「人生がときめく片づけの魔法」近藤 麻理恵 

「人生がときめく片づけの魔法」という本を読みました。
連休中は、この本を参考にしながら、家の中の片付けをしています。

この本に書いてあるとおりにすると、なんだか家の中が見違えるように片付いて、リバウンドしないということなので、試してみているところです。(まだ途中です)

収納のノウハウにこだわる前に、まず「捨てる」を終わらせる、ということ。
モノを残す基準は、触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうか。
場所ごとにではなく、同じカテゴリーのモノは、まとめて一気に判断する。
など、これまでの収納本や整理術の本とは、だいぶ違う発想です。
片付けの順番も決まっていて、経験上、衣類から初めて、思い出の品は一番最後にするといいそうです。

捨てたあとの収納の方法については、イラストがあるともっと親切なのに、と思い、動画で収納の方法を説明している電子書籍のほうも購入しちゃいました。

家の中が片付かない、という方、ぜひこの本を読んで試してみてください。

4763131206人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵
サンマーク出版 2010-12-27

by G-Tools

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

連休中に読みました

私も連休中に読みました♪
日本人には畳むDNAがあるんですね。
たしかに、衣類のたたみかたとか、
イラスト入りのムック本のほうがいいかも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1245-19def014