小学生5年生女子におすすめの本 

先日、旅行中に偶然、地元の友人に出会い、ひと時のおしゃべりを楽しみました。
その時に、小学5年生の娘さんにおすすめの本は?と聞かれ、答えようと思いましたが、時間がそれほどなかったので、ブログのほうで紹介することにしました。

人によって夢中になれる本は違うと思うので、いろんなジャンルの本を少しずつ紹介してみようと思います。
シリーズものの1冊目をとりあえず渡してみて、気に入るようならそのシリーズをどんどん読んでいく、さらに同じ作者の別のシリーズ、みたいに発展させていけばいいのかな、と思います。

自分が小学生のころに夢中になって読んだ本、いろいろありますが、一番好きだったのは、「ドリトル先生」のシリーズでしょうか。動物好きな子には特におすすめです!

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))
ヒュー・ロフティング 井伏 鱒二

岩波書店 2000-06-16
売り上げランキング : 21474

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ドリトル先生アフリカゆき」がシリーズ第一作なのですが、なぜか私が最初に読んだのは「ドリトル先生のキャラバン」。円熟期に描かれた「キャラバン」は読みごたえありましたね。ドリトル先生の助手となる少年トミーが登場する「航海記」あたりが最初に読むのにはいいかもしれません。
ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫 (022))ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫 (022))
ヒュー・ロフティング 井伏 鱒二

岩波書店 2000-06-16
売り上げランキング : 75003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ファンタジー系のものが好きな子には、ナルニア国物語のシリーズかな。映画化もされましたね。
ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)
C.S.ルイス ポーリン・ベインズ

岩波書店 2000-06-16
売り上げランキング : 21741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これも一作目から読む必要はないように思います。そもそも時間の流れからいうと一番最初が6作目の「魔術師のおい」だったりします。
ちなみに私が最初に読んだのは「銀のいす」でした。これと「馬と少年」が好きでした。
銀のいす―ナルニア国ものがたり〈4〉 (岩波少年文庫)銀のいす―ナルニア国ものがたり〈4〉 (岩波少年文庫)
C.S. ルイス ポーリン・ベインズ

岩波書店 2000-06-16
売り上げランキング : 107270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本の作家のものでは、ガンバと仲間たちのシリーズがおすすめです。
私自身もこどものころ読んだし、子どもにも読み聞かせしたものです。
冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫 (044))冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫 (044))
斎藤 惇夫 薮内 正幸

岩波書店 2000-06-16
売り上げランキング : 31806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


長くなったので、今日はこのへんで。
また続きを書きます。


ブログランキング参加中。今日は何位かな?
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1522-aea52d4b