「テンペスト」池上永一 

池上永一の「テンペスト」を読みました。
最近ドラマ化されたから、というわけではなく、沖縄のことを知りたかったので読んでみました。

舞台は19世紀の琉球王朝。
幼い時から勉強が好きだった真鶴。しかし当時の琉球では、女子は学問をすることは許されない。
兄の代わりに、優秀な人材を登用するための科試(こうし)を受けることになった真鶴は、孫寧温を名乗り、宦官を装う。
科試を13歳で突破し、出世していくが、波乱万丈、ジェットコースターのような人生が待ち受けているのだった。

ストーリーは、荒唐無稽なところもありますが、エンターテインメント作品としては、なかなかのものです。

この本を読むまで、沖縄の歴史について、よく知らなかったので、とても勉強になりました。
当時の琉球は、独立国でありながら、薩摩藩と中国の清国の二重支配を受けていたこと。
薩摩藩から赴任した役人を接待する一方で、中国からも冊封使が訪れてさまざまな儀礼を行う。そいういう状況で独特な文化が発展したこと。
また、日本が鎖国で海外の情報から遮断されていたときに、中国を通じて、諸外国の様子をいち早く知ることができたのですが、日本よりも先に黒船が来訪し、対応に苦慮した様子も描かれています。

次は戦後の沖縄のことを知ることが出来る本を読んでみようと思います。

テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)
テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)池上 永一

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-08-25
売り上げランキング : 12344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テンペスト 第二巻 夏雲 (角川文庫) テンペスト 第三巻 秋雨 (角川文庫) テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫) バガージマヌパナス―わが島のはなし (文春文庫) トロイメライ


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

日々雑記

こんにちは。
 「テンペスト」紹介を嬉しく読みました。実は、テンペストは舞台も含めて是非体験したいと思っているのですが、なかなか果たせません。本当に面白そうですね。硬いところでは「琉球処分」も読もうと志してまだ読めていません。
 沖縄本では、ノンフィクションですが佐野眞一さんの「誰にも書かれたくなかった沖縄」は力作で読み応えがありました。「テンペスト」楽しみにしています。
 それでは、またお邪魔します。
 

人生楽しみさんへ

人生楽しみさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

ご紹介の「誰にも書かれたくなかった沖縄」は、気になっていました。今度読んでみようと思います。
「琉球処分」は知りませんでした。こちらもさっそくAmazonに注文しようと思います。ご紹介ありがとうございました。

歴史物が好きなので、多少荒唐無稽でも許してしまいます。ぼくなんか、むしろそこもおもしろい、とも思うのですが…。たまにそれが許せないという堅い方もいらっしゃって、奨めるのがむずかしいところがあります。

ディックさんへ

歴史物は、話題になったものぐらいしか読んでいないので、こういうのはエンターテインメントとしてしっかり楽しんじゃうほうです。
なにしろ、歴史物で一人の作家の本を全部読んだのって、隆慶一郎だけですから!

ちなみに先日、仕事で沖縄に行きました。残念ながら、観光する時間はあまり取れなかったのですが、首里城だけは見てきました!

隆慶一郎を全部読まれた、それはたいしたもので…。ぼくは『花の慶次』→原作、そして『影武者 徳川家康』というコースでした。
沖縄は、ゴルフ場候補地の視察なんていうので2回ほどいきました。歴史どころではなくて、テンペストで覚えたことくらいしか知りません。いつか、また…。

ディックさんへ

隆慶一郎を読んだのは、ずっと前のことで、FADVで話題になっていたのがきっかけです。小説を書いていたのはたったの5年間、ということですが、何冊もの面白い小説を遺している作家さんですね。

沖縄訪問の前後に読んだ沖縄関連本、いろいろ面白いものがありましたので、これから少しずつ紹介していきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1287-ba851016

『テンペスト第1巻~第4巻』池上永一・著 角川文庫  読了しました~~(^^)v

テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)(2010/08/25)池上 永一商品詳細を見るテンペスト 第二巻 夏雲 (角川文庫)(2010/09/25)池上 永一商品詳細を見るテンペスト 第三巻 秋雨 (角川文庫)(2010/10/23)池上...

  • [2011/10/11 07:25]
  • URL |
  • よくばりアンテナ |
  • TOP ▲

テンペスト 上下巻/池上永一

テンペスト 上下巻  琉球は、琉球王が清の皇帝と名目的な近親関係を結ぶ冊封体制下にありながら、かたや薩摩の実質支配を受けるという、複雑な対外関係を強いられていた。  それ ...

  • [2011/11/05 11:09]
  • URL |
  • ディックの本棚 |
  • TOP ▲

テンペスト

著者:池上 永一 出版社:角川書店 感想: 本屋大賞ノミネート作品で気になっていた「テンペスト」。池上永一さん、初読みです。 琉球王朝の末期を描いた歴史物だと思っていた ...

  • [2011/11/19 01:43]
  • URL |
  • どくしょ。るーむ。 |
  • TOP ▲