「フェルメールの闇」田中 純 

先日、「フェルメールからのラブレター展」を観てきました。フェルメールはたった3点でしたが、日本にいて本物を見ることのできる幸せを感じました。フェルメールと同時代のオランダの画家たちの作品もいろいろ展示してあってこちらも楽しめました。

フェルメール関連の本を探していたら、「フェルメールの闇」(田中 純)を見つけたので、読んで見ました。
ミステリなのですが、各章のタイトルが「小路」「絵画芸術」、、、というように、すべてフェルメールの作品の名前から取られており、小説自体も、フェルメールの未発見の作品や贋作がテーマになっています。
ミステリを読みながら、フェルメールの作品や歴史、贋作と模写などについての知識を得ることができる、という一粒で二度おいしい作品です。

フェルメールの闇フェルメールの闇
田中 純

マガジンハウス 2000-01
売り上げランキング : 337336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上記の本を読むのに、こういうのを手元において作品の写真を見ながら読むとより楽しめるかと。
フェルメール  ――謎めいた生涯と全作品  Kadokawa Art Selection (角川文庫)フェルメール ――謎めいた生涯と全作品 Kadokawa Art Selection (角川文庫)
小林 頼子

角川グループパブリッシング 2008-09-25
売り上げランキング : 12389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらも気になります。
フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版)フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版)
朽木 ゆり子

集英社 2006-09-15
売り上げランキング : 22352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1302-fbe89f8d