「おやすみラフマニノフ」中山七里 

中山七里「おやすみラフマニノフ」を読みました。

時価二億円のチェロが完全密室の部屋から忽然と姿を消した――。
プロを目指す音大の学生城戸晶が主人公。「のだめカンタービレ」でおなじみの音大生の生活を描きながら、次々起こる事件の謎に挑みます。

音楽ミステリというジャンルになるのかな。音楽について書いている部分が多いのですが、クラシック音楽に詳しくない私でも楽しむことが出来ました。

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)
中山 七里

宝島社 2011-09-06
売り上げランキング : 8366

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前作「さよならドビュッシー」は未読。今度読みます。

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1328-386183bd