「ビブリオバトル~本を知り人を知る書評ゲーム~」 

今日は「ビブリオバトル~本を知り人を知る書評ゲーム~」をご紹介します。

「ビブリオバトル」というのは、おすすめの一冊を持ち寄り、本の魅力を紹介しあう書評ゲーム。
ルールはたったの4つ。

1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
2.順番に一人5分間で本を紹介する.
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

これだけです。
準備するものは、カウントダウンタイマーだけ。
司会をする人は、何の準備もいりません。

京都大のとある研究室で始まったこのゲームが、あっという間に全国に広まったのは、このゲームの魅力が新しい本との出会いがあることに加え、本を紹介する人の個性や知識、背景に関する相互理解が深まることにあるようです。

小説仕立てでビブリオバトルのやり方を紹介する第一章に始まり、ビブリオバトルがどう始まったか、そしてどう広まって行ったかが書いてあり、この1冊を読むだけで、自分もビブリオバトルを開催できるような気がしてきます。

面白いなと思ったのは、「ビブリオバトルにおける語りは二次創作のようなものである。」(155ページ)というフレーズ。
1冊の本について語ることは、著者の思いだけでなく、読んだ人の思いも加わって、さらに深くなっていくということなんですね。

近くでビブリオバトルをやっているところがないか、さっそく検索してしまいました。
誰かを誘って、自分で企画するというのもいいかもしれません。

ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)
谷口 忠大

文藝春秋 2013-04-19
売り上げランキング : 38031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1486-ef9db38a