【絵本】「わすれられないおくりもの」 

先日、職場の同僚のご家族に突然のご不幸があった。
他人には理解できないほどのつらさと無念さがあることだろう。

残された幼い子に、いつかこの絵本を贈ってあげたい。
スーザン・バーレイの「わすれられないおくりもの」は、森の動物たちに慕われていたアナグマが亡くなり、悲しみにしずむ動物たちが、アナグマの想い出を語り合い、彼の残してくれたものの大きさに気づく、というストーリー。

深い悲しみを癒すのに、この本が少しでも力になれたら、と思う。

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
スーザン・バーレイ 小川 仁央

評論社 1986-10
売り上げランキング : 1962

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1412-a063eac3