「ホテルパラダイス銀河」加藤実秋 

加藤実秋「ホテルパラダイス銀河」を読みました。

経済的理由で大学進学を諦めようとしていた西島京志は、東京・上野のビジネスホテルに住み込みで働くことを条件に援助してもらえることになります。
ホテルの支配人、そして同僚、客たちも個性豊かな人ばかり。京志は、次々持ち込まれるトラブルの解決の手伝いをするはめになります。

「池袋ウエストゲートパーク」とは雰囲気は違いますが、トラブルをみんなで解決していく様子は痛快だったり、ハラハラドキドキだったりします。ラストには、ホテルのオーナーの謎が明かされちゃうので、続編はないかも。

ホテルパラダイス銀河ホテルパラダイス銀河
加藤 実秋

講談社 2011-03-24
売り上げランキング : 162901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


同じ著者のこちらのシリーズは、娘の本棚にあるので、今度借りてみようかな。
インディゴの夜 (創元推理文庫)インディゴの夜 (創元推理文庫)
加藤 実秋

東京創元社 2008-03-11
売り上げランキング : 58355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1303-3326b4ae