FC2ブログ

広辞苑第6版近日発売 

娘が小学生のころ、「広辞苑がほしい」と言い出したことがあった。もうすぐ新しい版が出るはずだから、出たら買ってあげる、と言ってそのままになっていた。
なんで小学生が広辞苑を欲しがるのかと、そのときは不思議に思ったが、国語の教科書に載っていたためらしい。そういえば、先週、6年生の息子が、本読みの宿題で広辞苑についての文章を読んでいた。

広辞苑の新版(第6版)が2008年1月11日に発売になるという。新語も1万語掲載されているということなので、予約購入しようかと思う。「メタボリック症候群」「ワンセグ」なども載るという。「うざい」が辞書に載ってしまうのには、若干抵抗がある。

広辞苑 第六版 (普通版)広辞苑 第六版 (普通版)
新村 出


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

辞書を読むのは昔から好きで、いろんな辞書を持っている。「日本語逆引き辞典」は、意味が載っていないけれど、言葉遊び的で楽しい。
「類語大辞典」は、つい色んなページを読みふけってしまう。友人のダンナは、これを肴に晩酌をするといっていた。
類語大辞典類語大辞典
柴田 武 山田 進


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近出たものでは、「みんなで国語辞典!―これも、日本語」が面白かった。若者言葉、ネット・メールの言葉、業界用語などを、専門家ではなく一般の人々の投稿から作った本。「若者のことば--多分、来年は通じません」という章のタイトルも、それぞれの言葉の説明に添えられた例文も笑える。親子で楽しんだ1冊。
みんなで国語辞典!―これも、日本語みんなで国語辞典!―これも、日本語
「もっと明鏡」委員会 いのうえさきこ 北原保雄


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本ブログランキングに参加中↓
にほんブログ村 本ブログへ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/124-52f68dea