「七つの海を照らす星」七河迦南 

うっかりシリーズ物の3作目「空耳の森」から読んでしまって、あわてて1作目にさかのぼって「七つの海を照らす星」を読みました。

「七つの海を照らす星」は、児童養護施設を舞台にした連作短編ミステリです。

様々な事情のために児童養護施設「七海学園」で生活する子どもたちをめぐる不思議な出来事。
その施設で保育士として働く春菜は、子どもたちが「学園七不思議」として噂する出来事について謎解きをしていきますが・・・。
ミステリですので、ストーリーの紹介はこのへんにしておきます。

主人公春菜、そして児童相談所の海王さんと、いい人が出てくるのがこの本のいいところですね。

次は「アルバトロスは羽ばたかない」を読まなくては。

七つの海を照らす星七つの海を照らす星
七河 迦南

東京創元社 2008-10
売り上げランキング : 283245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1432-985fa0c2

七つの海を照らす星(七河迦南)

第18回鮎川哲也賞受賞作。連作短編集。

  • [2013/03/28 12:32]
  • URL |
  • Bookworm |
  • TOP ▲