「決めない会議―たったこれだけで、創造的な場になる10の法則」 

「ワールド・カフェ」を今度やるのですが、「ワールド・カフェをやろう!」という本は、人に貸してしまって手元にないので、「決めない会議―たったこれだけで、創造的な場になる10の法則」を再読しました。

「決めない会議」というのは、これまでの会議の手法とは違う新しい会議のやり方を提案する本です。

職場や地域の所属しているいろんな団体でいろんな会議がありますよね。
会議によっては、すでに決まっていることの確認で終わったり、方針を伝えるだけの会議だったり、一部の人だけの発言で物事がきまってしまったり、みんなが言いたいこと言って結局何も決まらなかったり、となんだか出席していても、つまらなかったり苦痛だったりすることがあります。
せっかくたくさんの人を会議の場に集めても、人数が多くなればなるほど一人当たりの発言の持ち時間は減るわけですから、すべての人の思いを聴くことができない、あるいはすべての人が自分の思っていることを伝えることはできない、というもどかしさを感じます。

この本で紹介する手法は、無理に結論をだそうとしたり、結果を出すことに最初からこだわらない会議をすることにより、参加者同士の関係の質を向上させることを大切にしています。
決めない会議に大切なことを10の法則として紹介し、最後に4つの方法として、ワールド・カフェ、オープンスペーステクノロジー、AI(アプリシエイティブ・インクワイアリ)、フューチャーサーチについてちょっとだけ紹介してあります。

ポジティブな問いをたてることの重要性、安全な場の確保(自分の意見を言ったからと言って不利益をこうむらないこと)、もてなしの空間を演出すること、などどれをとっても採用したいアイデアばかりです。
物語の中にこそ、未来を変える力があるとする「ストーリーテリング」も面白い。

集まった人々の中に答えがあると信頼するという、人間不信とは逆の暖かい考え方がいいですね。

この本を職場の人たちにもすすめて、職場の雰囲気を変えていきたいなと思いました。

4828414940決めない会議―たったこれだけで、創造的な場になる10の法則
香取 一昭 大川 恒
ビジネス社 2009-04-11

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1173-e2f4dac3