「クローバー・レイン」大崎梢 

大好きな作家さんの一人、大崎梢の「クローバー・レイン」を読みました。

主人公の彰彦は、大手出版社の若手編集者。ある日、今は人気のない作家の未発表原稿に感動し、これをなんとか出版したいと尽力を始めます。
出版社の上司は、売れるかどうかわからない作家の本を出版するにはリスクがある、と断りますが、彰彦はいろいろなところからアプローチを続けていきます。
書店で本を売ってもらうために苦労している出版社の営業担当の若手社員、ライバルとなる他社の編集者たち。それぞれとのやり取りも興味深いです。
作家の娘さんとの交渉もどうなるかと思いましたが、ラストでほっとしました。
大崎梢ならではの作品ですね。

1冊の本を作り、読者のもとに届けるまでには、作家だけでなく多くの人たちが関わっていることをあらためて思いました。
編集者の名前って気にしたことはないし、通常載っていないのでは?と思い、この本の後付を見たら、「編集 吉田元子」って小さな文字で書いてありました。
他の本は?と思い、いろいろ見てみたら、文庫や新書は載っていないもののほうが多いですが、単行本は、「編集」とか「編集担当」として名前が書いてあるものもあるのですね。発見でした。

kindleなどの電子書籍も、便利な時もありますが、活字の本はまだまだなくならないで欲しいものです。

クローバー・レイン (一般書)クローバー・レイン (一般書)
大崎梢

ポプラ社 2012-06-07
売り上げランキング : 152166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


編集者が主人公の小説、他にもあります。
プリティが多すぎるプリティが多すぎる
大崎 梢

文藝春秋 2012-01
売り上げランキング : 315458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

舟を編む舟を編む
三浦 しをん

光文社 2011-09-17
売り上げランキング : 418

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログランキング参加中。今日は何位かな?
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1451-3bc66cc6