おさるの出てくる絵本といえば「さる・るるる」 

あけましておめでとうございます。

今年はさる年ですので、さるのでてくる絵本や童話をご紹介します。

私の一番のおすすめは、五味太郎さんの「さる・るるる」です。
これは傑作絵本です。
どのページも「さる・くる」という感じのさると二文字の「る」で終わる動詞だけの分ですが、絵とともにストーリーが楽しめます。
子どもたちも大好きでした!

さる・るるる
さる・るるる五味 太郎

絵本館 1980-01
売り上げランキング : 21049


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


同じシリーズの「ばく・くくく」もちょっと大人っぽいストーリーですが、子どもにうけてました。
ばく・くくくばく・くくく
五味 太郎

絵本館 2000
売り上げランキング : 528984

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「さる・るるる」の続編もあります。
さる・るるる―ONE MOREさる・るるる―ONE MORE
五味 太郎

絵本館 1991-09
売り上げランキング : 35540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらは2014年にでたばかり。
さる・るるる・るさる・るるる・る
五味 太郎

絵本館 2014-04-10
売り上げランキング : 22196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

五味太郎さんの絵本は、はずれがないです。

日本の昔ばなしにも、サルがよく登場します。
かにむかし (岩波の子どもの本)かにむかし (岩波の子どもの本)
木下 順二 清水 崑

岩波書店 1959-12-05
売り上げランキング : 22185

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
まつい ただし あかば すえきち

福音館書店 1965-02-20
売り上げランキング : 23247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なつかしいですね。

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1557-e18aa63a