「ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)」柚木麻子 

柚木麻子の「ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)」を読みました。

28歳の富田宝子は、大手おもちゃメーカー「ローレライ」で、次々ヒット商品を生み出すおもちゃプランナー。
仕事では成功しているけれど、恋愛は、フリーのグラフィックデザイナー西島に片想い。周りにはばればれなのに、本人だけが気づいていないのです。
西島のピンチには、知恵を巡らせ、体を張って事件を解決していく宝子。
その姿に、刑事の目黒も惚れてしまいます。

ミステリーの要素と、おもちゃの企画というお仕事小説、そしてじれったい片想いの行方を見守る恋愛小説、といういろいろ楽しめる一冊でした。

やっぱり柚木麻子の小説は面白い!!

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)
柚木 麻子

東京創元社 2014-08-11
売り上げランキング : 31009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

こんにちは^^
TBとカキコありがとうございました。
宝子は仕事もできるし可愛いし、良い子なのに恋愛部分だけ本当にダメな子でしたねー。
じれったくてイライラしました^^;
それ以外の部分は面白かったです。
柚木さんの作品は私も大好きです。

苗坊さんへ

苗坊さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

仕事や探偵(?)としてはすごい活躍するのに、恋愛ではダメダメな宝子。
周りの人たちも含めて恋愛に関しては不器用な人が多く登場してましたね。

柚木麻子さん、次はどんな小説を書いてくれるのか、目が離せません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1528-2df6265e

ねじまき片思い〜おもちゃプランナー・宝子の冒険〜 柚木麻子

ねじまき片想い 〜おもちゃプランナー・宝子の冒険〜著者:柚木 麻子東京創元社(2014-08-12)販売元:Amazon.co.jp スカイツリーを見上げながら、水上バスで通勤する富田宝子、28歳。 浅草 ...

  • [2015/01/11 08:33]
  • URL |
  • 苗坊の徒然日記 |
  • TOP ▲