「肉小説集」(坂木 司) 

坂木司の「肉小説集」を読みました。

あとがきによると、肉屋さんで豚の部位図を見かけて、「ああ、これが目次だったら面白いだろうな」と思ったのが、この連作を書くきっかけとのこと。

豚足、ロース肉、バラ肉、肩肉、ヒレ、ハム。

それぞれをテーマにした短編集です。

料理というより肉がテーマなので、食べ物はたくさん出てくるのだけれど、ああ、食べたい、とか、おなかすいた~という感じにならないものも多くて、なんだか不思議な感じです。

豚ヒレ肉のトマトソース煮込みピザ風を夜中にご馳走してくれた女の先輩に、面白い話をして、と言われ、ほら吹きのじいちゃんの話をする「魚のヒレ」が一番好き。

肉小説集
肉小説集坂木 司

KADOKAWA/角川書店 2014-11-01
売り上げランキング : 202539


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1564-1301d804

「肉小説集」坂木司

豚足×会社を辞めて武闘派として生きる元サラリーマン。ロースカツ×結婚の許しを得るべくお父さんに挑むデザイナー。角煮×母親に嫌気がさし、憧れの家庭を妄想する中学生。ポークカレー×加齢による衰えを感じはじめた中年会社員。豚ヒレ肉のトマトソース煮込みピザ風×片思いの彼女に猛アタックを試みる大学生。生ハム×同じ塾に通う女の子が気になる偏食小学生。肉×男で駄目な味。おいしくてくせになる、絶品の「肉小説...