「ミシシッピがくれたもの」リチャード・ペック 

リチャード・ペック著「ミシシッピがくれたもの」を読みました。

「シカゴよりこわい町」シリーズで、楽しませてくれたリチャード・ペックですが、今回は、南北戦争時代のイリノイ州を舞台にした物語。

1916年に15歳の少年が父と弟とともに、父の実家のあるイリノイ州南部のグランドタワーという町に出かけるというところから始まります。
グランドタワーで待っていたのは、祖父母と大おば、大おじの4人の老人たち。
少年が、祖母のティリーから、1861年当時の話しを聞く、という形でこの物語は進行します。

南北戦争が始まった1861年。イリノイ州の町の人々は南軍側、北軍側に分かれていました。ある日、ミシシッピー川の河口近くの町ニューオーリンズから戦禍をのがれてデルフィーンとカリンダという二人の少女がやってきます。大金持ちのようですが、素性がはっきりしない二人を、ティリーの家では下宿させることになります。

同じ町の人々が、戦場では敵味方になって殺し合う南北戦争。戦場で戦う前に病気になってしまう兵士たち。
南北戦争という内戦、人種差別などをテーマにしながら、たくましく生きる女性たちの姿を描き、ラストに明かされる真実は読者の心に深い感動を与えてくれます。児童書に分類するのはもったいないです。

原題は"The River Between Us"。「ミシシッピがくれたもの」より、もっとインパクトある題名にしたほうが、多くの人に読んでもらえるような気がします。

ミシシッピがくれたもの (創元ブックランド)ミシシッピがくれたもの (創元ブックランド)
リチャード・ペック 斎藤 倫子

東京創元社 2006-04-22
売り上げランキング : 378650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

児童向けのミステリのよい作品を見つけました。
「少年弁護士セオの事件簿」、なんと著者はジョン・グリシャムです。「ディックの本棚」な感想を載せました。
リチャード・ベックも、ぼくはそろそろ次を読まなくてはいけませんね。

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。
「少年弁護士セオの事件簿」、面白そうですね。メモしておきます!ご紹介ありがとうございました。
リチャード・ベック、再読したくなりますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1240-96a27563