おさるの出てくる童話といえば「ドリトル先生アフリカゆき」 

今度はさるの登場する童話をご紹介します。

何といっても忘れられないのは、「ドリトル先生」のシリーズです。
「ドリトル先生アフリカゆき」では、サルたちが手をつないで作った橋をわたっていくシーン、忘れられません。

チンパンジーのチーチーは、ドリトル先生一家の一員です。
月旅行にもおともしました。

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))
ヒュー・ロフティング 井伏 鱒二

岩波書店 2000-06-16
売り上げランキング : 13431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1558-b0e7465a

ドリトル先生アフリカゆき ロフティング

ドリトル先生アフリカゆき ロフティング 「沼のほとりのパドルビー」に住む名医ドリトル先生は,オウムのポリネシアから動物語を習い,世界中の動物たちから敬愛されています.ある日アフリカのサルの国から,ひどい疫病が流行しているから救ってほしいという訴えを受けた先生は,犬のジップたちをひきつれて冒険の航海に出発します.ドリトル先生物語の第1作目. ドリトル先生アフリカゆき (ド...

  • [2016/01/18 21:02]
  • URL |
  • こんな世界だからこそ本音を |
  • TOP ▲