「本屋さんのダイアナ」柚木麻子 

「本屋さんのダイアナ」(柚木麻子)を読みました。

子どもの髪の毛を金髪に染め、自分のことはティアラと呼ばせる母親と二人で暮らすダイアナ。「大穴」と書いてダイアナというDQNネームが気に入らず15歳になったら改名しようと待ちわびている。
もう一人のヒロイン「彩子」は料理が上手で家庭的な母親を持つ典型的なお嬢様。
正反対な二人が、読書を通して「腹心の友」となるが、15歳の時に仲たがいをしてしまい・・・。

ダイアナの父探しの話や、彩子の大学での出来事など、意外な展開に驚かされました。

これ以上感想書くとネタバレになりそうなので、このへんでやめておきます。
青春、友情、親子の関係、いろんな中身がギュッと詰まっていておすすめの一冊です。

本屋さんのダイアナ
本屋さんのダイアナ柚木 麻子

新潮社 2014-04-22
売り上げランキング : 11411


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログランキング参加中。今日は何位かな?
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1518-7ff3629e