に言われ、よく聞いたら宿題だそうで。自分でつくらなきゃ、と参考になる本を出してあげました。

子どもたちはワハハの俳句探偵団―俳句づくり・学習実用アイテム子どもたちはワハハの俳句探偵団―俳句づくり・学習実用アイテム
佐藤 広也


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

学校の先生向けの本のようですが、「俳句探偵団」「俳句ing(はいきんぐ)」など、子どもたちと俳句を楽しむためのアイテムが満載。
「俳句探偵団 季語のしおり」として、季語も季節ごとにまとめてあって、そのページだけコピーして出かけるときに持っていく、というのもいいかも。
例として載っている子どもたちの俳句も楽しいし、巻末には、有名俳人の俳句集もついています。

次は、低学年向けのお話の本。
2年2組はいく先生 松井ばしょうくん (おはなしバスケット)2年2組はいく先生 松井ばしょうくん (おはなしバスケット)
那須 正幹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「2年2組はいく先生 松井ばしょうくん」は、俳句好きのお父さんに「松井ばしょう」と名付けられたばしょう君が主人公。小さいときからお父さんに俳句の作り方を教わっています。物語の中に、俳句の作り方や約束が盛り込まれていて、自然と学べます。スポーツが苦手なばしょう君が、学校や放課後、いろんな場面で作る俳句、面白いです。たとえば、さかあがりで苦労していたときの句 「春のにわ おならのちからで さかあがり」 とか、公園で転んですりむいた夜に詠んだ 「すりむいた きずにしみいる 春のおゆ」 など、楽しい句がいっぱいです。

どうぶつ句会どうぶつ句会
あべ 弘士


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あべ弘士の「どうぶつ句会」は、動物たちが集まって俳句を作ります。だじゃれの俳句や、食いしん坊が詠んだ食べ物俳句、ほのぼのするものなど、いろんな俳句が出てきます。
あべ弘士さんの動物の絵は、旭川市旭山動物園飼育係出身だけあって、生き生きしていて素敵ですね。
にほんブログ村 本ブログへ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/114-19c1fbd9