「狛犬ジョンの軌跡」(垣根涼介) 

「狛犬ジョンの軌跡」(垣根涼介)を読みました。

一級建築士で一人暮らしの太刀川要は、仕事の息抜きに深夜のドライブをしていて、道に飛び出してきた大きな動物に衝突します。
大ケガをしていた動物~黒い大きな犬~を、動物病院に運んで治療してもらいます。
他の動物たちの反応が異常で、動物病院に入院させられずに家に連れて帰りますが、ケガの治りも異常に早く、また犬種も不明です。
謎の犬との共同生活が始まりますが、ある事件と犬との関係が疑われ・・・

長い歴史を見続けてきた狛犬の意識。
予期せず犬と暮らすことになった主人公。
それぞれの思いが交差するだろうか?

ミステリー、ハードボイルドの要素もありますが、ファンタジーでもある、というこの小説。
タイトルで謎の犬の正体がネタバレしているのが、ちょっともったいない感じでした。

狛犬ジョンの軌跡 (光文社文庫)狛犬ジョンの軌跡 (光文社文庫)
垣根 涼介

光文社 2015-07-09
売り上げランキング : 11115

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログランキング参加中。今日は何位かな?
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1544-0608fa70