「イグアナくんのおじゃまな毎日」 

いま牛くんが、学校の朝読書用に持っていって読んでいる本。
「イグアナくんのおじゃまな毎日」は、小学生の女の子 樹里が主人公。「恐竜を飼ってみたいっていってたよね?」と、誕生日プレゼントにイグアナを押し付けられてしまった一家の騒動を描きます。
上司に邪魔になったイグアナを押し付けられ断れないパパ、自慢のサンルームをイグアナに占拠されたママ、朝早起きしてイグアナの餌づくりに苦労する樹里。
イグアナを「ヤダモン」と名付け、一度は捨ててこようともする樹里ですが、やがては、イグアナに愛情を抱くようになります。
恐竜好きの同級生の男の子との友情もナイス。
爬虫類が好きな人もそうでない人も楽しく読める一冊です。

ペット大好きな牛くんに受けるかなあと思って買って来た本ですが、「イグアナ飼いたい」といわれたら困るなあと、読ませるかどうか悩んだ母でした。

4037501201イグアナくんのおじゃまな毎日 (軽装版偕成社ポッシュ)
はらだ たけひで
偕成社 2007-11

by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

イグアナの~

はじめまして、わぐまと申します。
トラバありがとう。
「イグアナくんの~」を記事にしている人、珍しいので嬉しいです。

とりあえず挨拶まで・・・

わぐまさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
「イグアナくんのおじゃまな毎日」動物が好きな人もそうでない人も楽しめる本でしたね。
佐藤多佳子さんの本は、「しゃべれどもしゃべれども」を読んだことがあります。こちらは映画もよかったです。

牛くんの母さんこんばんわー
落語の匂いにつられてやってきました(笑)

し、知らなかった!
佐藤さんって絵本も書いているんですねー。

…こっそり注文しておかねば(笑)

絵本というか、挿絵ですよね??
でもその挿絵も愛らしかった!
「しゃべれども~」も読みましたよ。なかなか好きな本でした。
私も他にも数冊、佐藤多佳子さんの本を読んでみても「イグアナ君~」が一番好きですね。
私もイグアナとか苦手なんですが・・・不思議とこの本読み終えた頃にはイグアナってカワイイかも。って思えてしまいました^^;;

おじゃまします。

昨日はご訪問ありがとうございます。
「牛くんの母」で検索してやってきました。
楽しい本がいっぱいですね。
私と趣味がかぶっているものも多数ありですね。
こちらのブログ、お気に入りにいれました~♪
どうぞよろしくお願いします。

では、また!

ヘタレオオカミさん、こんばんは~。
わぐまさんの言う通り、「イグアナくん~」は絵本ではなく児童書です。大人が読んでも面白い痛快な本でした。

わぐまさん、
コメントありがとうございます。
グリーンイグアナ飼っている友人がいて、毎年、年賀状で写真を送ってくれます。小さな水槽に入っていてそれほど大きくならないみたいです。飼ってみると可愛いのでしょうね。

pata-ponさん、こんばんは。
あかたろうの絵本で検索していて、そちらのブログにお邪魔しました。
これからもどうぞよろしく。

こんにちは。
やっぱり「イグアナ飼いたい」って言われたら困るなぁって思いますよね(笑)
で、どうでしたか?
飼いたいって言ってましたか?

ななさん、こんばんは~。
恐れていたんだけれど、イグアナ飼いたいとは言われませんでした(笑)。すでに動物はいろいろ飼っているので・・・。

グリーンイグアナを飼っていて毎年年賀状に写真を載せてくる友人がいます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/141-bd67ff99

イグアナくんのおじゃまな毎日 【佐藤 多佳子】

11歳の誕生日に”だまし討ち”みたいな感じでイグアナをプレゼントされた樹里ちゃん。 そりゃ「生きてる恐竜なら飼いたい」って言ったけどさ・・・・。 改築して出来たサンルームをイグアナに占領され、朝早く起きて「イグアナサラダ」を作り・・・ 11歳の女の子と...

  • [2008/02/06 10:25]
  • URL |
  • クマの読書日記 |
  • TOP ▲

「イグアナくんのおじゃまな毎日」佐藤多佳子

JUGEMテーマ:読書 樹里が誕生日プレゼントにもらったのは、“生きている恐竜”イグアナ。草食で、攻撃性がなくて、おとなしい、鳴かない、におわない、人によくなれる、人気のペットだそうな。でも、世話がたいへん。南の国の生き物だから、二十五度以上四十度以下の

イグアナくんのおじゃまな毎日 佐藤多佳子

あたしへの誕生日プレゼント、パパの大叔父が「生きている恐竜」をつれてきた。 パパとママはケンカばかり。世話は結局あたしに押しつけられ...