長谷川摂子さんの絵本 

ニュースで、絵本作家長谷川摂子さんの訃報を知りました。

長谷川摂子さんの絵本といえば、「めっきらもっきら どおんどん」は、忘れられません。
私の好きな絵本のベスト10に入ります。
こんな楽しいせりふと文章を考えることができたのは、保育士として日常子どもたちと接していたからなのでしょうか。

めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)
長谷川 摂子 ふりや なな

福音館書店 1990-03-15
売り上げランキング : 2259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


他にも昔話シリーズや、赤ちゃん向けの絵本などたくさんの絵本を出されていました。
これは、子どもたちが小さい頃、月刊誌「こどものとも0・1・2」で届いた本。
かさ さしてあげるね (0.1.2.えほん)かさ さしてあげるね (0.1.2.えほん)
はせがわ せつこ にしまき かやこ

福音館書店 1998-04-15
売り上げランキング : 84207

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


絵本をめぐる話を通して、子育てに関する深い洞察を書いた「絵本が目覚めるとき」も名著です。このような本をもっと書いて欲しかったです。
絵本が目をさますとき絵本が目をさますとき
長谷川摂子

福音館書店 2010-03-25
売り上げランキング : 42515

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ご冥福をお祈りいたします。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

はじめまして

『絵本が目をさますとき』いいご本なのですね。
早速図書館に予約したいと思います。
作家さんのお人柄に触れるこのような本は、
講演を直接聞くことの次に
作品をなお深く楽しめるようになるので好きなのですが、
なかなか読めていないのが現状です。
紹介して下さった記事を発見したのも天啓かもしれません!

こうまさんへ

こうまさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

「絵本が目をさますとき」、おすすめですよ~。
ぜひお読みください。

ブログ読ませて頂きました。
鈴木光司さんの講演をおききになったのですね。地方にいるとなかなか作家さんの講演というのは聞く機会がないので、羨ましいです。

長谷川摂子さんと聞いてスグに「めっきらもっきらどおんどん」の作者とは繋がりませんでした。「めっきらもっきら…」は私も大好きな本で、お世話になりました。図書館の絵本コーナーでこの本を子どもに読んであげている時、隣にいたお母さんに「絵本を読むの上手ですね!」と褒められたことがありました。読み手へもどんどん話の中に引き入れ、なりきれる絵本の一つです。前回紹介されていた「だるまさん」シリーズのかがくいひろしさんも故人…私たちをワクワクさせてくれるステキな世界を持った作家さんがいなくなるというのは寂しいものですね…

みゃおマムさんへ

みゃおマムさん、こんにちは~。
コメントありがとうございます。

絵本と作家さんの名前、すぐ結びつく場合と、絵本の印象がつよすぎるせいか、作家さんの名前が出てこない場合と両方ありますね。
子どもたちは五味太郎とかスズキコージなんかはおぼえていたのじゃないかな。

だるまさんシリーズの作家さん、絵本を知ったあとで、もう亡くなっていたと知り、驚きでした。もっとたくさんの絵本を書いて欲しい作家さんでしたね。

牛くんの母さん、お久しぶりです。

私は今年も1年生を担任していて、ほとんど毎朝、読み聞かせをしています。

「めっきらもっきらどおんどん」は、とても子ども受けが良いお話でした。
読んでいる私も、楽しく読めました。

すももさんへ

すももさん、お久しぶりです!
お元気でしたか?

1年生の担任、楽しいことも大変なこともあるのでしょうね。
毎朝の読み聞かせ、子どもたちの心に残ることでしょう。ぜひ続けていってくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1291-cbf36a97