「嘆きの美女」柚木麻子  

柚木麻子「嘆きの美女」を読みました。

ひきこもりで、顔は吹き出物だらけの耶居子は、一日の大半をネットで他人のブログを炎上させたり、嫌がらせをすることが生きがいとして過ごしていました。ある日、美女たちの集まるブログのオフ会の盗み撮りをしようとしてトラブルに巻き込まれます。怪我の療養の間、美女たちの住む豪邸に同居することになり、人生が変わっていくのですが・・・。

生まれつき美女に生まれた人たちと、そうでない人たちの感覚の違い。
美女だからといって人生がうまくいくものでもない。
整形手術で美しくなるという生き方もある。

美女の館での生活で、食生活を改善し、肌も綺麗になり、ファッションも指導された耶居子が、徐々に変わっていく様子は、読んでいて応援したくなります。
しかし、一筋縄ではいかないストーリーなのです。

「あしながおじさん」のゼリーのプールが出てくるところも気に入りました。

嘆きの美女嘆きの美女
柚木麻子

朝日新聞出版 2011-12-20
売り上げランキング : 51041

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1372-ea5c9ba5