「ザ・ファシリテーター」森 時彦  

職場の有志で始めた「会議を改善するプロジェクト」のメンバーから紹介された本「ザ・ファシリテーター」を読みました。
ファシリテーションの基本や進め方について、小説仕立てで紹介している本です。

マーケティング部門の責任者だった黒澤涼子が、畑違いの開発センター長に抜擢されたところから話が始まります。女性であること、年の若さ、学歴・職歴、あらゆる面で彼女を受け入れない理由がたくさんある開発センターで仕事を始めるにあたって、まず部下となる管理職たちを集めてミーティングをします。この時、「インテグレーション」という手法を活用するのですが、これははじめて知りました。本人からの話のあと、本人は退席して、彼女について知っていること、知りたいことを出しあう、その後で、本人が登場し質問に答えていきます。ここでは、話を引き出したり誘導したりしていくファシリテーターの役割の重要性を感じました。
また、アイスブレークは、会議の最初に緊張をほぐすためにやるもの、という認識でしたが、会議の最後に行って、感情のしこりをなくすという効果のあるアイスブレーキングもあることを知りました。

その他にも、職場を変えていくための様々な手法や考え方が紹介されており、大変参考になりました。自分の職場にすぐに活用できるかどうかはわかりませんが、ファシリテーションについてはもう少し学んでみたいと思います。

ザ・ファシリテーターザ・ファシリテーター
森 時彦

ダイヤモンド社 2004-11-12
売り上げランキング : 3606

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続編も出ているのですね。こちらも読みたい。
ザ・ファシリテーター2―理屈じゃ、誰も動かない!ザ・ファシリテーター2―理屈じゃ、誰も動かない!
森 時彦

ダイヤモンド社 2007-01-27
売り上げランキング : 46804

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

相互リンクのお願い

はじめまして。
相互リンクをお願いしたく、この度書き込まさせていただきました。

私は「よりみち図書館」という読書ブログを開設しております。幅広いジャンルの本を読んで、その感想をブログに書いたりしています。

よろしければ、相互リンクお願いいたします。

図書館男子さんへ

図書館男子さん、こんばんは~。
コメント&リンクありがとうございます。
こちらからもリンクしましたので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1425-c477c67f