「死神の浮力」伊坂幸太郎 

伊坂幸太郎「死神の浮力」を読みました。

前作「死神の精度」は短篇集だったのですが、今度は長編です。
幼い娘を殺された作家山之辺遼のもとに、死神「千葉」が訪れます。
山之辺とその妻美樹は、裁判で無罪判決を受けた殺人犯本城に、どう立ち向かおうとしているのか。
一方、本城のところにも死神「香川」が調査に来ていて、どういう判断を下すのか、興味がもたれます。

死神「千葉」のセリフは、どこかずれていてコントのようでもあり、暗くて重いテーマを描く本書に清涼剤のような役割を果たしていました。

途中で読むのをとめられない一冊です。

死神の浮力死神の浮力
伊坂 幸太郎

文藝春秋 2013-07-30
売り上げランキング : 5302

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


未読の方はこちらからどうぞ。
あなたも「千葉」のファンになりますよ。
死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
伊坂 幸太郎

文藝春秋 2008-02-08
売り上げランキング : 1927

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画化されています。「死神の浮力」を読みながら、この映画で主演した金城武を思い浮かべていました。
Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
VAP,INC(VAP)(D) 2008-08-27
売り上げランキング : 30152


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1497-2a4be787