池井戸 潤「ルーズヴェルト・ゲーム」 

池井戸潤「ルーズヴェルト・ゲーム」を読みました。

野球が大好きだったルーズヴェルト大統領が、「野球は8対7の試合が一番面白い」と言ったという。
業績不振でリストラが求められている青島製作所では、野球部の存続も危うくなっている。
ライバル企業による合併工作、銀行からは融資の条件として野球部の廃部を指示してくる。
それぞれの立場で苦悩する会社の人々。
彼らは逆転勝ちすることができるのだろうか、と最後まで目が離せない。

一気読みさせられて読後感も悪くないおすすめの一冊。

ルーズヴェルト・ゲームルーズヴェルト・ゲーム
池井戸 潤

講談社 2012-02-22
売り上げランキング : 16700

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

私もこの本読みました。株主の一人として登場する女性、城戸女史が、お気に入りです。
北海道いかがでしたか。報告楽しみにしてます。

ほっそさんへ

ほっそさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

株主の女性、いい感じでしたね!
池井戸潤の本、もっと読んでみたいと思いました。

北海道、どこのお店に行こうか、いろいろ検討中です。北海道は美味しい物がたくさんあって、迷ってしまいます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1447-b5bef065